カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« トランプは降伏した。 次に降伏するのはプーチンだろうか? | トップページ | 地球に似た7惑星持つ恒星系、39光年先に発見 生命存在の可能性 »

2017年4月10日 (月)

「日米同盟」という名の1%利権(1/3)

「日米同盟」という名の1%利権 (その1) 
━━━━━━━━━━

最近のネットの様々な表現を読んでいても、誰もが疲れ
切った感じで、売国を利権化した安倍奴隷政権との闘い
の消耗を感じる。


次から次へと邪悪な事件、不正が出てくる。安倍奴隷政
権は、メディアと野党と国民が、もっとまともなら、と
っくに退陣させられていた内閣である。それが続いてい
る一番の責任はメディアにある。


HKがときどき「権力の監視」という。最初は笑って聞
き流していたが、最近は侮辱されていることに気付いた。
かれらは国民を見くびっているのだ。


『東京新聞』(2017210日)が、「小保方氏「影響
は一生消えない」人権侵害認定受けコメント」と題して、
次のように報じた。


「放送倫理・番組向上機構(BPO)が「NHKスペシ
ャル」の人権侵害を認めたのを受け、小保方晴子氏は10
日、代理人の三木秀夫弁護士を通じ、「放送が私の人生
に及ぼした影響は一生消えるものではありません」との
コメントを出した。


小保方氏はコメントで「人権侵害や放送倫理上の問題点
を正当に認定してもらい感謝している」とし、「国を代
表する放送機関であるNHKから人権侵害にあたる番組
を放送され、このような申し立てが必要となったことは
非常に残念なことだった」と振り返った。


三木弁護士によると、小保方氏は現在も療養中で、BP
O側からNHKに対する勧告について直接説明を受け
た」
http://bit.ly/2kV7xAn

(引用終わり)


2014
85日、理研の笹井芳樹副センター長が自殺した。
これは、727日夜に、犬HKSTAP細胞問題を追及した
「調査報告 STAP細胞 不正の深層」における、違法な
個人メールの公開報道などが、自殺の引き金になった、
というのが、大方の見方だ。


ネットも荷担した、小沢一郎にも仕掛けられたメディア
バッシング、メディアリンチ、メディアテロが、笹井芳
樹・小保方晴子にも繰り返され、笹井芳樹を殺してしま
ったのである。


「日米同盟」という名の1%利権を毀損する都合の悪い
人物あるいは革命的発明・発見が現れると、メディアが
スクラムを組んで、バッシングを加える。するともう魔
女狩りの大好きな共産党も加わって、真っ黒な人物に貶
められた挙げ句、葬られる。


HKは、違法な個人メールの公開報道にまで及んだ。
「小保方さん 本日なのですが、東京は雪で、寒々して
おります」「小保方さんとこうして論文準備ができるの
を、とても嬉しく楽しく思っており、感謝しています」
(笹井のメール)というものだ。


視聴者の個人情報を盗み読みし、しかも全国放送で流す。
この情念はどこから吹き上がってくるのだろう。上から
指示が降りてこない限り、普通はやらないことだ。呆れ
た公共放送である。犬HKは、米日1%の利権のためなら
ここまでするのだ。


笹井のような、ノーベル賞候補にまでなった誇り高いエ
リートには耐えられない屈辱だったのである。この屈辱
感が死を呼び寄せた。


また、犬HKは、この報道で、学者としての笹井の真価を
否定した。笹井を「企業のニーズを聞いて予算を取るマ
ルチタレント」と悪意のある第三者の意見を交えて番組
のなかで貶めたのである。


さらに、小保方論文がネイチャーに掲載された理由とし
て、「論文執筆の天才」といわれた笹井の協力が大きか
ったと指摘した。笹井は事前に実験の不備を知っていた
可能性を番組で示唆し、いかがわしい人物として描いた。


こういうことを、犬HKは、与党政治家に対してはけっし
てやらない。材料は幾らでもあるのに、官邸からの圧力
を恐れて、権力に対してはわが身の保全を図る。しかし、
その危険がない個人に対しては、死に追い込むまでに叩
き続ける。


ハーバード大は、その筋から頼まれた頭の空っぽな連中
による小保方晴子バッシングをよそに、粛々と特許の申
請を進めていた。日本の場合、「日米同盟」という名の
1
%利権に従って、上が負けるように取り引きするので、
外国から見ると、日本人はバカのようなことをやらされ
る。


ハーバード大の特許が認定されると、出願後20年間の工
業的独占権が決定する。先にSTAP細胞を発見していた日
本は、笹井芳樹を自殺に追い込み、小保方晴子から研究
生活を奪った。そして、外国に特許料を払い続けねばな
らない。日本の1%にとって、99%は、中国・北朝鮮と
同じ「他者」なのだ。


大切なのは、政府は知っていたことを見抜くことだ。そ
れをなぜ黙っていたかというと、米国への莫大な知財提
供のためだった、とわたしは見ている。うつけ者が国の
舵取りをやっている。宗主国に貢いで、政権の延命を図
ることしか考えていない。


(「その2」に続く)



‥…━━━☆

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 年々にわが悲しみは深くして
   いよよ華やぐいのちなりけり
           岡本かの子


みんな、あしたこそ、幸せになあれ!

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

あとがき

ご意見、ご感想は、ツイッターのDMでください。

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』


(
無料・ほぼ週刊)
http://bit.ly/n3i2Oc

ブログ「兵頭に訊こう」
URL
http://m-hyodo.com/

E-Mail
novel@muf.biglobe.ne.jp
以上は「兵頭に訊こう」より
安倍氏は1%優先の政治家ですが、トランプ氏は99%優先で選択された大統領です。日本の富を米国へ貢ぐ政治しかできない安倍氏のポチ振りです。                           以上

« トランプは降伏した。 次に降伏するのはプーチンだろうか? | トップページ | 地球に似た7惑星持つ恒星系、39光年先に発見 生命存在の可能性 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/69599317

この記事へのトラックバック一覧です: 「日米同盟」という名の1%利権(1/3):

« トランプは降伏した。 次に降伏するのはプーチンだろうか? | トップページ | 地球に似た7惑星持つ恒星系、39光年先に発見 生命存在の可能性 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ