カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 【東芝巨額損失】東芝、LNG1兆円損失も 原油価格が新たな火種に | トップページ | 米との関係修復、ロシアが恐れる最悪のシナリオ(2/5) »

2017年3月31日 (金)

HAARPモニター観察:久しぶりの400nTの地震電磁波到来!

HAARPモニター観察:久しぶりの400nTの地震電磁波到来!            

                    みなさん、こんにちは。

いまサッカー日本代表のタイ戦が始まったので、そちらに気を取られていたが、かなり大きな地震電磁波が登場したようだ。

ここしばらくは地磁気ゆらぎはまったく安静で平穏無事だったから、まったくメモする必要もなかったのだが、例のアメリカの地震予知サイトの予知にすれば、今日3月26日のM8の地震があるかもしれないというものだった。

すでにその時を無地に過ぎていたから、モニターを見ることを忘れていたのである。

そこで一応見てみると、と言っても私は毎日見ているのだが、
今日あたりから再び地磁気ゆらぎが現れたようである。そして、突如300nTの地震電磁波も登場。これは日本方面である可能性が高い。

アメリカの「オギノ式」地震予知サイトの3月予報:26日にM8!?
2017年3月の地震予報

a0348309_17533323.png

というわけで、今現在では400nT程度だが、その方向性から考えて、一応メモしておこう。以下のものである。

カナダの地磁気ゆらぎモニター群

a0348309_1953082.png

米NOAA
地磁気ゆらぎ

a0348309_19531271.gif

X線

a0348309_19532041.gif

a0348309_1953306.gif

電子線

a0348309_19534240.gif

K-インデックス

a0348309_19562771.png

カムチャッカ半島も大噴火したことだし、いよいよ太平洋上にムー大陸浮上するんでしょうか?


備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。

以上は「井口和基氏」ブログより
米国トランプ政権が安倍政権退陣を迫っているが、指示に背いているのでまた大地震などが起きる危険性があります。                       以上

« 【東芝巨額損失】東芝、LNG1兆円損失も 原油価格が新たな火種に | トップページ | 米との関係修復、ロシアが恐れる最悪のシナリオ(2/5) »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HAARPモニター観察:久しぶりの400nTの地震電磁波到来!:

« 【東芝巨額損失】東芝、LNG1兆円損失も 原油価格が新たな火種に | トップページ | 米との関係修復、ロシアが恐れる最悪のシナリオ(2/5) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ