世界中の政府がユダヤ(シオニスト、共産主義ユダヤ)と繋がっているということが分かります。
親ロシアや親中国の人たちも単にユダヤ支配の欧米の政府を批判するのではなく、ロシアも中国もユダヤの傘下にあるということに気が付くべきです。
世界の出来事は腑に落ちないことだらけです。ロシア+中国 対 欧米の構図は単に私たち大衆を騙して操るためのものです。世界の出来事の全てが悪魔崇拝ユダヤ集団(ハザール、シオニスト、共産主義、カバラ)につながっています。
そして特に大国の政治リーダーは彼らのパペットとして動いています。

http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2017/04/why-is-russia-silent-when-israel-bombs-syria-2466262.html
(概要)
4月23日付け
イスラエルがシリアを攻撃していることに関してロシアが沈黙を守ってるわけとは。。。

イスラエルによるシリアへのテロ攻撃に対してロシアは(驚くべきことに)何の反応も示していません。どうしてロシアはイスラエルの振舞いを見て見ぬふりをしているのでしょうか。
シリアでは2年前にロシアの軍事介入が始まりました。そしてシオニスト支配のイスラエルはシリアの様々な軍事施設を30回以上にわたり攻撃してきました。その中にはロシアの防空システムのある施設も含まれていました。しかしロシアはイスラエルに対して何の反応も示さず報復もしませんでした。ロシアはイスラエルの振舞いをただ黙認しているだけなのです。

ロシアがこのような態度をとるのは非常に不可解です。これがソ連時代に起きたならと思ってしまいます。


ベテランス・トゥデーのウェブサイトに驚くべき記事(URGENT: Russia Silent as Israel Bombs Syria)が掲載されていました。
記事では、イスラエル空軍がQuneitra Governorateのシリアアラブ軍を攻撃したことことが伝えられています。

イスラエル空軍はアンテナ付きの無人車両でシリア政府軍を攻撃しました。その結果、シリアアラブ軍の第90歩兵旅団の兵士らが砲火を浴びました。また、イスラエル空軍はQuneitra GovernorateのKhan Arnabeh地域のシリア政府軍をミサイル攻撃しました。Ein Ayshaa村の東部も攻撃していました。


シリア政府軍がアルカイダからの攻撃に反撃中にイスラエル空軍は彼らに向けてミサイルを2発発射しました。

イスラエルのミサイルはシリアアラブ軍の戦車を破壊するなど、シリアアラブ軍の軍装備品が大量に破壊されてしまいました。


イスラエルが占領するゴラン高原に活動拠点のあるアルカイダのテロリスト集団がMadinat al-Ba’ath.の戦線を強化する目的でQuneitraに潜伏しているという噂があります。


シリアに潜伏しているアルカイダテロリスト集団

イスラエルはシリアのアルカイダを軍事支援するためにシリアでミサイル攻撃を行っているのです。イスラエルのドローンがQuneitraの上空を飛行しているのが確認されています。ここでも、アルカイダはイスラエルの協力によりドローンで偵察しながら情報を収集しているのです。

今では、テロリスト国家のイスラエルはアルカイダを支援していることを隠そうとしません。そしてそのことに対してロシアは沈黙を守っています。なぜロシアはそのような態度なのでしょうか。


そのことを解明するには、Nizar Abd al-Qader 陸軍准将がレバノンのAl-Jumhuriyah紙のインタビューで語った言葉を思い出すべきです。

「ロシアには非常に強力なユダヤ系ロビー団体が存在しており、彼らはロシア政府に大きな影響を与えている。そのためロシアの政治家たちは自分たちの歴史上の祖国とは喧嘩をしたくないのだ。」と。

以上は「日本や世界や宇宙の動向」より

この情報が事実なら不思議なことです。トランプ氏と同じくプーチン氏も暗殺の危機にあるのかも知れません。                               以上