カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 北ミサイル威嚇に倍返し トランプが始める3月“血の報復” | トップページ | 阪神淡路大震災を引き起こしたのは誰だ? »

2017年2月22日 (水)

神主は食べていけない、末端神主たちの神社本庁への歎き(3/8)

神主は食べていけない 末端神主たちの神社本庁への嘆き


「特に関心ないです。自分の生活で精いっぱいなので」

 前出の東北地方の神社の宮司は、そうボソリと言うだけ。ほかの神主にも聞いたが、みな一様に同じような反応だった。
「金とヒマのある神社はいろいろできていいですね。乃木神社、赤坂氷川神社なんて、全国有数のお金持ち神社じゃないですか。平日は公務員という僕のような身分からは考えもつかない行動です」(中部地方の神主)

「私自身は保守だから、改憲には賛成。ただ、うちの神社は山奥で、署名集めは何の意味もないからやらない」(九州の神主)

 なかには、

「神社本庁とケンカする意味もないからうちも入っていますが、運営実態は全国に1割もない金満神社のサロンですよ。政治運動も、そういう恵まれた階層だからなされているもの。われわれ“くわん主”には関係のない話です」(関西の神主)
 と言い切る人までいた。

 神社本庁が設立されたのは、終戦後の1946年2月3日。それ以前の大日本帝国体制下において、神社とはいわゆる「国家神道」の機関として扱われ、神主たちは公務員待遇だった。また当時、神道は「国家の祭祀」とされ、宗教ではない、との建前の中にあった。しかし終戦で国家神道体制は解体され、新しい日本政府からも切り離された。神社界が、そのとき設立したのが、「宗教法人神社本庁」だった。

 神道が独立独歩の宗教団体として自立を迫られたのは、戦後が初めて。そのとき多くの神社はまともな経済基盤を持たなかった。

前へ 1  2  3  4  5  6  7  8 次へ

関連記事(外部サイト)

« 北ミサイル威嚇に倍返し トランプが始める3月“血の報復” | トップページ | 阪神淡路大震災を引き起こしたのは誰だ? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/69251459

この記事へのトラックバック一覧です: 神主は食べていけない、末端神主たちの神社本庁への歎き(3/8):

« 北ミサイル威嚇に倍返し トランプが始める3月“血の報復” | トップページ | 阪神淡路大震災を引き起こしたのは誰だ? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ