カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 火星の”前方後円墳”がグーグルアースで発見される「日本人=火星人の子孫」である可能性も浮上!? | トップページ | 日本、光の中で固まる液体を開発 »

2016年11月24日 (木)

ドウテルテの運命(その1)

ドゥテルテの運命 (その1) ◆

━━━━━━━━━━

 

『朝日新聞デジタル』(20161027日)によると、10

27日、共産党の志位和夫が、「連合指導部の『共産党

と一線を画せ』との要求に従う道を選ぶのか、野党と市

民の共闘に真剣に取り組む道を選ぶのか。民進党は前向

きな決断をしてほしい」と語った。

 

 

共産党が、次期衆院選に向け、民進党に支持母体の連合

よりも野党共闘を優先するよう求めたものだ。

 

 

民進党に申し入れた、補選での共闘について説明を求め

るための野党4党の幹事長・書記局長会談については、

「近々開かれる運びになるだろう」との見通しを示した。

http://bit.ly/2eSix0A

 

 

「戦争法廃止の国民連合政府」という共産党の呼びかけ

から始まった野党共闘。これに対する既得権益支配層の

回答が、野田─蓮舫の自民党補完体制であった。

 

 

それは新潟知事選、東京、福岡の補選で明確な形を取っ

た。この野田─蓮舫の自民党補完体制は、「低投票率マ

シン」「減票マシン」として機能するので、共産、社民、

自由3党の支持票まで減らす。

 

 

衆議院選挙まで、時間はもうない。共産、社民、自由の

怒りは当然である。早急に3党は体勢を立て直さねばな

らない。

 

 

この状況について、矢部宏治がこんなツイートをしてい

た。

 

 

「「野田は自民党との連立政権をもくろみ、自爆解散で

自派のリベラル派議員を壊滅させた」「連合は会長も事

務局長も、新安倍派の労働貴族」(日刊スポーツ)

これだけウラがわかっていて「野田と連合」を切れなけ

れば、まちがいなく民進党は消滅する。

http://bit.ly/2eRz9FP

 

(引用終わり)

 

 

連合に、集票力はない。ただ、組合員を出して、選挙を

手伝わせるので、民進党の議員は、それを集票力と勘違

いしているのである。

 

 

現在の組合には公明党支持者もいれば、自民党支持者も

いる。あるいは最初から棄権を決め込んでいる組合員も

いる。そういった組合員は民進党には投票しないのだ。

狩り出されて手伝う組合員を見て、民進党の議員たちは

集票力と勘違いしている。集票力でいえば、一枚岩で動

く共産党の方が遙かに優れている。

 

 

さて、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が来日

して、日本中が沸き立った。

 

 

日本に来ると、「郷に入りては郷に従え」で、温和しい

フリをすると思っていたが、やはりそうだった。しかも

帰りの飛行機のなかで、神のお告げを受け、演説で冒涜

的な言葉を使わないことを誓ったというから、なかなか

の役者である。「声が聞こえた。冒涜的な言葉を使わな

いようにしないと飛行機が墜落する、と。私はやめるこ

とを誓った」。

 

 

ドゥテルテは親日の政治家である。それを利用して、安

倍晋三あたりが、あの手この手を使ってポチのお願いを

したのだろう。日本では、ここまではっきりと米国にも

のをいえるドゥテルテを羨ましがる声もあるので、かれ

の舵取りも難しかっただろう。

 

 

ドゥテルテは、トランプとともに、現在、もっとも注目

されている政治家のひとりである。『英国エコノミス

ト』(20161022日号)が「ドゥテルテによる180

旋回」を書いている。

 

 

(「その2」に続く)

 

 

 

・‥…━━━☆

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

 年々にわが悲しみは深くして

   いよよ華やぐいのちなりけり

           岡本かの子

 

 

みんな、あしたこそ、幸せになあれ!

 

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

 

あとがき

 

ご意見、ご感想は、ツイッターのDMでください。

 

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

 

メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』

 

 

(無料・ほぼ週刊)

http://bit.ly/n3i2Oc

 

ブログ「兵頭に訊こう」

URL http://m-hyodo.com/

 

E-Mail novel@muf.biglobe.ne.jp

 

発行人 :兵頭正俊

以上は「兵頭に訊こう」より

ドウテルテ大統領は勇気のある政治家です。しかし相手が悪い暗殺には注意が必要です。                          以上

« 火星の”前方後円墳”がグーグルアースで発見される「日本人=火星人の子孫」である可能性も浮上!? | トップページ | 日本、光の中で固まる液体を開発 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/68268853

この記事へのトラックバック一覧です: ドウテルテの運命(その1):

« 火星の”前方後円墳”がグーグルアースで発見される「日本人=火星人の子孫」である可能性も浮上!? | トップページ | 日本、光の中で固まる液体を開発 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ