カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 東芝が米原発産業の「ババを引いた」理由(2/4) | トップページ | なぜ、ジョン・レノンの「世界は正気ではない人間たちに支配されている」という言葉が、以前より重要に聞こえるのか »

2017年3月19日 (日)

人工知能(A1)の未来(2)(その3)

人工知能(AI)の未来(2) (その3) 

━━━━━━━━━━

 

「個人的なことになるのですが、わたしは昔から役に立

つものが好きではなかったのです。ですので、バタイユ

にとても共感していました。それとともに、面倒くさが

りなので、役に立つことをAIがみんなやってくれれば良

いのにとも思っていました。そして、バタイユ的な世界

がもし訪れるならば、それは資本主義をむしろ極度に推

し進めた先にしかないだろうと考えています。

 

 

有用性にしか尊厳を見出すことのできない哀れな近代人

を、バタイユは次のように批判しています。「天の無数

の星々は仕事などしない。利用に従属するようなことな

ど、なにもしない」と。人間の価値は有用性にはありま

せん。人の役に立っているか、社会貢献できているか、

お金を稼いでいるかなどといったことは最終的にはどう

でもよいことなのです。

 

 

わたしのAIBIに関する話を聞いて「未来はバラ色です

ね」と言う人が結構います。ですが、それはちょっと違

います。このまま制度を何も変革しなければ、労働者が

みな飢え死にするようなディストピアがやってきます。

ユートピアにするためには、BIのような新しい制度を積

極的に導入しなければなりません。積極的なアクション

を起こしたときにのみ、未来はユートピアになるのだと

強調したいと思います」

 

(引用終わり)

 

 

もし「役に立つことをAIがみんなやってくれれば良い」

世界ができても、そのユートピアを享受するのは、1

のみであろう。徹底した資本主義は強欲資本主義になり、

金儲けのためなら、戦争にまで突き進む。富を99%に渡

さないのが、資本主義なのである。

 

 

「有用性にしか尊厳を見出すことのできない哀れな近代

人を、バタイユは次のように批判しています。「天の無

数の星々は仕事などしない。利用に従属するようなこと

など、なにもしない」と」。この言葉は美しい。と同時

に敗北の匂いがしてくる。

 

 

「人間の価値は有用性にはありません。人の役に立って

いるか、社会貢献できているか、お金を稼いでいるかな

どといったことは最終的にはどうでもよいことなので

す」。そのとおりだ。しかし、トランプの役にたたねば

ジャパンハンドラーは排除され(違うメンバーがジャパ

ンハンドラーになり)、ジャパンハンドラーに役立つか

ら安倍晋三は存在している。野田佳彦も小池百合子、橋

下徹も安倍晋三に役立つ連鎖のなかで存在している。こ

の無数の、非人間的連鎖が資本主義なのだ。

 

 

井上のAI(人工知能)とBI(ベーシックインカムに関す

る話を聞いて「未来はバラ色ですね」という人が多いと

いう。しかし、井上は、それはちょっと違うという。

「このまま制度を何も変革しなければ、労働者がみな飢

え死にするようなディストピアがやって」くる。「ユー

トピアにするためには、BIのような新しい制度を積極的

に導入しなければ」ならないという。

 

 

繰り返すが、悲しいかな、そんな能力は官僚にも政治家

にもない。かれらが考えているのは、1%の、富裕層の、

金儲けだけだ。

 

 

その証拠が、安倍晋三が訪米して貢ぐ「日米成長雇用イ

ニシアチブ」の「(3)ロボットと人工知能(AI)の連

携(約6兆円)」である。目先の企業利益しか考えてい

ないのだ。

 

 

おそらく恐ろしいディストピアを、かれらは実現するだ

ろう。

 

 

地獄への道は善意で敷き詰められているのだ。

 

 

 

・‥…━━━☆

 

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

 年々にわが悲しみは深くして

   いよよ華やぐいのちなりけり

           岡本かの子

 

 

みんな、あしたこそ、幸せになあれ!

 

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

 

あとがき

 

ご意見、ご感想は、ツイッターのDMでください。

 

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

 

メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』

 

 

(無料・ほぼ週刊)

http://bit.ly/n3i2Oc

 

ブログ「兵頭に訊こう」

URL http://m-hyodo.com/

 

E-Mail novel@muf.biglobe.ne.jp

 

発行人 :兵頭正俊

以上は「兵頭に訊こう

« 東芝が米原発産業の「ババを引いた」理由(2/4) | トップページ | なぜ、ジョン・レノンの「世界は正気ではない人間たちに支配されている」という言葉が、以前より重要に聞こえるのか »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/69507331

この記事へのトラックバック一覧です: 人工知能(A1)の未来(2)(その3):

« 東芝が米原発産業の「ババを引いた」理由(2/4) | トップページ | なぜ、ジョン・レノンの「世界は正気ではない人間たちに支配されている」という言葉が、以前より重要に聞こえるのか »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ