カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 暗黒政治に文化人学者が一斉蜂起 「安倍おろし」の大合唱 もう止まらない!(日刊ゲンダイ) | トップページ | 黒田日銀の「永久緩和」が引き起こす日本財政破綻、衝撃のデータ=東条雅彦 (2/6) »

2017年6月 8日 (木)

今回のロンドン・テロもフェイクの疑いあり:欧州国民にイスラム教徒を敵視させる戦争プロパガンダの一環か、並行して共謀罪法案を強行させられている日本でもISテロが起きるかも

今回のロンドン・テロもフェイクの疑いあり:欧州国民にイスラム教徒を敵視させる戦争プロパガンダの一環か、並行して共謀罪法案を強行させられている日本でもISテロが起きるかも

 

1.先日起きた英マンチェスターのテロも今回のロンドン・テロもフェイクらしい

 

 英ロンドンでまたもIS(イスラム国)が犯行声明を出すテロが起きています(注1)。先日も英マンチェスターでISが犯行声明を出すテロが起きています。

 

 本ブログでは、前回のマンチェスターでのテロはフェイク(偽旗テロですらなく、まったくのニセモノのテロ事件)と疑っています(注2)。

 

 そして今回のロンドン・テロも案の定、フェイクだったようです(注3)。

 

 今回のロンドン・テロを報じるTVニュースで、身体に爆弾を巻いた男が路上に横たわっている画像が放映されていますが、射殺された(?)そうです。そのニュースではわざわざ、この爆弾はニセモノだと報じています。テロを起こす人間がニセモノの爆弾を体に巻いてテロを実行したら、自爆できない上に、警官から即、射殺されるのは子供でも分かる話です。こんなバカな犯人は見たことありません。

 

 今回のテロでおかしいのは、あれだけ、警戒を強化しているはずなのに、ロンドンの観光の中心部で、またも、テロが起きている点です。

 

 そしてさらにおかしいのは、前回同様、テロが起きたらすぐに犯人一味が特定され、犯人の家の家宅捜索が行われることです。

 

 こんなにすぐに犯人が特定されるのに、なぜ、テロが未然に防げないのか、非常に不可解です、いつもながら・・・。

 

 そして決まって、ISが犯行声明を出します、いつものパターンですが・・・。

 

2.世界の敵に仕立てられたIS(イスラム国)は米国戦争屋の敵役傀儡(北朝鮮と同じ)、そして、日本の安倍自民も米国戦争屋の傀儡:安倍自民もISも北朝鮮も同じ穴のムジナ

 

 世界のどこかで大規模テロが起きると決まって犯行声明を出すIS(イスラム国:ISIS)は、日本を乗っ取る米国戦争屋CIAネオコンのエージェント・マケイン米共和党上院議員と親しいことはマケイン本人がテレビで告白しています(注4)。

 

 さて本ブログは日本を乗っ取る米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、上記、米戦争屋エージェント・マケインは安倍氏とも会談しています(注5)。なぜなら、安倍自民は米戦争屋の傀儡政党だからです。

 

なお、上記、戦後日本を乗っ取ってきた米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。

 

3.安倍自民が強行しようと企んでいる共謀罪法案は、日本を乗っ取る旧・米国戦争屋からのご命令

 

 上記のように、安倍自民は旧・米戦争屋の傀儡政党ですから、共謀罪法案成立を旧・米戦争屋から命令されているのは間違いないでしょう。

 

 そして、上記、英国フェイク・テロの頻発と、日本における共謀罪法案強行はリンクしています。

 

 旧・米戦争屋の中の好戦派・CIAネオコンNATOは、今、シリア・イランを先制攻撃して、第三次世界大戦を計画しているのではないでしょうか。

 

 欧州で頻繁にISテロが起こされているのは、旧・米戦争屋CIAネオコンNATOのお得意の戦争プロパガンダ(注6)の一環と思われます。

 

4.なぜ、旧・米戦争屋の傀儡政党・安倍自民は狂ったように共謀罪法案を強行成立させたいのか

 

 安倍自民が強行する共謀罪法案は戦前の悪法・治安維持法と同じです。日本を戦前の戦争国家・軍国国家に回帰させるために、共謀罪法の導入が必須だからです。

 

 日本を乗っ取る旧・米戦争屋は、米国の国民のみならず、日本の国民も、その多くが戦争を嫌がることを百も承知です。したがって、民主主義国家体制で、旧・米戦争屋が戦争を強行するためには、国民の反対を封じ込める必要があるのです。

 

 安倍自民のみならず、米トランプ政権をも乗っ取る旧・米戦争屋は、欧州NATO(旧・米戦争屋の欧州支部)への欧州各国からの拠出金を増やして、第三次世界大戦に欧州各国を引き摺りこみたいのです。

 

 そして、旧・米戦争屋CIAネオコンNATOは、敵役傀儡のIS(イスラム国)に大規模テロ(フェイク・テロも含む)を頻発させて、欧州国民が、イスラム国を敵視するよう洗脳しているわけです。そのために、彼らはISテロを頻発させているのです。

 

 一方、日本では、彼らの傀儡政党・安倍自民に、日本の軍国化を強要しているのです。なぜなら、旧・米戦争屋の計画しているシリア・イランとの戦争に自衛隊を米軍傭兵としてタダで利用したいからです。日本の軍国化を急がされている安倍自民への日本国民からの猛烈な反対が今のところ、それほど強くないのですが、あまり反対が強いと、欧州同様、日本でもISテロがでっち上げられる危険があります。

 

 現に、旧・米戦争屋に逆らっているフィリピンでは、案の定、ISテロが起きています(注7)。反米ドゥテルテ大統領はIS(旧・米戦争屋の敵役傀儡)テロリストに暗殺されるかもしれません。

 

 われら日本国民は、日本を乗っ取る旧・米戦争屋CIAネオコン(日本国民に対しステルス化している)の存在に気付くべきです。

 

注1:BBCニュース“ロンドン中心部で攻撃、死者7人に 英首相「もうこれ以上は」”201764

 

注2:本ブログNo.1686英国マンチェスター爆破事件はフェイク・テロだった?:米国戦争中毒勢力は、トランプを中途辞任に追い込み、EUや日韓も巻き込んでシリア・イラン戦争に突っ込むつもり』2017526

 

注3:日本や世界や宇宙の動向“ロンドンのテロ襲撃事件、これも偽旗!”201765

 

注4:You Tube“ジョン・マケイン イスラム国といつも連絡を取っている?”20141124

 

注5:本ブログNo.1048『日本国民は全員知れ!:安倍首相は、対日脅迫しているイスラム国と親しいマケイン米上院議員と人質事件の直前に会談している』2015123

 

注6:本ブログNo.1693『森友不正疑惑、加計不正疑惑、レイプもみ消し疑惑にまみれる安倍自民はネトウヨを大量繁殖させている:戦争プロパガンダに長ける悪徳・CIAの傀儡政党に堕しているとみんな気付け!』201763

 

注7:マスコミに載らない海外記事“フィリピンに着地したISIS”2017531 

以上は「新ベンチャー革命」より
既に安倍政権は自作自演のテロを起こしている可能性が高いように見えます。今後も十分注意が必要です。                               以上

« 暗黒政治に文化人学者が一斉蜂起 「安倍おろし」の大合唱 もう止まらない!(日刊ゲンダイ) | トップページ | 黒田日銀の「永久緩和」が引き起こす日本財政破綻、衝撃のデータ=東条雅彦 (2/6) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 暗黒政治に文化人学者が一斉蜂起 「安倍おろし」の大合唱 もう止まらない!(日刊ゲンダイ) | トップページ | 黒田日銀の「永久緩和」が引き起こす日本財政破綻、衝撃のデータ=東条雅彦 (2/6) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ