カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« シリアや露国に対する好戦的姿勢を米政府は変えず、露政府は空母をシリア沖へ派遣して応戦の準備 | トップページ | ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬(5/8) »

2016年10月31日 (月)

第三次世界大戦への訓練(その3)

◆ 第三次世界大戦への訓練(2) (その3) 

━━━━━━━━━━

 

まだ、トランプが大統領になったら、プーチンとの話し

合いに進む可能性が高い。しかし、ヒラリーではプーチ

ンは門前払いを食らうだろう。

 

 

ヒラリーが米大統領になった場合の最初の危機は、シリ

ア上空を統制し、飛行禁止区域を敷いた場合だ。これは

「シリアとロシアに対する戦争に突入する必要」を生み、

第三次世界大戦へと突入するだろう。

 

 

「ロシア国民4000万人が核戦争に備えた訓練に参加」を

もう少し読んでみよう。

 

 

「また201510月、ロシアがシリア政府の安定を維持す

ることを目的に空爆作戦を開始した数日後から、ヒラ

リー・クリントンは飛行禁止区域の設定を強く主張して

いる。

 

 

201510NBCニュースのインタビューでのクリントン

の発言:「地上および空中からの大虐殺を止めさせ、起

きていることを評価するための方法を作り出し、難民の

流れを取り除くため、私は今、飛行禁止区域および人道

主義的通路を個人的に提案しているのです」

 

 

同議長の警告にもかかわらず、元国務長官で現在は大統

領候補、そしてシリア国内の政権変更およびロシア関係

の問題に関してタカ派的な立場で知られるクリントンは、

自らの姿勢の提案を継続しており、ここ数週間で米国外

交筋での支持者を獲得している。

 

 

しかしこの考えに立つのはクリントンだけではない。

WSJ6月に報道していたように、米国の外交関係者50

以上は、議長に反対する悪名高いメモを支持し、オバマ

政権がシリアの現政権に直接攻撃しないのであれば、飛

行禁止区域を実行するなどアサド大統領に軍事的に反対

する政策を採択することを要求している。

 

 

外交官の主張は、シリア国内の状況は米軍の直接的行動

がなければ悪化し続けるというものであるが、国連安保

理の決議を欠いたまま一方的に着手した場合はその合法

性は疑わしいものである。しかしSputnik紙が報道して

いる通り、アメリカの国連大使サマンサ・パワーはロシ

アは紛争の一当事者であるため、安保理決議に対するロ

シアの拒否権は無視されるべきだと主張し、賛否のわか

れている国際法の「保護する権利」理論の下で基盤作り

を行っている。

 

 

それに対しロシア側は、アサド政権が崩壊した場合には

結果としてできる政権の空白状態をISISやアルヌスラ戦

線を含むテロリスト集団が埋めることになり、シリアは

国際的なテロリスト集団の避難所になり、より荒廃する

として反論」

 

(引用終わり)

 

 

ヒラリーは、もっとも深いところではワン・ワールドの

エージェントである。具体的にはジョージソロスが背後

にいて、彼女はISISやアルヌスラ戦線を含むテロリスト

集団を使っている。

 

 

ヒラリーとは何者か。いかに彼女の権力が強大であるか。

それを示すひとつの証拠がある。この動画をぜひご覧い

ただきたい。

 

 

CNNのTV討論でのことである。クリス・コリンズ共

和党議員がヒラリーに関するウィキリークスの暴露文書

を指摘したところ、突然、通信障害が発生し、発言はか

き消された。

http://bit.ly/2dZy4Id

 

 

今やタヴィストック人間関係研究所(イルミナティの中

核組織「300人委員会」の創造物。日本の電通をさらに

政治化し、軍事化し、巨大化した洗脳組織と考えたらよ

い)がフリーメイソン支配下の巨大メディアを起動させ

ており、なりふり構わずにヒラリー支援、トランプ叩き

に動いている。

 

 

クリス・コリンズの場合は発言を封じることで済まされ

たが、カダフィなど実際に殺害された者も多い。トラン

プは、暗殺よりも不正選挙による抹殺のルートに乗せら

れているのだろう。ドゥテルテは、真っ先に暗殺の対象

になるだろうが、かれはしたたかなので、ヒラリーが米

大統領になれば、態度を豹変させるかもしれない。

 

 

日本の安倍晋三も、ロシアとの友好関係構築は破壊され

るだろう。安倍は、ネオコンのパシリのくせに、ドゥテ

ルテの取り込みやプーチンへの接近など、意味のないこ

とばかりをやっている。

 

 

結局、平和の志向こそが、もっとも賢く強い人間の証し

なのだ。

 

 

わたしたちは現在の立ち位置に自信をもち、自分のでき

ることを、どんな小さなことでもいいから、表現してい

こう。

 

 

 

・‥…━━━☆

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

 年々にわが悲しみは深くして

   いよよ華やぐいのちなりけり

           岡本かの子

 

 

みんな、あしたこそ、幸せになあれ!

 

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

 

あとがき

 

ご意見、ご感想は、ツイッターのDMでください。

 

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

 

メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』

 

 

(無料・ほぼ週刊)

http://bit.ly/n3i2Oc

 

ブログ「兵頭に訊こう」

URL http://m-hyodo.com/

 

E-Mail novel@muf.biglobe.ne.jp

 

発行人 :兵頭正俊

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上は「兵頭に訊こう」より

« シリアや露国に対する好戦的姿勢を米政府は変えず、露政府は空母をシリア沖へ派遣して応戦の準備 | トップページ | ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬(5/8) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/68096981

この記事へのトラックバック一覧です: 第三次世界大戦への訓練(その3):

« シリアや露国に対する好戦的姿勢を米政府は変えず、露政府は空母をシリア沖へ派遣して応戦の準備 | トップページ | ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬(5/8) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ