カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 人民元を軸とする「英国・中国」連合による英連邦王国の復活 | トップページ | 「突然変異したスーパーシラミ」の生息域がアメリカのほぼ全域に拡大 »

2016年11月 3日 (木)

米学者「人類は破滅までに1年間、準備の時間が持てる」

東京+ 28°C
モスクワ+ 18°C
火山爆発

米学者「人類は破滅までに1年間、準備の時間が持てる」

                        ©                    REUTERS/ Rafael Arenas
サイエンス
短縮 URL
14600

米国ワンダービルト大学の学者達は「全人類が死に至るような火山爆発が起きるとしたら、人々はそうした破滅が近づいていることを1年前に知ることになるだろう」との結論に達した。

Взрыв 最も可能性の高い人類滅亡3つのシナリオ
                        ©                    Fotolia/ Dsom
この研究は「超火山爆発まで1年」と名付けられたもので、科学雑誌「PLOS One」に発表された。

学者グループは、東カリフォルニアの火山性凝灰岩の中の水晶を研究した。この地域の火山が噴火したのは今から760年前のことだが、この事が学者達に手掛かりを与えた。

地質学の専門家らは、。これらの水晶のエッジに注目した。それらは 巨大噴火がおきる少なくとも100年前に形成され始めている。しかし、水晶の三分の二以上は、噴火の起こるまさに1年前に形成されていることが分かった。

こうした事から、専門家らは、超火山爆発が起きることを1年前に知ることができ、人類には、破滅的出来事に向け準備する時間のあるとの結論に達した。

先に伝えられたところによると、火星からの写真で貝に似た物体が発見された

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

全てのコメント

  • catss4
    恐怖と緊張を与えるのも 闇の仕事
    人間から出る アルデナリン が 好きだそうです
    不可思議な 事件 テロ は すべて そこから起きるのではないですか
新しいコメントを読む (0)
主要ニュース
以上は「sputnik」より
その時はジワジワ近づいてきています。イエローストーンの巨大噴火や地球のポールシフトなどが考えられます。                            以上

« 人民元を軸とする「英国・中国」連合による英連邦王国の復活 | トップページ | 「突然変異したスーパーシラミ」の生息域がアメリカのほぼ全域に拡大 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米学者「人類は破滅までに1年間、準備の時間が持てる」:

« 人民元を軸とする「英国・中国」連合による英連邦王国の復活 | トップページ | 「突然変異したスーパーシラミ」の生息域がアメリカのほぼ全域に拡大 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ