アメリカでは数年前から警察の横暴さが目立っています。もちろん全米の警察がみな横暴かというとそうではないのでしょうけど。。。特に以下の州の警察は市民に対して不当な取り締まりを行っています。犯罪を行った証拠もないのに市民の所持金や所持品を強奪しているとのことです。

警官はやるべきことをやらずに、市民を犯罪者と決めつけ所持金や所持品を押収するだけでなく、それらを横領しているのだそうです。
全米の警察が悪いのではないのでしょうけど、一部の警察は腐敗が激しく進んでいるようです。警察自体が腐敗しているのですから、治安は悪化します。
それにしても、多くの警官がまじめに職務を遂行しているのに一部の腐敗した警察組織が横暴になっていることで、その国の警察全体の信頼性はなくなります。
まあ、アメリカはすでに何年も前から警察国家と言われているように、警察の横暴さが目立っており、警察だけでなくDHSなどの政府機関の武装職員が農場主から土地を奪っていたりしていますので、闇は深いでしょう。
そして、問題は警察だけではありません。アメリカ各地に国連部隊を含む外国軍部隊が潜入し、定期的に軍事演習を行っています。その時がきたら、彼らが米国民を一斉検挙するといわれています。

一方、日本でも在日擁護のヘイトスピーチ法が成立してから、神奈川県警などは、川崎で反在日のデモを行おうとした人たちを厳しく取りしまり、シールズなど反日の在日グループに対しては、左翼国会議員(有田よしふ?)がそこにいたこともあり、非常に丁寧な対応をしたそうです。これって、アメリカの横暴な警官のメンタリティと何ら変わりはありません。犯罪者でないのですから、デモを行おうとしている市民に対しても平等に扱うべきなのに。。。
日本でもグローバリストのNWO戦略がうまく機能しているようです。政府による外国人労働者=移民受け入れ推進により、特亜や途上国からの労働者=移民が急増しています。そして在日を保護し国民を軽視する法案ができましたから、在日特権が強化されたことになります。
今後、警察は法に従って在日保護に翻弄するのではないでしょうか。

http://beforeitsnews.com/alternative/2016/06/red-alert-wth-if-you-live-in-oklahoma-or-tx-ny-nj-fl-ca-get-out-now-incredible-anti-constitution-video-josh-tolley-3367068.html
(概要)
6月9日付け
オクラホマ州、テキサス州、ニューヨーク州、ニュージャージー州、フロリダ州、カリフォルニア州ですでに始まりました。警察による憲法を侵害する行為が横行しています。これらの州から転居することをお勧めします。

(Before It's News)

 

Get Out or Stand Up! What is happening is pure abuse of innocent people like yourself.



オクラホマのハイウェイ・パトロール警官は車両を停止させ職務質問中に新型ディバイスを用いてドライバーの所持金を没収します。この行為こそ、みなさんが耳にしたことがある市民の資産没収行為なのです。
警官は、市民に対して犯罪を行った証拠がないにも関わらず、罪のない市民から令状なしに所持金や資産を(犯罪にかかわっているとして)没収しています。

現在、オクラホマのハイウェイ・パトロール警官は特殊なディバイス(ERAD(Electronic Recovery and Access to Data 装置)を使ってプリペイド・カードの残金まで押収しています。
先月、オクラホマのハイウェイ・パトロールはこのディバイス(16台)を使って取り締まりをはじめました。
警官は、ドライバーが犯罪にかかわったお金を所持していると疑ったなら、プリペイド・カードの残金を押収してしまいます。
警官は全車両停止の場合はこのようなことはせず、疑いのあるドライバーに対してのみ行うと弁明しています。

「ドライバーが嘘をついているかどうかを調べる。ドライバーがお金(収入)をどのように得たかについて嘘をついていることが明らかになった場合のみ、ドライバーの所持金を押収する。しかし、この行為は所持金を押収することを目的としているのではない。取り締まりの主な理由はなりすまし犯罪を見つけることだ。ドライバーが正当な理由で所持金やプリペイドカードを所持していることを証明できれば、ドライバーにそれらを返却する。既にドライバーに返却したケースもある。。」と警察は説明しています。

しかしオクラホマのラブレス州議会議員は、「警察は、容疑がかけられても有罪とみなされるまでは無罪であるという考え方を排除し、制度を乱用し適正な手続きなしで市民を厳しく取り締まっている。」と批判しました。
またラブレス州議会議員は、「警官がシングルマザーの所持金や所有物を押収したり、ガン患者の薬を押収したり、キリスト教徒のバンド?を逮捕したりしているのを耳にしていまる。また、彼らは罪のない人々の所持金や所有物を押収し、その後、彼らは市民から押収したお金を悪用しているのも知っている。」と警察を批判しています。
そして、ラブレス議員は次の議会で、有罪判決が下されていない市民に対して警官は市民の所有物や所持金を押収できないようにする法案を提出する予定です。
どちら側に対しても判断を誤ると憲法を侵害することになる、とラブレス議員は言っています。