カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 安倍昭恵 文科省に圧力電話 + 森友学園への献金リストに安倍内閣総理大臣の名前 | トップページ | 米との関係修復、ロシアが恐れる最悪のシナリオ(5/5) »

2017年4月 3日 (月)

悲報】「太陽が15日連続で活動停滞」NASAがガチ発表! 今の寒さは氷河期の前触れか? 今後がヤバイ!(1/2)

【悲報】「太陽が15日連続で活動停滞」NASAがガチ発表! 今の寒さは氷河期の前触れか? 今後がヤバイ!  

    
    
1 / 2 ページ

 桜の開花シーズンが到来する中、東京では27日に最高気温7℃を観測するなど真冬並みの寒さに襲われているが、もしかしたらこの寒さは「氷河期突入」の合図だったのかもしれない――。

■太陽が2週間も活動していない緊急事態

 英紙「Daily Mail」(3月22日付)によると、NASAの太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(SDO)」が太陽活動の停滞を観測。なんと、3月7日~22日の15日間連続で太陽黒点がゼロだったというのだ!

 太陽黒点は太陽活動の指標とみられ、活動が極大化すると多くの黒点が出現し、極小化すると激減する。黒点の減少がすぐさま太陽活動の終焉を意味するわけではないが、「氷河期」が着々と近づいている証拠と科学者らは見ているようだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/03/post_12739.html

 これまでの予想では、次の停滞は2021年頃とみられていたが、今回は大幅に早まる形となった。15日にもわたる活動の停止は2010年の4月以来だという。「Spaceweather.com」によると、今年に入ってからすでに27日もの「太陽黒点ゼロ日」があるとのことだ。2016年は年間で32日、2015年はゼロだったことを考えると、異常なペースで太陽活動が弱まっていることがはっきりと分かる。

 太陽には11年周期のサイクルがあり、現在は2008年から始まった「サイクル24」と呼ばれる活動周期に入っている。2016年6月4日には4日間も完全に黒点が消失し、太陽がここ100年間で“最もおとなしい時期”、つまり太陽活動が停滞期に近づいている証拠だとされ、数年の間にさらなる黒点の消失がみられると予想された。そして今回、2週間以上にわたる黒点の完全消失が続いたため、本格的に「ミニ氷河期」が近づいていると考えられているのだ。

© TOCANA 提供 

1 / 2 ページ
[PR] おすすめ情報
以上は「msnニュース」より
今、地球は間違いなく寒冷化に向かって進んでいます。黒点の現象はその証明です。以上

« 安倍昭恵 文科省に圧力電話 + 森友学園への献金リストに安倍内閣総理大臣の名前 | トップページ | 米との関係修復、ロシアが恐れる最悪のシナリオ(5/5) »

「地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/70072666

この記事へのトラックバック一覧です: 悲報】「太陽が15日連続で活動停滞」NASAがガチ発表! 今の寒さは氷河期の前触れか? 今後がヤバイ!(1/2) :

« 安倍昭恵 文科省に圧力電話 + 森友学園への献金リストに安倍内閣総理大臣の名前 | トップページ | 米との関係修復、ロシアが恐れる最悪のシナリオ(5/5) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ