カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 【驚愕】加計学園の加計孝太郎氏、自民党岡山県支部の代表者だった!事務所の場所も加計! | トップページ | 所変われば品変わる »

2017年6月25日 (日)

月面着陸を目指す中国

月面着陸を目指す中国

天舟一号
宇宙貨物船「天舟一号」

中国の宇宙貨物船「天舟一号」が、宇宙実験ステーション「天宮二号」とのドッキングに成功した。

さらに中国では今年中に月面探査機の「嫦娥五号」を打ち上げる予定で、月面からの土壌を持ち帰るサンプルリターンを実施する。

中国は月面への有人探査を十年以内に実現する可能性を模索しており、米国のアポロ計画以来の有人月面着陸を目指す。

中国は着々と宇宙開発に取り組んで技術とデータを蓄積しており、これまで米露により主導されてきた宇宙開発で急速に発展を遂げている。

習近平の掲げるチャイナ・ドリームには、月面に中国の国旗をたなびかせることも含まれそうだ。

飯山事務所も中国でのグルンバ乳酸菌農業でチャイナ・ドリームを実現するため、急速な発展を遂げる中国で着々と計画を実行する。


野崎晃市(42)

 
以上は「文殊菩薩」より
中国の宇宙開発は着実に進展しています。まず月着陸次に火星着陸の計画です。               以上   

« 【驚愕】加計学園の加計孝太郎氏、自民党岡山県支部の代表者だった!事務所の場所も加計! | トップページ | 所変われば品変わる »

宇宙開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月面着陸を目指す中国:

« 【驚愕】加計学園の加計孝太郎氏、自民党岡山県支部の代表者だった!事務所の場所も加計! | トップページ | 所変われば品変わる »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ