カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 民主主義と平和を捨て去る改憲を目論む安倍晋三を支持するマスコミに操られる国民を待つ地獄 | トップページ | 室内に「ただ植物を置くこと」だけで効果あり »

2016年10月11日 (火)

太陽も地球も空も何より人間が「浮躁」している今大事なことは精神のスローダウンかと思います

太陽も地球も空も何より人間が「浮躁」している今大事なことは、精神のスローダウンかと思います(特に自分)         

               

                2016/07/25             

                                           

宮城県柴田郡の上空に出現した「X」の形の飛行機雲(2016/07/25)

X-Cloudウェザーニュース

 

冒頭のように、今日は、宮城県で「空にX」が出現したりしていますが、私自身は今日も含めて、何だかここ数日精神的に「安寧」ではないのですね。

端的にいえば、イラッとしやすいのです。

先日の記事、

太陽と暴力 2016 : 「ゼロ」の状態から突如急激に太陽黒点が増え始め、そして世界もまた唐突に荒れ始め、人の命が激しく粗末にされ始めている今
 2016/07/19

などでふれました太陽黒点は、今は一気に減少する方向にありまして、現在は 16個くらいにまで減っていると思われます。

また、いっとき、下のように、黒点とコロナホールが「顔っぽい形」を作っていましたが、それも今は消えています。

7月15日頃の太陽

ss-2565-faceNASA

この巨大な太陽黒点は、今は太陽の裏へと去っていっていますが、完全に去る少し前に、大爆発、つまり大きな太陽フレアを発生させました。

それについては、

2016年最大規模の太陽フレアが、消えかかる「双子の黒点群」から発生
 地球の記録 2016/07/24

という記事に記しましたが、下のように、黒点が太陽の裏へまわるギリギリのあたりで爆発を発生させました。

flare-0723NASA

 

この太陽フレアは、スペースウェザーによりますと、同時に CME (コロナ質量放出)を発生させました。

2016年7月23日の太陽フレアに伴って発生したコロナ質量放出

cme-0723Spaceweather

 

それで、この CME の影響を地球が受けるのはいつですか? ということになりますと、

「今でしょ!」

ということになりまして(ああ、イライラするギャグだ ← なら書くなよ)、日本時間の 7月25日午後くらいから、この影響が出始める可能性( NOAA によれば、確率 45%)があるそうです。

まあしかし、理性的に考えれば、無線通信など以上に、この CME が人間の感情に影響があるというわけではないでしょうけれど、それにしても、何だかイライラするわけです。

もちろん、私自身は、太陽活動のすべてが人間社会の何らかに影響すると思っていますけれど、それは今の世の中での合理的な話とはいえないですので、そう考えていただく必要はないです(最近、自分の考えを人に語ること自体が傲慢な気もしてきています)。

そんなわけで、イライラする原因は基本的にはわからないのですが、確かに些細なことで「イラッ」とするのです。

昨日などは、「こんな日は乱闘でも起きちまえッ」とか呟いていたら、起きてるし。

神戸・須磨のコンビニ 若者グループが乱闘、9人搬送

毎日新聞 2016/07/24

24日午後7時半ごろ、神戸市須磨区須磨浦通5のコンビニエンスストア付近で、「催涙スプレーがまかれ、多くのけが人が出ている」と通行人から119番通報があった。

市消防局によると、店員や客を含む男女17人が目の痛みなどを訴え、うち9人(18〜51歳)が病院に運ばれた。
兵庫県警は男4人を傷害などの疑いで逮捕し、若者グループ同士のけんかとみて状況を調べている。

喧嘩に催涙スプレーを使うあたりは無軌道といえば無軌道ですが、同時に「若者はふだんからそんなもん持って行動してんのかよ」というほうに考えがいき「危ないんだよ、そういう行動は」と、またもイライラのネタが加わるという始末であります。

まあしかしですね。

私自身は、以前から、太陽の活動と自分の情緒がとてもリンクしやすい人であることは自覚しています。そして、多くの理性的な方は、私のような変なことはなく、今も理知と安寧の中で暮らしていらっしゃるかと思います。

しかし仮に、私と同様に、今の時期に何だかイライラしやすかったり、情緒が不安定だったりする方は、とにかく、気をつけて過ごされるのがよろしいかと思います。

もちろん、犯罪だとか喧嘩だとか、そういう本当に荒いほうの話ではなく、イライラをコントロールできないことは、家庭内や身近な人間関係にひびを入れることがありますから。

そんなわけで、今日は、わたくしも少し心を安らげることに尽くそうと(イラッ)思いますので(イライラッ)・・・あああ、いちいちカッコで「イラッ」とか入れられるのにイラつく( ← 自分で書いてるだろ)。いやいや・・・もはや今の私は自分は自分ではないのです(文法が破綻したこわいこと書くなよ)

こういう時には、笑いを生活の中に入れるといいですよね。

どのような時でも(ニコッ)、穏やかな1日を過ごすということは(ニコッ)、このように笑いを(ニコニコッ)・・・・・あああ、カッコでニコニコうるせええええ!

・・・というようにですね。だめな時は何やってもだめですね。

変なことはしないほうがいいです。

今日は本当はですね、今、カリフォルニアで制御不能の森林火災が広がっていて、その位置が、北緯33度線の近くだったりしたことを見まして、燃えるようなものが、北緯33度線上に広がっていくのではないかというようなこともチラッと頭によぎったのですが、冷静に考える頭を今は持ちません。

サンタ・クラリタでの火災を伝える2016年7月24日のロサンゼルス・タイムズ

Santa-Clarita-firesOut-of-control wildfire grows to more than 33,000 acres in Santa Clarita Valley

この場所は、大体、北緯 33度線カテゴリーと言えるのです。

今年に入ってからの記事でご紹介した、北緯33度線上で起きたいくつかのこと。

holy-us-map07In Deep 過去記事

 

usa-33-incident07In Deep 過去記事

そして、火災といえば、NASA の地球観測衛星の撮影した現在の地球は、山林火災だらけです。

おわかりにくいとは思いますが、下の地図の「赤いところ」は、すべて衛星から山林火災が確認されている場所です。

NASAの観測により2016年7月25日の世界の山林火災の状況

NASA-25-07NASA

 

大地もイライラして燃えているのかもしれないですが、山林火災が頻発するのは、平年でしたら、これからですので、今年は山林火災も大変そうです。

まとまりがない記事ですが、今回の記事の共通しているキーワードをあえて挙げれば、「落ち着きのない精神と自然の状態」ということでしょうか。

 

唐突ですが、中国人歌手のフェイ・ウォンさんの 20年くらい前のアルバムに「浮躁」というタイトルのものがあります。当時、フェイ・ウォンさんなど知らない私が、吉祥寺のタワーレコードで、その不思議なジャケットが気になり、ジャケ買いしたものです。

王菲「浮躁」のジャケット

fay-1996

 

このアルバムを私は非常に気に入り、フェイ・ウォンさんの武道館コンサートまで行った痴れ者ですが、この「浮躁」という中国語こそ、日本語でいう「衝動的な」「落ち着きのない」「そわそわした」という言葉でありまして、「9月、空高く、人は浮躁する」という歌詞で始まる表題曲「浮躁」は私の大好きな歌でもあります。

このアルバムは、とてもいいものですので、Amazon のリンクを張らせていただこうと思いましたら、「現在在庫切れです。 この商品の再入荷予定は立っておりません」ということで、手に入らないものになっているようでして、またもイラッ・・・と。楽天にもなかったです。

いずれにしても、仮に、世の中的に乱れましても、皆様方に置かれましては、この数日を穏やかに過ごされますように。

以上は「IN DEEP」より

自然が混乱すれば当然生物も混乱することは必須です。自然の混乱は78万年ぶりの大混乱です。人類も滅亡するかも知れない重大な危機です。              以上

« 民主主義と平和を捨て去る改憲を目論む安倍晋三を支持するマスコミに操られる国民を待つ地獄 | トップページ | 室内に「ただ植物を置くこと」だけで効果あり »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 民主主義と平和を捨て去る改憲を目論む安倍晋三を支持するマスコミに操られる国民を待つ地獄 | トップページ | 室内に「ただ植物を置くこと」だけで効果あり »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ