geneumiのブログさんのサイトより
http://ameblo.jp/geneumi/entry-12291953631.html
<転載開始>

オモテナシは日本の伝統文化?

 

当ブログ管理者にはピンとこない。

普通の感覚として、誰であっても訪問者に礼儀正しく接するのは当たり前ではないのか?

 

今は亡きカダフィー大佐のリビアはベドウィン族の国。

地球でも最も過酷な砂漠の民は来訪者をでき得る限りもてなす。

 

 

それは別の見方をすると、この人物は客体か、それとも主体かを見極めるためである。

マトモな神経を持った人間(主体)は、過度な接待は受けない。

まして、水が金より貴重なベドウィン族の子どもが飲む水まで奪いはしない。

しかし、成り行き上、接待を断れないなら、それに見合う置き土産を用意する。

彼らが何を欲しがるかを慎重に見極め、早々に旅立ちの日取りを告げ、惜しげもなく彼らの欲するものを渡す。

それは彼の持ち物の中で一番か二番目に貴重なモノ。

高価なナイフだったり、カメラだったり、あるいはもっと別のモノだったりするが、重要なのはバランスである。

ベドウィンは誇り高い民族である。

誇り高いは、主体意識の強さ顕われ。

相手の主体意識に見合う主体意識を返さないとバランスは釣り合わない。

 

主体が主体を接待するのは儀礼。

しかし、相手が客体(主体性が希薄な礼儀をわきまえぬ人物)なら、接待に費やした分を奪い取る。

砂漠の真ん中で身ぐるみ剥がす。

 

これを以て、ベドウィンを泥棒民族と揶揄する向きもあるが、それは違う。

厳しい自然環境を生き抜き、子孫を残すのは普通にして相当困難。

そんな場所に“お客さん”がノコノコ現れれば、身ぐるみ剥がされても文句は言えない。

 

 

以前、フィリピンでよく目にした光景がある。

日本人の買い物トラブル。

 

フィリピンのデパート店員は実に素っ気ない。

 

日本では、店側は実に丁寧な接客をする。

お客様は神さまだから?

 

買っていただいてありがとうございます。

何度も礼を言い、不行き届きがないように神経ピリピリ。

フィリピンは違う。

 

あなたが欲しいから買ったんでしょ。

一店員に過ぎない私はそれをレジに打ち込んで包装して手渡すのが仕事。

それ以上のサービスをする理由がない。

だから、お礼は言わない。

 

すると日本人の(特に高齢層)はムッとした顔になる。

買ってやったのにありがとうも言わない、と、怒りだすヒトもいる。

 

店員はめげない。

納得がいかない場合は平然と反論する。

客が上で、店員が下だとは露程も思っていない。

 

もちろん、こちらが普通の対応なら笑顔で応えてくれる。

それは一対一の反応であって、愛想の善し悪しはサービスとは違う。

こちらが明るければ、むしろ日本の店員より余程フレンドリーである。

 

これは、主体意識か客体意識かの違い。

 

日本のお客さんは筋金入りの客体意識で買い物をする。

日本ならまだしも、外国では通用しない。

それでも、日本人の特性を見抜いてあえて客体意識に合わせてくれる国もある。

裏返せば足下を見透かされている。

 

日本人は、未熟児のような希薄な主体性しか持ち合わせていない、体格だけが大人の子どもなのか?

 

いやいや、そこに一つのヒントがある。

フィリピンで一番嫌われている国民はコリアン。

理由は簡単、威張る、乱暴、卑怯、ケチ。

まるで安倍政権・・・。w

 

客が偉いと思っている日本人の大人だけ、相当特殊な生き物。

 

この手合いは日本でもレストランなどで延々苦情を言い、チーフが謝り、店長が謝ってもまだ、グジュグジュ文句を言う。

だいたい、上から目線が板についたジイイ、ババア。

 

コイツ、油ダポチだな・・・。

 

その立ち振る舞い、出で立ち、容姿などを総合するまでもなく見当がつく。

こんな連中が寄り集まって、まさか本気で東京オリンピックをやるだろうか?

 

ま、早い話、このような特殊な客体生命体は8割以上の確率で朝鮮半島系である。

なぜなら、オモテナシなんてことをわざわざ言うのはアッチ系だから。

アッチ系だからやたらと日の丸を振り回す。

 

何で日本の偽総理の街頭演説で、ヨッ!身売り新聞が日の丸の小旗を配布するのか?

その場に居合わせただけの人にまで小旗を渡して何の同調圧力?

 

日本人なら日の丸の小旗を振ることが首相を支持することにつながるなんて発想は何処にも無い。

これは明らかな代理支配の小道具。

実に気持ち悪い。

 

しかし、世の中は噓も百万遍。

圧倒的情報の洪水でいつの間にか違和感を覚えなくなることもある。

 

度を超したクレーマー。

上から目線。

忖度を求めるおバカ。

嘘つき、ヒトデナシ、スガ話法。

こんな悪癖が板についたら人間オシマイ。

コレらは全て特殊な客体(主体意識)欠如生命体。

 

そのくせ、権威にはカラッキシ弱い。

お上の言うことには逆らわない。

あえて金魚の糞になって、数の多そうな方へなびいて生きている。

 

奴隷植民地に多く見られる人間の特徴

 

お客様は神さまは見せかけの上っ面。

お客様イコールかもネギ。

如何様にも支配できる便利な納税マシン、引き出し自由の歩く貯金箱である限り、大事にされたフリのこけおどし。

 

日本民族は維新から150年、敗戦から72年。

ずっと騙され続けて生きてきた。

そして、主体意識を徐々に骨抜きにされ、ジミンを始めとする朝鮮代理勢力の便利なATMとして飼われてきた。

 

では、どうすれば良いのか?

 

簡単である。

 

お客さん返上する。

 

・・・

Mind of the Earth Batangas

【NGO : マインドオブデァース・バタンガス】

https://goo.gl/photos/jdqpimnqk8ssQmkC7

【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】

http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

ドネーション受付ページへ

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfZ_fIYUaBmOxamKTI-xW-8OE3TQiU8gIpW1JBQVV1PwxsqNw/viewform

電子を放出/世界初!空間還元型空気清浄機。

【e-bless】

http://www.sanrix.jp/ebless/index.html




<転載終了>