最近の記事

カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 異常な増加を見せる「人間に対しての動物の攻撃」 | トップページ | トルコでCIA二人が逮捕/プーチンがエルドアンの命を救った »

2016年9月 3日 (土)

ISISと日本との聖戦(その1)

 ISISと日本との聖戦 (その1) 
━━━━━━━━━━

(『兵頭正俊の優しさ出前』の号外と、『兵頭正俊の知
らなきゃ滅ぶニュースの真相』を、ほぼ日曜に配信して
きました。


ところで来週の配信は、日曜日(10日)が投票日と重な
ります。それで日曜日の配信を休んで、月曜日(11日)
にして、選挙総括をやる予定です。


お楽しみにお待ちください。よろしくお願いします)


テレビの討論番組で、防衛予算を「人を殺すための予
算」と述べた共産党の藤野保史に対して、自民党と電通
に支配された東京の大手(「記者クラブ」)陰謀メディ
アの攻撃が続いている。


藤野保史は、別に間違ったことをいったわけではない。
どの国の軍隊も国家の最高の暴力装置であり、戦場では
殺さねば殺される関係に入る。その軍隊につけられる予
算をくだけた言い方ですると、藤野保史がいったように
「人を殺すための予算」となる。


ただ、今は選挙中である。B層にはわかりにくい本質を
正面からいうと、今回のように自民党を喜ばせる。針小
棒大にB層の劣情をくすぐる材料に利用される。


こういうときには、むしろ自民党議員の、それより深刻
な暴言を正面から採り上げて、闘わないといけない。


たとえば、創生「日本」東京研修会で、「国民主権、基
本的人権、平和主義、この三つを無くさなければ本当の
自主憲法にならないんです」と元法務大臣の長勢甚遠が
話している。


創生「日本」東京研修会 3 平成24510 憲政
記念会館
https://youtu.be/BrxAi30Szpw
1430秒あたり)


ほんとうに時代が変わってしまった。民主党政権時に、
もし民主党の議員の誰かがこういった発言をすれば議員
辞職に追い込まれ、二度と政界復帰はできなかったにち
がいない。


人殺しといえば、71日午後9時半(日本時間2日午前0
時半)ごろ、バングラデシュの首都ダッカで、武装集団
が飲食店を襲撃した。(以下、「イスラム国」は、わた
しの文章では「ISIS」と表記する)


8
9人からなる武装集団は、「アッラー・アクバル(神
は偉大なり)!」と叫びながら攻撃した。


発生から約10時間後に、治安部隊100人以上が現場に突
入し、実行犯6人を射殺し、1人を拘束した。しかし、人
20人が死亡した。そのうち、男性5人、女性2人の計7
人が日本人だった。


殺害されたのは、国際協力機構(JICA)関係の日本
人だった。軍当局者は「死亡した人質の大半はイタリア
人と日本人だ」と発表した。


例によって安倍晋三は、バングラデシュのハシナ首相と
電話会談し、「非道な行為はいかなる理由でも許されず、
断固として非難する」と強気一辺倒。少しは在外邦人の
身の安全を考慮したらどうか。安倍晋三がいい気になっ
ISIS批判を繰り返すたびに在外邦人は危険になる。


ISIS
は、20157月に、機関誌『ダビク(Dabiq)』」上
で次のように警告していた。


「これまで日本は、ISの標的としての優先度は高くなか
った。しかし、連合国を支援するという安倍晋三の無分
別な公約によって、安倍晋三の愚かさによって、たとえ
どこにいようとも今はすべての日本人とその利益が、IS
戦闘員らの標的となった」
http://huff.to/29aZEQ0 

(引用終わり)


ISIS
は犯行声明を出し、「「入念な計画のもと、5人の
殉教者たちが攻撃を行った」「ISISに対抗する国の国民
は、安全ではいられないことを知るべきだ」「次も待っ
ていろ」などと次の攻撃を警告した。(「「イスラム
国」犯行声明次も待っていろ」『日テレNEWS247
3日)
http://bit.ly/29b5ukn


安倍晋三の対ISIS宣戦布告と反ISIS諸国への資金提供で、
この強烈な反撃である。これから集団的自衛権で自衛隊
が具体的に戦場に出て行く。もし中東に派兵されてISIS
を攻撃したら、今度はダッカではなくて、日本の原発が
狙われるかもしれない。


以下に引用するのは、この問題の本質をついた優れたツ
イートである。


(「その2」に続く)



‥…━━━☆

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 年々にわが悲しみは深くして
   いよよ華やぐいのちなりけり
           岡本かの子

また、面白い文章を書きますね。
みんな、あしたこそ、幸せになあれ!

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

あとがき

ご意見、ご感想は、ツイッターのDMでください。

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』

以上は「兵頭に訊こう」より
今までは日本はISISにも特に攻撃を受ける恐れはありませんでした。しかし安倍総理の不注意な言動により今では敵としてしまった様です。ISISは米国とイスラエルにより組織化されたテロ集団です。実質日本は米国とイスラエルを相手に紛争をしている様なものです。以上

« 異常な増加を見せる「人間に対しての動物の攻撃」 | トップページ | トルコでCIA二人が逮捕/プーチンがエルドアンの命を救った »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ISISと日本との聖戦(その1):

« 異常な増加を見せる「人間に対しての動物の攻撃」 | トップページ | トルコでCIA二人が逮捕/プーチンがエルドアンの命を救った »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ