カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 正恩氏「クスリ漬け」の衝撃情報! | トップページ | トランプは降伏した。 次に降伏するのはプーチンだろうか? »

2017年4月 9日 (日)

安倍晋三首相は、菅義偉官房長官と二階俊博幹事長からN衆院議員の麻薬疑惑を突き付けられ、衆院解散決断を迫られる

安倍晋三首相は、菅義偉官房長官と二階俊博幹事長から
N衆院議員の麻薬疑惑を突き付けられ、衆院解散決断を迫られる 

◆〔特別情報1〕
 「安倍晋三政権は、破れ傘。もうボロボロだ」―首相官邸内部から
の極秘情報によると、安倍晋三首相は3月29日、菅義偉官房長官と
自民党の二階俊博幹事長から「もう政権が持たない。衆院解散を決断
すべきだ」と進言されたという。理由は、「森友学園の籠池籠池理事長
問題」ではなく、「厚労省の麻薬取締官(麻薬Gメン)が、安倍晋三首相
が所属する自民党派閥『清和会=細田博之会長』会員のN衆院議員
(前外務副大臣)を麻薬取締法違反容疑で摘発、尿検査でクロという
証拠もあり、通常国会会期が6月18日に終わり次第、逮捕する方針」
ということだ。深刻な問題は、これだけではない。米CIA情報によると、
ムスリム同胞団が編成している麻薬密売組織ルートの「コカインと麻薬」
が日本国内に密輸入されて、暴力団や大手人材派遣会社の派遣社員
らによって売られ、その資金が、安倍晋三政権内部の深くまで汚染して
いるといい、これがN衆院議員の麻薬取締法違反事件と繋がっており、
事態は、極めて深刻だ。このため、安倍晋三首相には、すでに逃げ道
はなく、早急に衆院解散・総選挙(4月~5月)に踏み切ることを迫られている。
以上は「板垣英憲氏」ブログより
今は、安倍政権の総辞職と安倍氏の議員辞職も実行しなければ、国民は納得しません。
今回は如何にも国民を馬鹿にした国会対応があり国民は怒り心頭にあります。以上

« 正恩氏「クスリ漬け」の衝撃情報! | トップページ | トランプは降伏した。 次に降伏するのはプーチンだろうか? »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/70112860

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晋三首相は、菅義偉官房長官と二階俊博幹事長からN衆院議員の麻薬疑惑を突き付けられ、衆院解散決断を迫られる :

« 正恩氏「クスリ漬け」の衝撃情報! | トップページ | トランプは降伏した。 次に降伏するのはプーチンだろうか? »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ