カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬(6/8) | トップページ | 攻撃の世界からのお知らせ »

2016年11月 2日 (水)

南米ボリビアの高所にある塩湖「ポオポ湖」が完全に干しあがる

南米ボリビアの高所にある塩湖「ポオポ湖」が完全に干上がっていた         

               

                2016/07/17             

                                             

干上がったポオポ湖でボートに向かう漁師。もちろん魚はもはや存在しません

lake-poopo-disappearedBolivia’s second largest lake had long been vulnerable Climate change

 

ボリビア中西部に、標高 3700メートルという高所にある「ポオポ湖」という塩湖があります。

この湖は、もともと湖面積が大きく変動しやすいものではあったのですが、最近になって「完全に」干上がったことが報じられていました。

poopo-002Bolivia’s Lake Poopó Is Dry, Another Victim of Climate Change

水が豊富な頃のポオポ湖は下のような光景だった時もあったようです。

水があった頃のポオポ湖

water-of-poopostatic.panoramio.com

 

米国ウェザーチャンネルの報道によれば、ポオポ湖は、1985年以来、年々上昇する気温の中で加速度的に面積が小さくなっていたそうですが、今年に入り、ついに消失してしまったとのこと。

ポオポ湖の面積の推移

poopo-2013

せららせら-2015

poopo-2016

Youtube

このポオポ湖は、ここにすむ魚の漁など、湖を生活の糧にしていた人たちがたくさんいるのですが、湖が干上がり、魚がすべて死んでしまったわけで、多くの人たちが生活の危機に直面しているようです。

poopo-dry-upYoutube

 

poopo-desertYoutube

 

仮にこの後、再び水が戻ってきたとしても、湖の生態系がすぐに元に戻るということでもなさそうです。

このように「自然に依存していた人々の生活を変えてしまう」ような環境の変化は、あちこちで起きていますが、理由はわからないながら、特に南米での環境異変の激しさが際立っているようにも思えます。

-             気になるニュース, 異常な現象            , , , ,

以上は「地球の記録」より   

この現象は現在の気候の変動が短期的でなく、長期的な変動であることを物語っています。                                     以上 

« ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬(6/8) | トップページ | 攻撃の世界からのお知らせ »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南米ボリビアの高所にある塩湖「ポオポ湖」が完全に干しあがる:

« ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬(6/8) | トップページ | 攻撃の世界からのお知らせ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ