日本や世界や宇宙の動向さんのサイトより
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52003200.html
<転載開始>
NWOのグローバリスト(グローバル・エリート)はロシアと北朝鮮を針でつついて爆発させようとしています。その目的は第三ン次世界大戦です。西はロシア対NATO、東は朝鮮半島で。
この時期に金正男が暗殺された?のはグローバリストの意図が見え隠れしています。彼等は韓国と北朝鮮をかき混ぜたいのでしょう。
しかし北朝鮮有事が起きても日本は参戦してはなりませんね。グローバリストの思うツボになってしまいます。
ただ、在日米軍が朝鮮戦争に参戦したなら、南シナ海や東シナ海が中国に奪われてしまいそう。。。
ロシアの外交官暗殺事件も、ロシアを挑発するためでしょう。
悪魔崇拝者であり人間のお面をかぶったレプティリアンのグローバリストの悪だくみに引っかかってはなりませんね。

http://beforeitsnews.com/survival/2017/02/profound-events-are-taking-place-in-russia-and-north-korea-there-are-destabilizing-forces-at-work-here-2657073.html
(概要)
2月23日付け

ロシアと北朝鮮で起きていることは、世界を混乱させたいグローバリストの策略です。

grand-chessboard


最近、北朝鮮とロシアで様々な出来事が起きています。これらは世界政府の創設に向けたグローバリストの世グローバル・スキームの一環なのです。

これらの出来事を背後で操っている首謀者は絶対に報道されません。しかし彼等は世界の国々に対して大きな影響力を持っていることは確かです。

約1ヵ月前に、分離派が支配する東部ウクライナのドンバス地域で武装集団の司令官らが自動車爆弾で暗殺されました。そしてその2、3週間後にウクライナ政府軍の参謀総長が、これまで非常に健康的だったのにもかかわらず、心臓麻痺により急死しました。
報復の構図が東欧で出来上がっています。ウクライナ政府と分離派の停戦が合意されたのにもかかわらず、アメリカが支援しているウクライナのポロシェンコ大統領の指揮下でウクライナ政府軍が内戦を続けています。

現在は、アメリカ(ウクライナ政府)とロシア(東部ウクライナの分離派)の代理戦争が行き詰まっています。

北朝鮮の金正恩はアメリカに対して好戦的な発言を繰り返してきましたが、今回は少し状況が異なるようです。
先日、金正恩の腹違いの兄の金正男がマレーシアで暗殺されました。

このような暗殺方法は非常に単純に見えますが、調査が進むほど複雑であることが分かります。これは北朝鮮による手の込んだ策略であると誰もが思うでしょう。しかしこれはMI6やCIAがよく使う方法なのです。。
アメリカと韓国メディアは金正男が金正恩を失脚させようとしていた可能性があったと報道していますが、欧米メディアは少しずつこの事件に関する報道内容を変えています。米海軍司令官は朝鮮半島で有事が発生する可能性が高くなってきたとまで言っています。

北朝鮮は、潜水艦弾道ミサイルを試射したり金正恩が挑発的な発言を繰り返しているため、韓国では対ICBMミサイルシステムが配備されました。そして日本でも同様のシステムが配備される可能性もあります。
北朝鮮のミサイル試射は北朝鮮が独自に行っているのではなく、グローバリストが朝鮮半島で有事を発生させ彼等の目的を達成しようとしているのです。
朝鮮半島という狭い範囲での戦争はやがて世界戦争に拡大する恐れがあります。グローバリストは、これまでの世界地図を完全に消し彼等のグローバ・ルールの下で世界を統一支配するために、北朝鮮を利用して朝鮮戦争を勃発させようとしています。

さらに、ロシアでは、外交官が次々に死亡しています。オールニュース・パイプラインのステファン・スタンフォード氏は、グローバリストは、ロシアの国連大使を暗殺することにより第三次世界大戦を勃発させようとしているのではないかと伝えています。昨年末からロシアの外交官が何人も死亡しています。これは単なる偶然ではありません。外交官の不審死以外にも昨年はプーチンのお抱え運転手が事故死しました。彼はオバマに暗殺されたのではないかとも言われています。


ジョン・マッケイン上院議員こそ、ロシアとウクライナの紛争の原因を作った張本人です。
トランプはオバマ政権下の国務省がめちゃくちゃにした国々の関係をリセットするためにロシアと連携しようとしていますが、今でも世界を不安定化させようとしている勢力が世界を違った方向に導こうとしています。
グローバリストのソロスやロスチャイルドが世界支配から手を引かない限り、世界は益々混乱し世界のあちこちで戦争が勃発するでしょう。 

<転載終了>