カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« ロシアの越えてはならない一線を越えたワシントン | トップページ | その原因は製薬会社の汚染漏れかロシアの核実験か、それとも… : 「発生源がわからない」放射性物質ヨウ素131がヨーロッパ全土の大気を覆い尽くした »

2017年4月11日 (火)

「日米同盟」という名の1%利権(2/3)

「日米同盟」という名の1%利権 (その2)
━━━━━━━━━━

現在の安倍晋三の朝貢外交にもそれが見られる。


世界の白痴ATMが外国に行く。今度は国富をいくらばら
まくのかが、覚醒した国民の常識にまでなった。その金
はほとんど米日のグローバル大企業に還流する仕掛けに
なっている。発展途上国に残されるのは、不必要なメモ
リアルが殆どだ。


しかし、今度ばかりは、殆どは米国に日本の国富は献上
される。他国の国富を奪うことでは、米国に勝る国はな
い。


米国は、建国以来、戦争と介入で自国経済を回してきた。
それをトランプがやめさせようとしている。それはワ
ン・ワールド・グローバリズム・ワシントンDCとの、食
うか食われるかの死闘になる。わたしにいわせれば、今
もトランプが生きているのが不思議なほどだ。


宗主国に植民地総督が呼ばれる。そして植民地収奪の富
を献上する。それが51兆円という。まだ正式には発表さ
れていないが、十分、宗主国で発表するのがためらわれ
る数字だ。これは、目を剥く巨額というより、日本人と
して気恥ずかしくなる数値だ。これほど卑屈な、売国を
利権化した政党が、世界に存在しただろうか。


トランプが「米軍を受け入れてくださり感謝」とまで述
べた。この発言は、どれほどトランプをも驚かせる「献
上品」だったかを物語る。


世界の白痴ATMとトランプは、10日昼にホワイトハウス
で会談し、その後、共同記者会見に臨んだ。


現在分かっていることは、次のようなことだ。


1
日本は近い将来に米国経済へ大規模な投資を行う。
51兆円のことだろう)


2
日米同盟が重要で、アジア太平洋地域の安定の礎にな
るという認識で一致。辺野古の米軍基地移転は唯一の解
決策。


3
尖閣諸島が米国の日本防衛義務を定めた日米安全保障
条約第5条の適用範囲であると確認。


4
北朝鮮による核・ミサイル開発や中国の南シナ海、東
シナ海への海洋進出などに連携して取り組むことで一致。


5
経済関係強化(日本国富の献上と読め 注 : 兵頭)
の具体策を検討するため、麻生太郎とペンス副大統領を
トップとする枠組みを作る。


6
自動車の現地生産をさらに増やし、米国雇用の増大に
努める。(必然的に日本の雇用が減る)


7
二国間交渉を開始する。


8
トランプの年内訪日。


9
トランプが在日米軍について、「米軍を受け入れてく
ださり、(日本に)感謝している」と述べた。


以上であるが、TPPへの復帰を粘り強く説得するといっ
ていたのに、どこにもTPPなどはない。安倍奴隷政権の
正体などこの程度のものだ。大言壮語は国内だけのこと
だ。


(「その3」に続く)



‥…━━━☆

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 年々にわが悲しみは深くして
   いよよ華やぐいのちなりけり
           岡本かの子


みんな、あしたこそ、幸せになあれ!

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

あとがき

ご意見、ご感想は、ツイッターのDMでください。

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』


(
無料・ほぼ週刊)
http://bit.ly/n3i2Oc

ブログ「兵頭に訊こう」
URL
http://m-hyodo.com/
以上は「兵頭に訊こう」より

« ロシアの越えてはならない一線を越えたワシントン | トップページ | その原因は製薬会社の汚染漏れかロシアの核実験か、それとも… : 「発生源がわからない」放射性物質ヨウ素131がヨーロッパ全土の大気を覆い尽くした »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/69599353

この記事へのトラックバック一覧です: 「日米同盟」という名の1%利権(2/3):

« ロシアの越えてはならない一線を越えたワシントン | トップページ | その原因は製薬会社の汚染漏れかロシアの核実験か、それとも… : 「発生源がわからない」放射性物質ヨウ素131がヨーロッパ全土の大気を覆い尽くした »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ