カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 安倍晋三首相に「面従腹背」者が増殖している自民党内では、「安倍降し」の「クーデタ計画」が着々と進行中だ | トップページ | 【悲報】「マジで世界滅亡2分前」世界中の有名科学者が“人類滅亡寸前”を指摘! 21世紀で終了の確率は50%! (3/3) »

2017年7月11日 (火)

安倍自民党の都議選大敗の最大の原因は、安倍氏の一言“こんな人たち”だった?:帰国後、速やかに自民党総裁を辞任するしかないか

安倍自民党の都議選大敗の最大の原因は、安倍氏の一言“こんな人たち”だった?:帰国後、速やかに自民党総裁を辞任するしかないか

 

1.都議選での安倍自民最大の敗因は、安倍氏の“こんな人たち”呼ばわりだった

 

 201779日のフジテレビの朝の報道番組にて、今回行われた都議選で自民党が惨敗した最大の原因は安倍氏の秋葉原での街頭演説にありそうだというビッグデータ分析調査結果を紹介していました。安倍氏は投票日前日、秋葉原で街頭演説を決行しましたが、あまりのヤジに激昂した安倍氏はつい、ヤジ群衆を指さして“こんな人たちには負けない!”と言ってしまったのです。ところが、この一言が、都民の怒りを爆発させ、それがストレートに投票結果に出たということです。

 

 安倍氏の上記の一言に関して、本ブログですでに取り上げています(注1)

 

 安倍氏は都議選で自民候補の応援演説をやったつもりが、結果的には、都議選における歴史的な自民大敗をもたらしたことが明白になりました。

 

こうして、安倍氏はついに、おのれの正体を都民に露呈してしまったのです。こうなった以上、安倍氏の信頼が回復することはもう絶望的です。

 

 前々から予想されていたように、安倍氏は一回目の首相を辞めるときと同様、2回目の首相を辞めるときも、これ以上ないほど惨めな辞め方をしそうでしたが、やはりそうなりそうです。

 

2.安倍氏が“こんな人たち”と口走ったことがなぜ、自民大敗につながったのか、本人には理解できないのではないか

 

 安倍氏は民主主義からほど遠い人物であり、民主主義を理解できていないし、また民主主義を理解する気もない人間と前々から、本ブログでは観ていました。

 

 このような人物を民主主義国・日本の首相に自民党員が選んでしまったことに、すべての間違いの大元があります。そして、そのことが、都議選を通じて、国民の眼前に露呈したということです。

 

 これでは、自民党は安倍氏を党首にしている限り、国民からの自民支持は絶対に増えないはずです。そのことを、多くの自民議員は悟ったでしょう。

 

3.安倍氏は民主主義が理解できず、縁故主義に依存したことが、取り返しのつかない大失言をもたらした:まさに自業自得そのもの

 

 本ブログでは、安倍氏は、民主主義者ではなく縁故主義者とみなしています(注2)

 

 上記、安倍氏の歴史に残る失言“こんな人たち”が飛び出した原因は、安倍氏が民主主義者ではないからです。

 

 安倍氏は国民に主権があるという日本国憲法を理解できていないのです。だから、国民を見下す発言(本音)が飛び出したということです。

 

 ところが、安倍氏は現在の日本国憲法を理解していないにもかかわらず、厚かましくも憲法改正を急いでいますが、とんでもないことです。

 

4.安倍氏はなぜ自分が、国民から顰蹙(ひんしゅく)を買っているのか、わからないのではないか

 

 安倍氏は今や、多くの国民から支持されないどころか、もう毛嫌いされていると思われますが、本人はそれがなぜか、まったくわからないのではないでしょうか。縁故主義者の安倍氏は取り巻きを太鼓持ちだけで固めていますから、すでに裸の王様なのです。

 

 したがって、安倍氏はG20から帰国後、自民党内で議員から白い目でみられるでしょうが、なぜ、そのように見られるのか理解できないため、自分から、自民総裁を辞任しようとは思わないのではないでしょうか、もしそうなら、もう救いがたいわけです。

 

5.国民が安倍氏にドン引きしているもうひとつの原因は、時代錯誤の森友軍国小学校を安倍夫妻が支援していた事実

 

 加計学園疑惑の陰で、今はもう目立たないですが、実は、森友軍国小学校事件が全国の国民に与えたショックは計り知れないほど大きいと思われます。

 

 この時代錯誤小学校の存在を知って、筆者個人も仰天しましたが、民主主義国・日本で、時代錯誤の森友軍国小学校がマジで計画されていて、安倍夫妻がそれを支援していたと言う驚愕の事実は、全国の国民に大きなショックを与えたでしょう。

 

 安倍夫妻は必死で同小学校への関与を否定していますが、森友小学校の開校を応援していたのは明らかです。

 

 多くの国民は、いまどき、こんな時代錯誤の小学校が開校するとは、大ショックでしょう。

 

 この森友学園事件は、安倍氏の正体、そして、安倍氏の背後で暗躍している日本会議の正体を露呈させました。このことも、国民が安倍氏にドン引きしている原因でしょう。

 

 いずれにしても、安倍氏は内閣改造で、自分を棚に上げて閣僚のクビを挿げ替えただけでは、国民のいら立ちがなお一層、つのるだけです。

 

 とにかく、帰国後、すぐに自民党本部に辞表を出すべきでしょう。

 

注1:本ブログNo.1722森友・加計事件で未だにシラを切り続ける安倍氏への怒りを押さえきれなくなった国民を“こんな人たち”呼ばわりした同氏はもう首相失格!』201774

 

注2:本ブログNo.1726佐川理財局長の国税庁長官抜擢という情実人事で、安倍氏が民主主義者の真逆である縁故主義者であることが証明された:国民はそれでもなお、安倍自民党を支持する気か』201778

以上は「新ベンチャー革命」より
安倍氏は自覚が無いのです。原因が自分自身にあることを理解できないのです。すでにガンが腦に入り込んで判断を狂わせているものと思われます。一刻も早く辞任させるべきです。すでに正気ではないように見えます。何を命令するかわかりません。大変危険な状況です。                                        以上

« 安倍晋三首相に「面従腹背」者が増殖している自民党内では、「安倍降し」の「クーデタ計画」が着々と進行中だ | トップページ | 【悲報】「マジで世界滅亡2分前」世界中の有名科学者が“人類滅亡寸前”を指摘! 21世紀で終了の確率は50%! (3/3) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/71103227

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍自民党の都議選大敗の最大の原因は、安倍氏の一言“こんな人たち”だった?:帰国後、速やかに自民党総裁を辞任するしかないか:

« 安倍晋三首相に「面従腹背」者が増殖している自民党内では、「安倍降し」の「クーデタ計画」が着々と進行中だ | トップページ | 【悲報】「マジで世界滅亡2分前」世界中の有名科学者が“人類滅亡寸前”を指摘! 21世紀で終了の確率は50%! (3/3) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ