カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 金正男暗殺で動いた、東南アジアに潜伏する工作員たちの日常 (7/8) | トップページ | オーストラリア・タスマニア島の夜の海を美しい青に染めたものの正体。そして、どうしてそれは「不吉」なのか »

2017年5月 1日 (月)

「いつどこで大地震が起きてもおかしくない」JESEA地震科学探査機構・村井氏が警鐘(3/5)

「いつどこで大地震が起きてもおかしくない」JESEA地震科学探査機構・村井氏が警鐘

最近、えりものプライベート電子観測点のデータに異常が見られ、大きく南西に変位しています」

⇒【資料】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1297815

●第3候補、南海・東南海

「四国で沈降を示してきた足摺岬、室戸岬、徳島県が隆起傾向に変化してきた。高知県の西土佐、吉川、徳島県の那賀が異なる方向に変位している」

※第3候補、北信越

「富山・石川・福井・岐阜県など、北信越も今年1月に多数点で異常変動が出ています。隆起と沈降が不安定。ただし、積雪による影響の可能性もあります」

⇒【資料】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1297817

◆JESEA地震予測の真偽とは

 日本列島に起こっている大きな地殻変動、果たしてその真偽とは……。まず、世間でよく聞く地震の“予知”と“予測”とは一体なにが違うのか。

「地震予知とは政府が出す警報。いわゆるXデーが具体的に言える状態。これはまだ誰にも出来ません。一方で、予測とは数か月の精度で言える状態のことを指します。我々が行っているのは地震予測です」

・地震予知…いつどこでどの規模の地震が起きるのか警報レベル(具体的な日にち)で言える状態

・地震予測…いつどこでどの規模の地震が起きるのか数か月の精度で言える状態

 だが、そもそも村井氏は地震学者ではない。

前へ 1  2  3  4  5 次へ
以上は「SPA」より

« 金正男暗殺で動いた、東南アジアに潜伏する工作員たちの日常 (7/8) | トップページ | オーストラリア・タスマニア島の夜の海を美しい青に染めたものの正体。そして、どうしてそれは「不吉」なのか »

「地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/69874858

この記事へのトラックバック一覧です: 「いつどこで大地震が起きてもおかしくない」JESEA地震科学探査機構・村井氏が警鐘(3/5):

« 金正男暗殺で動いた、東南アジアに潜伏する工作員たちの日常 (7/8) | トップページ | オーストラリア・タスマニア島の夜の海を美しい青に染めたものの正体。そして、どうしてそれは「不吉」なのか »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ