カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« トランプは間違っている - イランではなく、サウジアラビアが世界一のテロ国家 | トップページ | 神主は食べていけない、末端神主たちの神社本庁への歎き(5/8) »

2017年2月23日 (木)

北朝鮮のキムジョンナム暗殺される:暗殺の危機に怯えるキムジョンウンの仕業か、東芝経営危機が発端で、北朝鮮の核技術はABB経由の東芝子会社・ウェスティングハウス製であることがばれるのは時間の問題か

北朝鮮のキムジョンナム暗殺される:暗殺の危機に怯えるキムジョンウンの仕業か、東芝経営危機が発端で、北朝鮮の核技術はABB経由の東芝子会社・ウェスティングハウス製であることがばれるのは時間の問題か

 

1.日本を乗っ取る米国戦争屋が今、トランプと対立する好戦派とトランプに同調する穏健派に分裂していることが北朝鮮を動揺させているかもしれない

 

 先日、2017212日、安倍氏とトランプの日米首脳会談の終盤、突然、北朝鮮が日本海に向けてミサイル発射を強行しましたが、日米同盟の深化を目指す安倍氏を応援するかのような絶好のタイミングでのミサイル発射でした(注1)

 

 さて、本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米戦争屋は同時に、北朝鮮を敵役傀儡化して、日韓国民が、極東米軍に依存するように仕向ける軍事プロパガンダに、北朝鮮脅威を巧妙に利用していると本ブログでは観ています。

 

 その米戦争屋は、彼らにとって誤算だったトランプ政権の誕生によって、内紛が起きていると本ブログでは観ています。

 

 そして、今の米戦争屋は反露好戦派と非・反露派(穏健派:戦争狂ではない正常な神経の持ち主の勢力)に分裂していると本ブログでは観ています(注1)

 

 その観点から、米戦争屋と北朝鮮の関係を観てみると、好戦派は、北朝鮮を核実験場に利用するとともに、日本が核武装したら、ただちに、北のミサイルで対日攻撃できるようスタンバイしています。一方、穏健派は、好戦派によってでっち上げられた北朝鮮脅威を一刻も早く除去して、極東米軍の前線をグアム、ハワイまで後退させたいのではないでしょうか。

 

 ちなみに、トランプは北朝鮮問題に関しては、上記の穏健派と思われます。

 

 そして米戦争屋の穏健派は、北朝鮮を空爆して、北朝鮮脅威を除去したいのです。ところが、好戦派は、北朝鮮を核実験場に利用しているため、北朝鮮脅威を持続させたいのではないでしょうか。

 

 トランプ政権が誕生した今、今後、穏健派が優勢になれば、北朝鮮のキムジョンウン体制は崩壊させられます。ところが、今のキムジョンウン体制をつくったのは、ラムズフェルドなどの好戦派ネオコンです。だから彼ら好戦派は北朝鮮を今の状態にしておきたいのです。そのことを察知しているキムジョンウン(ABB役員だったラムズフェルドにスイスで洗脳された可能性あり)は、今、非常にあせっているでしょう。

 

なお、上記、日本を乗っ取ってきた米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。

 

ちなみに、上記、米戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1560の注記を合わせてご覧ください。

 

2.なぜ、今、キムジョンナム(キムジョンウンの異母兄)が暗殺されたのか

 

 さて、2017213日、今度は、キムジョンウンの異母兄・キムジョンナムがマレーシアで暗殺されています(注2)。おそらく、暗殺の危機に怯えるキムジョンウンが工作員に命じた暗殺テロと疑われます。その根拠は、トランプ政権になって、北朝鮮脅威の除去作戦が実行されれば、キムジョンウンは殺される可能性が高くなるからです。

 

 そこで、あせったキムジョンウンは、自分の後継者にされる可能性のあるキムジョンナムの暗殺を命じた可能性が大です。若いキムジョンウンはトランプ政権誕生でもう発狂寸前なのでしょう。

 

3.トランプ政権下にて、北朝鮮の正体がばれる可能性が出てきた

 

 本ブログの見方では、旧・米戦争屋CIAネオコンの好戦派が北朝鮮脅威をでっち上げたと観ていますが、北朝鮮の核技術もミサイル技術も、好戦派ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)が密かに供給しており、彼らは北朝鮮を核兵器実験場に利用していると推測されます(注3)

 

 キムジョンウンをスイスに留学させて洗脳したのは、好戦派ネオコンのラムズフェルド(スイスABBの元役員だった)と思われますが、彼は北朝鮮に密かに米国の核技術(東芝子会社のウェスティングハウス・WHの技術)をスイスABB経由で北朝鮮に供与したと米国で疑われていました。そして、その秘密がばれそうになったので、ラムズフェルド一派は東芝をだまして、WHを東芝に高値で買収させ、証拠隠滅を謀ったと疑われます(注4)

 

 今の東芝が陥っている危機の元凶は、2006年のWHの買収劇にありますが、この問題を追究していくと、WHの核技術がスイスABB経由で北朝鮮に供与された事実がばれてしまいます。

 

 そうなると、北朝鮮は好戦派ネオコンの傀儡国家であることが芋づる式に明るみに出るのです。

 

 そこで、好戦派ネオコンも、やむを得ず、北朝鮮脅威の除去に同調する可能性が出るのです。そのことにキムジョンウンは気付いたのではないでしょうか、だからキムジョンウンは発狂寸前なのでしょう。

 

 そうなれば、北朝鮮は米戦争屋配下の米軍とその同盟軍・韓国軍に攻撃されてあっという間に、崩壊させられるでしょう(注5)。そして、当然、キムジョンウンは殺されます、亡き父・キムジョンイルのように・・・。

 

注1:本ブログNo.1609日米首脳会談での安倍氏の日米同盟深化論を応援するかのように、北朝鮮がミサイル威嚇:トランプ政権は北朝鮮脅威の除去作戦を早く実行して欲しい』2017213

 

注2:夕刊フジ“金正男氏“暗殺”に「北偵察総局」関与浮上 次のターゲットに息子の名前も…“2017216

 

注3:本ブログNo.1293米国戦争屋ネオコンの傀儡国・日本と北朝鮮は彼らの核実験場にされ、日本の原発は彼らの核兵器のプルトニウム生産工場にされている』201619

 

注4:本ブログNo.1586300億円で買収した米企業の負債が5000億円あった?東芝がこんなヘマをするはずがない:東芝は東電とともに、核兵器至上主義勢力から罰を受けていると疑われる』2017119

 

注5:ニフティニュース“3月に米軍の特殊部隊が北朝鮮に攻撃を仕掛け、金正恩氏の殺害を計画か”2017215

以上は「新ベンチャー革命」より
暴露される過程で安倍政権の悪行も暴露される可能性もあります。  以上

« トランプは間違っている - イランではなく、サウジアラビアが世界一のテロ国家 | トップページ | 神主は食べていけない、末端神主たちの神社本庁への歎き(5/8) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トランプは間違っている - イランではなく、サウジアラビアが世界一のテロ国家 | トップページ | 神主は食べていけない、末端神主たちの神社本庁への歎き(5/8) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ