カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 麻生太郎副総理兼財務相が、米国でトランプ大統領に正面切って歯向かう発言、財務省・金融庁関係者が身の上を案ずる | トップページ | 在米日本人作家が警告する、トランプ・リスク「最悪のケース」3/5) »

2017年5月 9日 (火)

小沢一郎代表は「日本がリーダーシップを発揮して、北東アジアの安定と平和を築こう」と「小沢一郎政権樹立」を宣言!

小沢一郎代表は「日本がリーダーシップを発揮して、
北東アジアの安定と平和を築こう」と「小沢一郎政権樹立」を宣言!

◆〔特別情報1〕
 小沢一郎代表は、自由党の機関紙「プレス自由」(5月号)
の巻頭提言で「日本がリーダーシップを発揮して、北東アジアの
安定と平和を築こう」と述べ、「小沢一郎政権樹立」に向けての
強い決意と外交政策の具体的目的を明示した。これは、
安倍晋三首相が、中国の習近平国家主席、李克強首相との
関係が最悪であり、韓国とは「慰安婦像問題」でこじれており、
北朝鮮の金正恩党委員長とは、「強い圧力一辺倒」の硬直
姿勢で対立状態、ロシアのプーチン大統領には、「裏切り外交」
の結果、信頼されていないためである。こんなことでは、
「北東アジアの安定と平和を築く」のは不可能なので、
安倍晋三首相を打倒し、政権を奪還して、中国、韓国、
北朝鮮、ロシアとの豊富な人脈と絆を活かして、米ソ東西
冷戦の残滓である「分断国家=韓国、北朝鮮」を1つにまとめて
、「朝鮮半島統一」を図るため自ら積極的行動に立ち上がる
ことを堂々宣言したのである。
以上は「板垣英憲氏」ブログより
6月に衆院解散でいよいよ安倍政権退陣が現実化します。以上

« 麻生太郎副総理兼財務相が、米国でトランプ大統領に正面切って歯向かう発言、財務省・金融庁関係者が身の上を案ずる | トップページ | 在米日本人作家が警告する、トランプ・リスク「最悪のケース」3/5) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/70455309

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎代表は「日本がリーダーシップを発揮して、北東アジアの安定と平和を築こう」と「小沢一郎政権樹立」を宣言!:

« 麻生太郎副総理兼財務相が、米国でトランプ大統領に正面切って歯向かう発言、財務省・金融庁関係者が身の上を案ずる | トップページ | 在米日本人作家が警告する、トランプ・リスク「最悪のケース」3/5) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ