カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 国連特別報告者は安倍官邸の反論のインチキを完全暴露 リテラ | トップページ | ロシア人研究チーム がん細胞「キラー」作成 »

2017年6月17日 (土)

安倍晋三首相は、「余命3か月~6か月」と見て、「秋の衆院解散・総選挙、憲法改正案の賛否を問う国民投票」を画策している

安倍晋三首相は、「余命3か月~6か月」と見て、
「秋の衆院解散・総選挙、憲法改正案の賛否を
問う国民投票」を画策している

◆〔特別情報1〕
 「命は長くない」とドクターストップがかかっている「多臓器不全」
(潰瘍性大腸炎)の安倍晋三首相は6月安倍晋三首相の表情が
芳しくない。内閣不信任決議案が否決され、「共謀罪」法案が
立したにもかかわらず、である。それは、祖父・岸信介元首相が
やり残していた自主憲法制定は無理でも、「第9条1、2項をその
ままに、3項を付け加える」加憲を成し遂げ、憲政史上に名を残
すまでは「死んでも死ねない」と執念を燃やしているからである。
この「加憲案」だけなら、衆参両院の各議院が、「3分の2」以上
の賛成を得て、憲法改正発議ができる。このため、安倍晋三首相は、
「余命3か月~6か月」と見て、「秋の衆院解散・総選挙、憲法改正案
の賛否を問う国民投票」を画策しているという。これは、安倍晋三首相
にごく近い筋の情報である。
以上は「板垣英憲氏」ブログ
罰当たりの安倍には天罰が下るのです。悪人を総理大臣にすると始末に困ります。
誰も辞めさせることができないようになっています。法律の欠陥です。検討しなければだめです。最後は天の神様が良く見ているので天罰が下るのです。これは閣議決定しても効き目がありません。                                   以上

« 国連特別報告者は安倍官邸の反論のインチキを完全暴露 リテラ | トップページ | ロシア人研究チーム がん細胞「キラー」作成 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

[新重要情報]
地球の5倍の惑星ニビルが急速接近中で
2017.10月中旬に地球へ衝突する
邪悪で腐敗した金権奴隷支配文明の惑星:地球は粉砕されて消滅する
2017.5.22
  創造主らによって確認された決定として、地球のJHWH:ヤーウェから重大情報が伝えられた:
  そのお知らせによれば、急速に地球へ接近している地球の5倍大の惑星ニビルが、本2017.10月の中旬に地球の南極側へ衝突する。地球は粉砕されて消滅する。
  それを来たした原因は、明白である。創造主らは地球にも万事無償で与えたが、地球はトカゲ座のレプティリアン・ヒューマノイド(4次元の全身鱗に覆われた爬虫類型ヒューマノイド) の変身者らから成る全国家の支配層による邪悪で腐敗した金権奴隷支配体制の圧政下にあって、創造主らに反抗しているからである。
  レプティリアンの変身者らの惑星と彼らのボス:龍座ドラコニアン(5次元の有翼二足歩行動物トビトカゲで英国首都ロンドン市の公式紋章) の惑星は、2017.4.11に創造主らによって一掃された。
  さらに約2万の邪悪で腐敗した文明惑星が、宇宙秩序の正常化のため創造主らによって近く一掃されて、我々の宇宙から消滅する。
http://blog.livedoor.jp/tatsmaki    
筆者のMixiでも発表 参加OK:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1960784129&owner_id=65795442 2017.6.4
  日本では2017.10月ニビルの地球衝突記事が他にも発表されている:
http://gossip1.net/archives/1063600725.html 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/70877344

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晋三首相は、「余命3か月~6か月」と見て、「秋の衆院解散・総選挙、憲法改正案の賛否を問う国民投票」を画策している:

« 国連特別報告者は安倍官邸の反論のインチキを完全暴露 リテラ | トップページ | ロシア人研究チーム がん細胞「キラー」作成 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ