カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 金正男暗殺で動いた、東南アジアに潜伏する工作員たちの日常 (5/8) | トップページ | 食品ロス2 »

2017年4月29日 (土)

「いつどこで大地震が起きてもおかしくない」JESEA地震科学探査機構・村井氏が警鐘(1/5)

「いつどこで大地震が起きてもおかしくない」JESEA地震科学探査機構・村井氏が警鐘

「いつどこで大地震が起きてもおかしくない」JESEA地震科学探査機構・村井氏が警鐘

「いつどこで大地震が起きてもおかしくない」JESEA地震科学探査機構・村井氏が警鐘の画像

「いま日本中のどこで大きな地震火山噴火が起きてもおかしくない状態」

 こう警鐘を鳴らすのは、『週刊MEGA地震予測』で地震情報を発信し続けているJESEA地震科学探査機構/東京大学名誉教授の村井俊治氏。

 2011年3月11日に発生した東日本大震災。これにより多くの人が甚大な被害を受けた。そして東日本大震災以降、日本では震度5以上の大きな地震が定期的に起こっている。果たして、これが意味するものとは……。

◆「東日本大震災以降、日本列島には大変動が起きている」

 村井氏のJESEAでは、全国約1300箇所に設置された国土地理院の電子基準点のGNSS(※衛星測位)データを解析。GNSSとは、複数の測位衛星と地上の受信機との間の距離を測量することにより、受信機の正確な位置がわかるシステム。

 これによって得られた地球中心座標系のXYZHの1日平均値から、短期的および長期的な変動を分析して地震の前に現れる上下・水平方向の異常(地盤の3次元的な動き)、要するに大地震の前兆現象をとらえて予測している。

「東日本大震災のあと、いかに日本列島が異常に動いていることか。電子基準点のデータでは、東日本大震災(2011年)の6か月前ぐらいから特に動きがあった。そして2012年10月頃から日本列島には大変動が起きていると言える。東日本大震災の前後ではまるでデータが異なるんです」

「いま日本中どこで大きな地震・火山噴火が起きてもおかしくない状態。

1  2  3  4  5 次へ

関連記事(外部サイト)

« 金正男暗殺で動いた、東南アジアに潜伏する工作員たちの日常 (5/8) | トップページ | 食品ロス2 »

地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 金正男暗殺で動いた、東南アジアに潜伏する工作員たちの日常 (5/8) | トップページ | 食品ロス2 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ