カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« ロシア人研究チーム がん細胞「キラー」作成 | トップページ | 東芝と日本郵政に共通する失敗は海外企業の買収,西室泰三という独裁的経営者の「本当の実力」 »

2017年6月18日 (日)

【悲報】天皇陛下の退位儀式、憲法違反の恐れで法制局が難色!現行法では退位制度が存在せず

【悲報】天皇陛下の退位儀式、憲法違反の恐れで法制局が難色!現行法では退位制度が存在せず


s_ice_screenshot_20170423-115407.jpeg

宮内庁は天皇陛下の退位時に儀式や行事を検討していますが、これについて法務局が難色を示していることが分かりました。

報道記事によると、現行では退位制度が無いため、退位の儀式も規定が無く、このまま実施すると違憲になる可能性があることから法務局側は拒否しているとのことです。
天皇の国政関与を禁じた憲法4条とも整合性が合わず、退位の儀式をする前に法律との照らし合わせが必要になると言えます。

問題が無ければ退位の儀式は2018年12月末頃になる見通しで、2019年1月1日から新元号と同時に新しい天皇が誕生となる予定です。


退位儀式、法制局が難色 「違憲の恐れ」 政府、形式検討へ
https://mainichi.jp/articles/20170423/ddm/003/040/057000c

 天皇陛下の退位に伴う儀式について、内閣法制局が、天皇の国政関与を禁じた憲法4条などとの整合性から実施に否定的な見解を示していることが分かった。宮内庁は江戸時代以前の儀式の先例を研究しているが、現憲法下で初の退位となるため、実施の有無や形式が議論になりそうだ。









関連記事
以上は「情報速報ドットコム」より
皇室典範の改正で行うのが正道です。邪道で行うのは将来に禍根を残すことになります。 安倍政権のやる気のなさが感じられます。           以上

« ロシア人研究チーム がん細胞「キラー」作成 | トップページ | 東芝と日本郵政に共通する失敗は海外企業の買収,西室泰三という独裁的経営者の「本当の実力」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/70356845

この記事へのトラックバック一覧です: 【悲報】天皇陛下の退位儀式、憲法違反の恐れで法制局が難色!現行法では退位制度が存在せず:

« ロシア人研究チーム がん細胞「キラー」作成 | トップページ | 東芝と日本郵政に共通する失敗は海外企業の買収,西室泰三という独裁的経営者の「本当の実力」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ