カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 「小沢一郎代表を師と仰ぐ」細野豪志元環境相が、民進党を離党、新党「国民ファーストの会」結党に参加する | トップページ | ◆ 危機の民主主義 (その3/3) ◆ »

2017年8月13日 (日)

アメリカ政界の怪物・キッシンジャーが語った「日本観」と「中国観」(4/4)

アメリカ政界の怪物・キッシンジャーが語った「日本観」と「中国観」

          

日本の行くべき道

というわけで、キッシンジャーの「日本観」を見てきました。彼の発言には一貫性があります。彼は、「大平洋共同体」「G2」「新型大国関係」を提唱し、「米中による世界支配実現」にむけて、活動をつづけています。そんな男が、トランプの顧問である。現状、安倍総理とトランプさんは良好な関係にあります。

しかし、決して油断することなく、日米関係がより強固であるよう、働きかけをつづけなければならない。中国が2012年11月に出した「反日統一共同戦線戦略」にも、はっきりと「反日統一戦線」に「アメリカを引き入れる」とある(絶対証拠「反日統一共同戦線を呼びかける中国」)。

中国の対日戦略の柱は、46年前も今も、「日米分断」にある。そうであるなら、日本は、「日米関係をますます強固にしていくこと」を最優先課題にすべきです。

これは、「属国根性」とか、「なさけないアメリカ追随主義」とは根本的に違います。「何が起こっているか」知った上で、「自分」で道を選んでいるのですから

image by: Shutterstock

 

『ロシア政治経済ジャーナル』

著者/北野幸伯記事一覧メルマガ

日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2005年・2008年ニュース・情報源部門一位の実力!

  • この著者の最新記事をメールでお届け

  • 規約に同意して

印刷する

« 「小沢一郎代表を師と仰ぐ」細野豪志元環境相が、民進党を離党、新党「国民ファーストの会」結党に参加する | トップページ | ◆ 危機の民主主義 (その3/3) ◆ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/70809353

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ政界の怪物・キッシンジャーが語った「日本観」と「中国観」(4/4):

« 「小沢一郎代表を師と仰ぐ」細野豪志元環境相が、民進党を離党、新党「国民ファーストの会」結党に参加する | トップページ | ◆ 危機の民主主義 (その3/3) ◆ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ