地球の記録 – アース・カタストロフ・レビューさんのサイトより
http://earthreview.net/possible-unknown-underwater-volcano-erupts-in-italy-march-2017/
<転載開始>

               

2017/03/31             

                                           

イタリアの報道より

iltirreno.gelocal.it

イタリアで、「原因不明の爆発現象が海で起きている」ことが現地メディアで報じられています。既知の海底火山がある場所ではないようで、専門家たちが現在、海底の調査を進めているようです。

確定した原因はわかっていませんが、イタリアの地質学専門家たちは「未知の海底火山の活動の可能性がある」としています。

下の動画は最初に現地の漁師の人が発見した時に撮影されたもので、それほど状況がよくわかるものではないですが、爆発・噴出と同時に、周囲の海域の色が変わっていたそうです。



爆発が起きているのは、イタリアのティレニア海にあるピアノーザ島という島の近くです。

ピアノーザ島の場所
・Google Map

イタリア国立地球物理学火山学研究所(INGV)の専門家たちが該当海域の水質や水中の状況を調査しましたが、海底ではメタン濃度が高くなっていることが確認されたそうです。

海底からメタンが吹き出している様子

IL TIRRENO

 

それにしても、昨年以来、イタリアでの地質活動は非常に顕著なものがあります。

記事にしただけでも、昨年9月には「イタリアで未知の海底火山が6つ同時に発見される」という出来事が起きています。

[記事] ポンペイを壊滅させたイタリア・ベスビオ火山近くの海で「未知の海底火山が6つ」同時に発見される (2016/10/04)

6つの未知の海底火山が見つかった場所

 

イタリア中部では「泥火山」の活動が確認されています。

[記事] 連続した地震に見舞われているイタリア中部の村に謎の「泥火山」が形成され、泥の噴火が続く (2016/11/04)

 

また、イタリア中部では、昨年来、数多くの地震に美馬分けていますが、その中で「イタリア半島を縦貫するアベニン山脈が 40センチ低くなった」ということもわかっています。

[記事] 連続する地震の中、イタリア半島を縦断するアペニン山脈の中央部が40センチメートル「沈んだ」ことが明らかに (2016/11/01)

 

そして、最近では、イタリアのエトナ山の噴火がさらに激しくなっていることが報じられ続けています。

短い期間の単位での変化はともかく、ある程度の期間の中で、これだけいろいろなことが起きているイタリアの地質的な変化がどのようなことに結びついていくのかは、地質学者たちの懸念でもあり、興味でもあるようです。

もちろん、地質的な変化の兆候はイタリアだけの話ではなく、日本も含めて、現在では全世界的なものとなっている感じがあります。


<転載終了>

オースティンの落雷(米国テキサス州 03/28) Photoinstagram.com