アメリカの複数州が独立したがっているということは数年前から言われていることですが。。。最初にカリフォルニアが独立に向けて動いているようです。

イルミのグローバル・エリートの最終目的は、NWOであり、世界を統一独裁支配することです。そのための政策として、①世界の国境をなくし移民を各地域に流入させることで国家という存在を破壊することと、②一つの国から地域を独立させることで国を弱体化し解体することです。彼等は両サイドから主権国家の破壊を進めています。①が行われたのがヨーロッパであり、②はイギリスではスコットランド独立運動、スペインではカタルーニャ独立運動、そしてアメリカ合衆国では州の独立運動、そして日本では沖縄の独立運動などです。
イルミのグローバル・エリートはNWOの成功のために何としても国家を解体したくて仕方ありません。国を外から解体するには国境破壊と移民の大量流入であり、内部から解体するには地域の独立化です。
日本も各地域ごとに他国の統治下となるように仕組まれているのではないでしょうか。
そしてカリフォルニアの独立運動を指揮しているのが国連であり、ジョージ・ソロスやオバマやヒラリーであり、リベラル左翼です。イルミ=悪魔崇拝=リベラル左翼=共産主義、社会主義=世界の独裁支配です。これらが以下に悪かということがわかります。
カリフォルニアが独立したなら、その後、中国がカリフォルニアの食糧生産を支配することになり、カリフォルニアで生産された食糧はみな中国人の胃袋の中に入ります。カリフォルニアには大量の中国人が移住しています。中国政府がそれを推し進めているのでしょう。彼等はやがてカリフォルニアの農場主となるのでしょう。

複数の州が独立しアメリカが崩壊すると日本にも大きな影響が及んできます。アメリカの軍事力が削がれるため中国軍とロシア軍が連携して世界の警察になってしまうのかもしれません。

日本にも大量の中国人が流入しています。彼等が土地を爆買いしている理由は日本を乗っ取るためです。
トランプ政権になっても、カリフォルニア独立運動は激化するのではないでしょうか。

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2016/12/chinas-moving-to-control-californias-food-supply-famine-coming-to-the-us-part-of-calexit-plot-2478907.html
(概要)
12月15日付け

カリフォルニア独立と同時に中国がカリフォルニアの食糧生産を支配します。

CSS-Offical-New-Logo2

 

calexit

 

カリフォルニア、オレゴン、ワシントンそして湾岸地域では人口の入れ替えが起こり激変することになります。これらの州はアメリカから独立することを目指しており、その結果アメリカは崩壊します。
ヒラリー・クリントンはアメリカを激変させる役割を担っていました。カリフォルニアのジェリー・ブラウン州知事の下でカリフォルニアは国家としてアメリカ合衆国から独立しようとしています。

ポール・プレストン氏によれば、カリフォルニア、フロリダ、テキサス、ニューメキシコ、アリゾナ、ネバダ、ユタ、コロラドの議員らが、アメリカ合衆国からどのような手順で独立するかということについて、メキシコ政府(領事館)、メキシコのマフィア、カリフォルニアのメキシコ系暴力団、ラファミリア、宗教リーダー(ローマカトリック教、イエズス会)の関係者らと頻繁に会議を行っています。

カリフォルニアのブラウン州知事と彼の側近、そして中国人民銀行の関係者らもカリフォルニアの独立を可能にするためにこれらの会議に出席しています。
また、ジョージ・ソロスはカリフォルニアの独立運動の資金を提供しています。
問題は、カリフォルニアの独立(Calexit)は平和的には行われません。カリフォルニアの独立は暴力を伴うでしょう。
独立運動の会議の出席者らは、暴力的にカリフォルニアに住む白人を処刑したり、彼等をカリフォルニアから集団追放するつもりです。

このような独立運動の背後には国連の存在があるということが明らかになりました。国連こそがカリフォルニア独立運動を主導しているのです。

カリフォルニアが独立するとブラウン州知事がカリフォルニア国のリーダーとして国連に支配される国になります。そして。。。カリフォルニアの食糧供給は中国が任されます。
中国はカリフォルニア独立(Calexit)と深く関わっています。

             (中国のゴーストタウン)

chinese ghost 1

中国政府は農村部から毎週25万人の農民らを都市部のゴーストタウンに強制移住させています。
都市部に多くのアパートを建設させ、それらをゴーストタウンとして放置していた中国政府の意図は明らかです。

中国から亡命したプリントン大学のCheng Xiaonong教授によると、中国では農村部の人々が都市部に銃を突き付けられながら強制的に移住させられており、そこでアパート建設のための労働者として働かされています。この事業は党総書記が推し進めているものですが、これらのアパートに農村部の強制移住者らがすし詰め状態に入居させられています。
彼等はそんなところで仕事を得ることも最低限の生活を維持することもできません。
大量の農民らをゴーストタウンに強制移住させ仕事もないままでいると社会の崩壊にもつながります。
無職のままの農民らは中国政府の生活保護に頼ることになります。つまり政府からの支援がない限り彼等は生きていけなくなります。この方法により中国政府は農民らを完全支配しようとしています。このような状況は国連のアジェンダ21に類似しています。


中国の専門家によれば、アメリカがそうであったように、通常は経済成長があってこそ都市化が進むのです。他の国々では都市化現象はごく自然に発生するものです。しかし中国の都市化は中国政府が強制的に農民らを都市部のゴーストタウンに移住させることによるものです。

マッキンジー社のグローバル担当責任者のドミニック・バートン氏(ソロスと並ぶ有力なグローバリスト)は、中国で毎週25万人の農民が都市部に移住していることは良い傾向であると言いました。


ジョージ・ソロスもまた中国における強制移住政策の重要な役割を担っています。
中国政府が雇用創出をせずにゴーストタウンに毎月100万人の農民らを移住させている理由は:

中国では各地(特に農村部)で反乱が起きており、それが革命に発展する恐れがあることを懸念した中国政府は、農村部から大量の農民をゴーストタウンに強制移住させ、彼等を完全支配することで農民の革命を防止し中国共産党の独裁政治を維持しようとしているのです。
しかし農村部から農民がいなくなるとやがては食糧の生産に影響が出てきます。


元財務長官でありゴールドマンサックスの元CEOのハンク・ポールソン氏も、中国政府による都市部への強制移住を支持しています。彼は、「中国経済は正しい方向に進んでいる。短期的な成長を成し遂げるよりも強制移住政策の方が重要だ。中国の経済発展のためには都市化が必要だ。」ととんでもないことを言っています。

中国の専門家らは、中国経済は都市の成長を促してはいない、と主張しています。中国の都市の成長は銃で脅されながら強制移住させられた(農地を失った)農民の人口の急増によるものです。
中国の工業生産高の増加はグローバリストに利益をもたらしています。ただし、都市部の人口増加による食糧不足が問題となります。

中国政府が農民らの革命を防止するために大量の農民を都市部に移住させているため、食糧生産の担い手がいなくなりい食糧生産不足に陥ることは明らかです。そのため、中国の食糧不足をカリフォルニアで生産された食糧で補うことが許されたのです。
中国は、国連の庇護の下に、カリフォルニアで生産された食糧を必要なだけ消費することができるようになったのです。

近年のカリフォルニアの干ばつは気象操作によって起こされました。カリフォルニアを人工的に干ばつにさせると同時に大量の中国人をカリフォルニアに移住させ、カリフォルニアの農地を中国人に乗っ取らせようとしているのです。
また、カリフォルニアがアメリカ合衆国から独立した後、中国人民軍がカリフォルニアの主要な農地を全て乗っ取り、そこで太陽光発電事業を展開することになります。カリフォルニア(特にサクラメントやストックトン)には大量の中国軍兵士が駐留しています。彼等はそこでカリフォルニアの農地を乗っ取るための準備を行っています。

カリフォルニアのフェインステイン氏が上院議員になったときは百万長者でした。しかし今は億万長者になっています。
カリフォルニア州とEPA環境保護庁は農家や農場主を彼等の農地や農場から追い出す政策を実行に移しました。農家や農場主を追い出す策略とは。。。彼等の農地や農場への水の供給をストップしてしまったのです。
フェインステイン氏の夫のリチャード・ブラム氏はカリフォルニアの乾いた農地を買いあさり、それらを中国に売却しています。
中国はカリフォルニアが独立した後、買収した広大な農地で食糧生産を行い、そこで生産された食糧を中国に輸送し中国の食糧不足を補うことになります。
その結果、近い将来、アメリカの食糧供給と食糧価格に大きな打撃を与えることになります。グローバリストはアメリカを破壊したくて仕方ないのです。そのための計画の一環としてこのようなことが行われるのです。
既にアメリカでは農業の担い手不足が深刻化しています。多くの農家が農業を止めています。このようなことからもアメリカの食糧生産が激減し将来的にアメリカは飢餓に苦しむことになるのです。

結論として。。。
やがてカリフォルニア州は国連の国となります。カリフォルニアのブラウン州知事がカリフォルニア独立を主導しています。カリフォルニアが独立した後、国連がカリフォルニア国を支配します。カリフォルニアの食糧生産は中国が支配します。アメリカでは大量の農家が離農しているため、やがてアメリカでは深刻な食糧危機が起こります。トランプ大統領が誕生しても、アメリカは1861年以来最悪の憲法危機に直面します。また、アメリカの経済は崩壊し食糧価格の高騰で多くの人々が飢餓に苦しむことになります。

以上は「日本や世界や宇宙の動向」より

世界はこれからも大きく変化します。中国は米国西部を手に入れてもやがてはイエローストンの大爆発で大失敗するでしょう。                  以上