カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« NASA、冥王星の「光る」クレーター画像を公開 | トップページ | 英国、プラスチック製紙幣がこの秋にも誕生 »

2016年8月 8日 (月)

連続する巨大火球の出現

連続する巨大火球の出現 : 爆発と共に轟音を響き渡らせたメキシコの巨大火球         

               

                2016/05/23             

                                           

2016年5月21日 メキシコ・プエブラ

fireball-puebla-mexicostrangesounds.org

 

最近、

アメリカ北東部の広範囲で満月より明るい火球の爆発が目撃される
2016/05/18

という記事や、

満月より10倍明るい「巨大な火球」がフィンランド上空で爆発
2016/05/15

という記事などでご紹介していますように、世界中で巨大な火球の爆発が続発していますが、5月21日に、メキシコのプエブラという街を中心として、またも大きな火球の爆発が広範囲で目撃されました。

爆発の際の様子
mexico-fireball-0521JoserRP

 

プエブラの場所
puebla-mapGoogle Map

Sponsored Link


 

火球が爆発した瞬間には、プエブラの街全体がフラッシュのように光ったそうで、写真で示すと、下のようになります。

火球が爆発する前の街の様子

mexico-fireball-explosion1

 

火球が爆発した瞬間の街の様子

mexico-fireball-explosion2

 

ちなみに、爆発した瞬間は、周辺一帯に振動と轟音(ソニックブーム)が響き渡ったことが報じられています。

何だか本当に巨大な火球が連続して出現し始めていますが、単なる偶然の連続なのか、それとも「空の様子」が怪しくなっているのか・・・。

ただ、これらの巨大火球では被害は出ていませんので、被害が出ない限りは壮大な天空ショーとして受け取ればいいのだと思いますが、被害レベルの隕石や小惑星の落下にまで至った場合は、なかなか厄介ではあります。

-             気になるニュース, 隕石と小惑星            , , , ,

以上は「地球の記録」より

このような事例は今後ますます増えて行くはずです。被害が出ないうちは良いのですがいずれ被害も出ることとなります。                          以上  

« NASA、冥王星の「光る」クレーター画像を公開 | トップページ | 英国、プラスチック製紙幣がこの秋にも誕生 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連続する巨大火球の出現:

« NASA、冥王星の「光る」クレーター画像を公開 | トップページ | 英国、プラスチック製紙幣がこの秋にも誕生 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ