あるジャーナリストがリークした情報によると、
二ビルが実際に世界中の人々に目視される前にインターネットが遮断されるそうです。
現在、拡散されている二ビルの情報の殆どがねつ造だそうです。もちろん真実の情報も中にはあるのでしょうけど。。。実際のところ、二ビルが今地球からどの距離にあるのかは分かりません。
二ビルの存在を最も知られたくないと考えているのはイルミの世界のリーダーたちであり、特にオバマだそうです。
二ビルはイルミの支配者?のアヌンナキの本拠地だと言われていますが、アヌンナキが地球に戻ってきて再び地球を直接支配するのでしょうか?
二ビルの最接近が現実に起きたなら地球はどのような影響を受けるのでしょうか。
本当に二ビルが最接近するのかも分かりませんが、実際に最接近して地球に大災害をもたらしても、私たちにはどうにもなりませんから別に怖くもなんともありません。
ネット上の情報がねつ造だとするなら、二ビルの話も本当かどうかも分からなくなってしまいます。単なるホログラムで二ビルの最接近を演出し世界中の人々を恐怖におののかせる算段かもしれませんし。。。彼らは騙すのが得意ですから。それにしてもインターネットが遮断されると困りますねえ。。。

http://beforeitsnews.com/blogging-citizen-journalism/2017/06/internet-shutdown-will-precede-nibiru-arrival-2568158.html
(概要)
6月3日付け

二ビルの最接近直前にインターネットが遮断されます。
最近は、二ビルニュースで、二ビルに関する緊迫したニュースが報道されています。

どの情報を信用してよいのかを人々は決めなければなりません。

nephilim annunaki giants Car Tuning

However, given track record of NASA [Never a Straight Answer] sometimes people such as Michael have more credibility. Internet Shutdown will Precede Nibiru Arrival from

ソ連時代に北米に亡命した数学者でありコンピュータ科学者のDr.レンジアックによると、二ビルが地球に最接近する直前にインターネットが遮断されます。Dr.レンジアックが最初に二ビルの存在を知ったのはソ連崩壊前後で宇宙機関に務めていたころです。

Dr.レンジアックによると:

オバマがメルケルの協力を得て作成した10ページの秘密資料(タイトル:二ビルが地上から目視される前にインターネットを遮断させる悪質なアジェンダ)がジャーナリストによってリークされ、ロシア政府に手渡されました。手書き分析者によれば、資料に署名したのはオバマとメルケルだということが判明しました。

 

資料によれば、アメリカ、ドイツ、イスラエル、フランスを含む西側大国は、二ビルについての(真実の)情報が拡散されるのを妨害するために、秘密裡に闇の組織を創設しました。そして二ビルが世界中の人々によって目視される直前にインターネットを遮断させようとしています。

西側大国のリーダーが誰になろうとも、その時がくれば、どのリーダーも直ちにインターネットを遮断させる命令を下します。これはトランプであっても変わりありません。これらの邪悪なエリートは、世界中の人々が二ビルの存在を知る前にインターネットを遮断させます。

どの方法とは:

アメリカとイギリスの潜水艦は海底の光ファイバーケーブルを切断し大陸横断通信を遮断します。その間、別の組織が世界中のインターネット・エクスチェンジ・ポイントと基幹回線を遮断します。

同時に公的にアクセス可能な通信サテライトも遮断されます。この計画がうまくいかなければ、世界の戦略上の地点の上空からEMP攻撃を行います。

この計画を止めさせるのは非常に難しい状況です。彼らは邪悪なエージェントを世界各地に配備させています。オバマの触覚が地球の深部にまで伸びています。オバマは世界中の人々に二ビルの存在を知られるのが嫌なのです。

政府の役人がこの計画を妨害しようとすれば悲惨な結末が待っています。

必要に応じて戒厳令が発令されるでしょう。

なぜ彼らが今すぐインターネットを遮断せずに二ビルが地球に最接近するまで待っているかというと、現在、(インターネット上で)報道されている二ビルに関する情報はねつ造であることを彼らは知っているからです。つまり、彼らこそが二ビルに関するねつ造情報を拡散させている黒幕なのです。

人々は情報が氾濫する中で何を信じてよいのか分からなくなっています。

世界中の人々が上空で二ビルを目視できるようになれば彼らは本当のことを知ってしまいます。そのため、そうなる直前にインターネットを遮断します。人々がねつ造情報を目にしている間は良いのです。しかし人々が本当の情報を知ることは彼らにとって以上に都合が悪く、その寸前に彼らはそれを阻止します。

10年以上前から、将来的にインターネットが遮断されるという噂が陰謀論として拡散されてきました。

最近、アメリカではインターネットが度々使えなくなっています。人々は、これが偶発的な事故なのかそれとも政府による実験(インターネットが遮断された場合に人々がどのように反応するかを見る実験)なのかを見極めなければなりません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

二ビル・ニュースによれば、トランプ政権が最近ICBMの発射実験を行った理由は北朝鮮対策ではなく二ビルの最接近及び悪名高いアンヌンナキの再来に対応するためだと伝えています。トランプは彼が使うであろうミサイルの発射実験を行っているのです。