4月29日に米政府が閉鎖される事態になりかねません。
また、5月初旬には韓国で北朝鮮に近い大統領が誕生する可能性が高いため、今月中にアメリカは北朝鮮を攻撃しようとしているのでしょうか。
今月から世界で何が起こるか分からないような緊張した状態が続くのかもしれません。2017年は世界中で様々な悲惨な出来事が(意図的に)起こされることになるのでしょうか。うんざりですね。

http://beforeitsnews.com/alternative/2017/04/the-debt-crisis-of-2017-once-their-vacation-ends-congress-will-have-4-days-to-avoid-a-government-shutdown-on-april-29-3498425.html
(概要)
4月9日付け
2017年の債務危機。
イースターホリデーが終ると、4日間で法案を可決させなければ4月29日に米政府が閉鎖します。


今月(4月)は米史上最も大変な月となるでしょう。
4月6日(アメリカが第一次世界大戦に参戦してから100年が経つ記念日)に、トランプはシリアを攻撃しました。そして今月末にはワシントンDCで政治危機が起こる恐れがあります。
金曜日から連邦議員らは2週間のイースターホリデーのためにワシントンDCを離れました。彼等は4月25日まで仕事を再開しません。
つまり、連邦議会は、イースターホリデーが終ると、その4日後に財政危機を避けるための財政法案?を可決させなければならないということです。そうしないと4月29日から政府が閉鎖されることになります。

今の時点まで、両党はこの法案の可決に対して緊急を要しているとは感じていないようです。
まるで彼等は政府の閉鎖が避けられないと諦めているような感じです。
政府が閉鎖されると民主党に利益をもたらすことになります。なぜならこのような事態になったのは共和党のせいだと批判できるからです。しかしこれは両党の政治不作為から生じたものです。

ホリデーから戻ってきた議員らがわずか4日間で財政危機を避けるための財政法案を可決できるとは思えません。
政府が閉鎖されることになる4月29日はトランプ大統領誕生後の100日間が終る日です(私:既に100日間のハネムーンは終わっていたのかと勘違い。計算違いでした。)。

共和党がホワイトハウスを統制すると、なぜ、上院下院の法案の可決がこのように難しくなるのでしょうか。

トランプのオバマケアの廃止或は代替え法案に対しても共和党はなかなか合意しませんでした。
今回も共和党はこの法案を可決させないように思えます。
法案の可決には上院で60票が必要となります。


中略

トランプは、政府を閉鎖させないようにとかなりのプレッシャーを感じるでしょう。閉鎖されれば国境の壁の建設も諦めなければなりません。
トランプは国民に熱く語っていた国境の壁の建設を諦めると思いますか。これは民主党とトランプのチキン・ゲームなのです。どちら側も簡単には諦めないでしょう。その他の重要法案もたった4日間で可決されるわけがありません。

中略

軍事予算を大幅に増額しないなら、(この4日間で)どの法案も可決させないとマッケイン上院議員は主張しています。しかし民主党議員らは軍事予算を増やすことには反対しています。

今の状況下では、政府の閉鎖は避けられないでしょう。閉鎖期間が長引けば長引くほど金融市場が混乱します。
さらに米経済も急激に悪化するでしょう。先週、先月(3月)に98000人の雇用が創出されたと発表されましたがこの数字は専門家が期待していた数字の5割でしかありません。

アメリカの(移民の?)人口増加に対応するためには、毎月約15万人の雇用創出が必要です。
また、アトランタのFRBのGDP成長率の予測によれば、2017年第一四半期における米GDPの年間成長率はわずか0.6%です。


中略

アメリカではクレジットカード負債が1兆ドルを超えました。また、アメリカの自動車産業にも大きな危機が押し寄せています。小売業界でも全米で数千店舗が閉店しています。年金基金も資金不足になっています。アメリカの負債は20兆ドル近くまで膨れ上がっています。

その上、戦争の危機が迫っています。現在、アメリカの空母が米海軍駆逐艦と共に北朝鮮へ向かっています。ロシアとイランはアメリカが再度シリアを攻撃した場合はアメリカに応戦すると断言しました。



世界の出来事が急速に進展しています。