カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 北朝鮮の金正男とマイケルフリン辞任は裏でつながっている:トランプ政権vsCIA、ワシントン | トップページ | 宇宙の終わりが始まった? »

2017年2月21日 (火)

神主は食べていけない、末端神主たちの神社本庁への歎き(2/8)

神主は食べていけない 末端神主たちの神社本庁への嘆き

神社界には神主のことを「くわん主(=食わん主)」と呼ぶ隠語まであり、基本的に“食べていける職業”ではないのだ。

●金満神社のサロン

 統計上もそれは明らかだ。文化庁が発行する『宗教年鑑』2015年版によると、浄土真宗本願寺派は寺院数1万206に対し教師(聖職者)の数1万9510人。曹洞宗は寺院数1万4559に対し教師は1万6029人。一つの寺に僧侶が1人以上はいることになる。

 ところが、全国の神社を束ねる神社本庁の数字を見ると、神社数こそ7万8969と膨大だが、教師は2万1698人しかいない。3・6社に1人の割合でしか神主がいない計算だ。複数の神社の宮司を掛け持ちしても、生活していく収入が足りず会社員などを兼業している。

 昨今、安倍政権と神社界の“近さ”が指摘されている。神社本庁関係団体である政治組織「神道政治連盟」と友好関係にある国会議員の多くが、安倍内閣の閣僚となっている。一部神社の境内では、憲法改正を訴えて署名集めをする。政治への影響力を危惧する報道も増えてきた。

 たとえば16年1月23日付の「東京新聞」は、「忍び寄る『国家神道』の足音」という見出しで、東京都内の乃木神社や赤坂氷川神社で「私たちが考える憲法改正」といったノボリが立てられ、改憲を訴える署名用紙が置かれていた、という記事を掲載した。はたして、こういう動きに、全国の一般神主はどういう印象を持っているのか。

前へ 1  2  3  4  5  6  7  8 次へ

関連記事(外部サイト)

« 北朝鮮の金正男とマイケルフリン辞任は裏でつながっている:トランプ政権vsCIA、ワシントン | トップページ | 宇宙の終わりが始まった? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/69251445

この記事へのトラックバック一覧です: 神主は食べていけない、末端神主たちの神社本庁への歎き(2/8):

« 北朝鮮の金正男とマイケルフリン辞任は裏でつながっている:トランプ政権vsCIA、ワシントン | トップページ | 宇宙の終わりが始まった? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ