カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 「狂暴宰相」安倍晋三首相は、政府自民党内で「安倍晋三首相を入院させるべきだ」という意見が出始めている | トップページ | なぜ「タダ同然」で食べられるのか? 日本の未来を救う2つの定食屋(1/5) »

2017年7月18日 (火)

HAARPモニター観察:CMEの影響で久しぶりに500nTの強い地震電磁波到来!要注意!   

HAARPモニター観察:CMEの影響で久しぶりに500nTの強い地震電磁波到来!要注意!                      

                    みなさん、こんにちは。
ここ数日の大陽からのCMEが到来したということをメモしたが、地球は太陽風の被爆をした後、それに見事に応答し、天変地異を起こす。
この可能性を私はずっと探って来たわけだが、これを証明するように、今日久しぶりに500nTの地震電磁波が出たようである。以下ものものである。

カナダモニター群

a0348309_21310390.png

NOAAのデータ地磁気揺らぎ

a0348309_21312561.gif

電子線

a0348309_21314420.gif

X線

a0348309_21321392.gif
a0348309_21323176.gif

陽子線

a0348309_21325622.gif
さて、500nTというと、M6~M7相当の地震に対応する地震で自派であるから、どのあたりに来る地震かを知りたい。

そこで、方向を見るためにアラスカ大学のデータを見てみるとこんな感じである。

アラスカ大学モニター群

a0348309_21331662.png
a0348309_21332113.png
このデータでは、z方向の揺らぎが地震電磁波に対応する。

これを見る限り、ほぼどの地点も同じ大きさであることから、これらのモニターの配置に垂直の方向から来た地震電磁波だと推測される。

というわけで、これから日本の方向も含まれていることが分かる。

この夏場の暑い時、祭りの時に、どこかに地震が来るという可能性もある。

要注意かもしれない。備えあれば憂いなし。



いやはや、世も末ですナ。


以上は「井口和基氏ブログ」より
地震の発生場所が日本と決まった訳ではありませんが、可能性がありますので要注意といったところです。                                   以上

« 「狂暴宰相」安倍晋三首相は、政府自民党内で「安倍晋三首相を入院させるべきだ」という意見が出始めている | トップページ | なぜ「タダ同然」で食べられるのか? 日本の未来を救う2つの定食屋(1/5) »

「地球大異変」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/71167206

この記事へのトラックバック一覧です: HAARPモニター観察:CMEの影響で久しぶりに500nTの強い地震電磁波到来!要注意!    :

« 「狂暴宰相」安倍晋三首相は、政府自民党内で「安倍晋三首相を入院させるべきだ」という意見が出始めている | トップページ | なぜ「タダ同然」で食べられるのか? 日本の未来を救う2つの定食屋(1/5) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ