カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 麻生太郎副総理が、政権簒奪を策動中、小沢一郎代表は、政党連合「オリーブの木」で政権奪取を図る政界「夏の陣」 | トップページ | ヴァン・クライバーン:アメリカで最も偉大な外交官 »

2017年8月 2日 (水)

”危険な賭け”に出たことで「詰将棋」に陥った安倍首相(郷原信郎が斬る)

”危険な賭け”に出たことで「詰将棋」に陥った安倍首相(郷原信郎が斬る)
http://www.asyura2.com/17/senkyo229/msg/639.html

投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 7 月 26 日 00:01:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU 

 
 
 

”危険な賭け”に出たことで「詰将棋」に陥った安倍首相
2017年7月25日 郷原信郎が斬る

安倍晋三首相は、昨日(7月24日)の衆議院予算委員会での閉会中審査で、加計学園の特区への申請を知った時期について質問され、「1月20日に申請が正式決定した時点」と明言した。「腹心の友」の関係にある加計孝太郎氏と、頻繁に、ゴルフ、会食などを繰り返していた安倍首相が、加計学園が今治市の特区で獣医学部新設の申請をしていることを、最終的に加計学園が事業者に決定された今年の1月20日まで知らなかったというのは、常識では考えられないことであり、昨日の国会での安倍首相の答弁の中で特に注目されている。

昨年10月以降、獣医学部新設を認める条件として、「広域的に獣医学部が存在しない」「平成30年4月設置」などが設定され、「加計ありき」であった強い疑念が生じていることを受け、それらが安倍首相自身の「加計学園への有利な取り計らい」であったことを否定することが目的なのであろう。

なぜなら、昨年9月9日の国家戦略特区諮問会議の時点で、安倍首相が、加計学園の特区申請を認識していたとすると、そこでの議長の安倍首相の指示が、加計学園の獣医学部新設に便宜を図ったものであることを、事実上認めざるを得なくなるからだ。

7月8日の【激論!クロスファイア】で高橋洋一氏の「挙証責任」「議論終了」論をめぐって議論した際にも、昨年9月9日の諮問会議での安倍首相の指示のことを指摘した。(【加計問題での”防衛線”「挙証責任」「議論終了」論の崩壊】)

民間議員を代表して八田達夫氏が

獣医学部の新設は、人畜共通の病気が問題になっていることから見て極めて重要ですが、岩盤が立ちはだかっています。

と発言したことを受けて、安倍首相は、会議の最後に

本日提案いただいた「残された岩盤規制」や、特区での成果の「全国展開」についても、実現に向けた検討を、これまで以上に加速的・集中的にお願いしたい。

と発言している。そして、それを受けて、獣医学部新設の問題を本格的に議論するために開かれた9月16日のWGの冒頭で、藤原豊次長(内閣府地方創生推進事務局審議官)が、

先週金曜日に国家戦略特区の諮問会議が行われまして、まさに八田議員から民間議員ペーパーを御説明いただきましたが、その中で重点的に議論していく項目の1つとしてこの課題が挙がり、総理からもそういった提案課題について検討を深めようというお話もいただいております。

と発言している。つまり、実質的にこの日のWGから始まっている獣医学部新設に関する議論は、「9月9日の諮問会議での安倍首相の指示」によるものであることを、藤原氏が明言しているのである。

この時点で、安倍首相が、加計学園が特区申請をしていることを認識していたとすれば、その指示によって加計学園に便宜を図ったことが否定できなくなる。

「広域的に獣医学部が存在しない」「平成30年4月設置」などの条件については、担当大臣の山本幸三氏が、「安倍首相の指示・意向は一切なく、自分が決定した」と言い続け、徹底して安倍首相を守り抜く姿勢をとり続けている。そういう意味では、一応、ディフェンスが存在している。しかし、9月9日諮問会議での安倍首相発言と、それを受けての9月16日のWGでの藤原氏の発言は、八田氏などが強調する「議事録などに残された透明なプロセス」の中でのことなので、ディフェンスのしようがないのである。

安倍首相側では、昨日の閉会中審査に出席するに当たって、どのような答弁をするかを十分に検討したはずだが、そこで「9月9日諮問会議での安倍首相指示」のことが意識されたのかもしれない。

しかし、常識的に考えても、構造改革特区で何度も獣医学部新設の申請をしていることを知っていたのに、それを国家戦略特区では申請していたことを知らなかったということは考えられない。

しかも、安倍首相は、加計氏と、新たな学部への「挑戦」の話をしたことは認めているのであり、「その学部は何か」ということを親しい間柄で、話さないということは考えられない。安倍首相は「相談も依頼も受けたことはない」としきりに強調しているが、ここで問題となっているのは、加計学園が今治市で獣医学部を新設しようとしていることを認識していたか否かなのである。

国会で、そのような常識では考えられない内容の答弁をしたことは、安倍首相にとって「危険な賭け」だったと言わざるを得ない。

私個人としては、規制緩和における「挙証責任」論や国家戦略特区の在り方に関する議論が取り上げられることを期待していただけに、若干残念であるが、安倍首相側が、防衛線を敢えて「1月20日」に設定した以上、そこが当面の最大の攻防の焦点になることは避けがたいであろう。

今日の参議院での閉会中審査では、この点は野党側からの追及のポイントになるであろうし、仮に、それを耐えしのいだとしても、その不合理性は明らかであって、どう考えても、「加計学園の特区申請は今年1月20日に知った」という話が維持できるとは考えられない。

安倍首相にとって将棋の盤面は、「詰将棋」の状況に入ったと言わざるを得ないだろう。

   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

   

   
コメント
 
1.  2017年7月26日 00:18:18 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-4967]
ブログなどに日々出される主張に首尾一貫性がなくそれを誤魔化すために各種のメディアやジャーナリストなどの権威を利用して隠れ蓑にしようとする。これはネット上で見られる安倍支持者の特徴の一つ。そんな姿勢が思わぬ墓穴を掘った。そんな感じだろうか?

    
2.  2017年7月26日 00:21:26 : dsJlAC5fB2 : 06Jn1X3ZKX4[9]
安倍首相はもう詰んでいる。それが簡単に実現しないのは日本社会の構造・システムに問題があるからだ。

本来2月の時点で森友学園の件で自分も妻も係わっているから辞任するのであればその時点で辞任すべき人。


    
3.  2017年7月26日 01:31:02 : 45AN6qlAns : W09GlytxhJM[41]
国会でいくら摘んでも手錠を持ったやつが動かなきゃ摘んだだけだ。

    
4.  2017年7月26日 07:27:26 : JpFt1oZDBL : uk06wo3NxXo[1]
安倍を降ろせない自民を日本から退場させよう。
自浄能力の無い政党を生き続けさせれば安倍亜種を絶滅出来ない。
ましてや麻生・珍次郎なぞもっての外。


    
5.    佐助[4588] jbKPlQ 2017年7月26日 07:38:45 : EVzIwvQv6Q : ni_duSqx@WI[48]
郷原さんよ

安倍総理は加計ドロボー詐欺師からゴルフ接待や食事をしたと白状しているではないか,

「贈収賄罪」だろう・・・・・地検は犯罪者を放置してどうする気だ。


    
6.  2017年7月26日 08:08:53 : yNywFulJFU : LHeMEY@jnTQ[282]
実戦の将棋での私の体験ですが、アマ同士の対局で、制限時間が無い将棋の場合、どんなに逃げてもあと一手で詰む局面で、特別負けず嫌いの相手が投了どころか何時間経つても指さず、夜半過ぎ帰宅せねばならぬ私が「負けました」と逆に投了しやつと解放されて、帰宅できたことがあります。加計学園疑惑問題への今の安倍総理の「知らぬ存ぜぬ」戦法はそれに似ています。フエアでない戦法ですが、裏街道戦法としてアマ将棋対局でも稀にあります。

    
7.  2017年7月26日 08:15:52 : u3ndRMPYbk : MNXPdRHySko[36]

検察・特捜の取り調べ的な委員会と言うことか。

・「1月20日になって始めて加計申請を知ったのか?」 

 「それ以前に知っているという傍証があるんだよ。後は本人が白状するだけだ!」

まあ贈収賄罪で起訴すれば「白状」が無くても立証されるだろうが。


    
8.    安倍を辞めさせる会[887] iMCUe4LwjquC34KzgrmC6Ynv 2017年7月26日 08:56:57 : FAt0kYWxVo : ylcjRTfmBXc[847]
大体国家戦略特区の議長という立場にいながら今治市の申請は知っていたが事業主体まではしらなかったという言い訳はよっぽど世間知らずか普段から何もかんがえてこなかったものは信ずるかもしれないが、普通の国民は信じない。それとも安倍さんは報告受けてもそれに関する事柄を知ろうとしないのかな。大臣の何人かは知っていたどころか加計孝太郎と面談している報道もある。閣議でなにを話をし、お互いの情報交換をしないのかな。

    
9.    スポンのポン[7339] g1iDfIOTgsyDfIOT 2017年7月26日 09:23:16 : 7mDO08KPr6 : 6QO36WGfJe4[1]
 
 
 
■知るも知らないもない。

 最初から加計のための「お友達特区」。
 
 
 


    
10.    スポンのポン[7340] g1iDfIOTgsyDfIOT 2017年7月26日 09:29:37 : 7mDO08KPr6 : 6QO36WGfJe4[2]
 
 
 
■加計が三人の大臣と面会できたのも
 安倍の指示があったから。
 そうでなければ会えるはずがない。
 
 
 

    
11.  2017年7月26日 09:49:39 : UxlElC34EQ : iVSAcw2qWi0[12]
25日のひるおびで、八代弁護士が、民進党大串氏が、加計の申請を知ったのは何時かと安倍に聞いたことが致命的だと言っていた。要するに安陪が、申請という形式的手続きとして「加計が申請したことは1月20日に知った」と応えたことを正当化した。まさに「法匪」という他はない。

    
12.  2017年7月26日 10:40:30 : Npi2lGQRVk : sicX05lOB0s[31]

11

tbsはなんで八代をいつまでも使うの?

なんか握られてるのかね。

いい加減別の弁護士に差し替えろよ!!

悪いけど風体みても  

テレビ向きじゃないよ。


    
13.  2017年7月26日 10:51:57 : I3m7I8suDA : aRw8tvWyzQI[174]
雪隠詰めですね。逃げ場無し、将棋で言えば1一とか1九とか9一とか9九とかに王様(可哀そうな裸の王様)が追い込まれてしまった如しです。

    
14.    TondaMonta[171] gnOCj4KOgoSCgYJsgo@CjoKUgoE 2017年7月26日 11:21:17 : CruJEbltoQ : k3GaeUftAq8[101]
詰将棋とはうまい表現だが,ヘボ碁,ヘボ将棋では,玉を詰められまい。

民進党の質問は中学生未満。藤井4段にも及ばない。ゆえに未満。小学校算数では,「以下」とは中学生を含む幼小中生をいう。籠池学園の幼稚園児も「中学生以下」だが,正確には「中学生未満」であり,『小学生未満』である。

改めて申し上げれば,民進党議員達の質問水準は「中学生未満」。
民進党はウラで嘘つき安倍公明党政権と握っているから,舌鋒鈍くなるのは当然。自然。アル然チン。

アマチュアの4段は金で買える。6段ぐらいにならないと,実力は加なり怪文書。怪しい。

本間モンの有段者。楢崎弥之助氏のような「国会留め男」でないと玉を詰むことはできない。
本当の,ホンマモンの追求専門の政治家は,日本にはいない。残念だ。


    
15.  2017年7月26日 11:49:25 : pw3qOiGiIo : 3meNRKwwvow[5]
「おわび」「訂正を」=安倍首相、防戦一方に―「加計」答弁食い違い・参院予算委
7/25(火) 20:01配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00000120-jij-pol&pos=2

 参院予算委員会の25日の閉会中審査は、安倍晋三首相が加計学園(岡山市)の獣医学部新設計画を知った時期に関する答弁の食い違いを野党側が集中的に追及する展開になった。

 「丁寧な説明」で信頼回復を図ったものの、傷を広げる格好となった首相は「おわびをしなければならない」「訂正させていただきたい」などと防戦に追われた。

 首相は通常国会で、計画を知った時期について「国家戦略特区に申請を(愛媛県)今治市とともに出された段階」などと答弁。同市が申請したのは2015年6月で、同学園が事業者として申請したのは今年1月10日だ。

 首相は「1月20日の(同学園の)認定で知った」と改めて述べた上で、過去の答弁について「整理が不十分なまま答えた部分がある」「厳密さを欠いていた」などと釈明した。

 野党側は「全く信頼できない」「明らかな虚偽答弁」などと激しく批判。やじが飛び交ったが、首相は従来のような強気の反撃は封印。答弁時には手元の書類に目を落として確認しながら話す場面が目立った。

 前日の衆院予算委に続き、「私の友人(加計学園理事長)が関わることであり、疑念の目を向けられることはもっともだが、その観点が今までの答弁では欠けていた」と改めて反省の色を示すとともに、「事実に基づいて丁寧な上にも丁寧に説明したい」と述べ、「加計ありき」の疑念の払拭(ふっしょく)に懸命だった。


    
16.  2017年7月26日 14:40:41 : eCUwh8HnPs : gO@irM7_edk[11]
幼児性丸出し、麻生が歪んだヘラヘラ笑いを隣席で浮かべる中、野党とりわけ民主党議員の
質問に対して、相手を舐めきった、見下した、品性下劣な対応しかこれまでとって来なかった
安倍、その幼児性丸出し、直ぐ逆切れの行動がどうも大量のクスリ投与に起因していた、と
いう噂が、この度の閉会中の家計贈収賄疑獄事件追及質問で事実であったことが判明した
ようである。さんざん、売国と亡国のやりたい放題独裁暴政を、嬉々として執り行ってきた
間中、安倍はクスリ漬け、小池の都民ファースト国政進出の目途が立った時点で、お払い箱
、逆切れ・興奮・暴言・退行性幼稚蛮行の対応で国民の側に立つ代弁野党・民主党の批判や
追求を跳ね除け、売国、亡国あらん限りの暴政を粛々と実行させるべく、ずっと続けてきた
クスリの投与を打ち切られたと、御用達工作員として安倍の意向を伝達したり、内閣機密
官房費を渡したり、常にハイテンションで活躍してきた統一教会カルト信奉者安倍昭恵は、
大麻を普及させる強力なアシストを展開してきている。

    
17.    人間になりたい[436] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2017年7月26日 17:43:10 : Igew9LiSCV : jX5tMsGMxX4[260]

加計学園問題だけに「危険な賭け」とはうまいことをいう。

4月2日と、1月20日問題の追及で、どうやら詰みそうだ。
 
 


    
18.  2017年7月26日 18:09:34 : fCZ83cf8p2 : ZyE@@HR5cDA[3463]
>>3 氏の意見に尽きる   今回の一連の政権側の対応に関しては自分(ら)はヤラれないという確信があるから誰が見ても筋の通らない理屈や口先だけの否定や記録も記憶もないというトボケがまかり通っているのだろう   またこの間、色々な議員や大臣の問題行動や発言も出てきたが派閥や党によっては即刑事問題化されていたものもあっただろうと思うと何とも。  憲法改正を言う前に民主主義国家だの法冶国家だのウソ看板を一回下ろせばどうか。

    
19.    地下爺[104] km6Jupbq 2017年7月26日 21:00:20 : O1ko4sqODU : xayR_dX9Zmo[607]

 お友達のため だけでは ありません。

 アメリカ様 公認の 登戸研究所 が 真の目的です。

 学生の皆さん Fランク だからて 卑下 する必要は

 ありません。 がんばれば あなたの 研究実績は 

 戦場で 活用 されます。 ひょつとしたら

 
 ゆうこうな 特許でも とれば ここで 人生 大逆転 です。

 がんばれ Fランク 理系 学生諸君。

以上は「阿修羅」より

今更いくら嘘を言っても、真実は動きません。この巨大疑獄事件が見過ごされるなら日本の司法は崩壊です。日本の基本から見直す必要がありそうです。司法・立法・行政の基本を作り直す必要が有ります。安倍政権全体を逮捕しなければ済まないほどの歴史的疑獄です。                                   以上

« 麻生太郎副総理が、政権簒奪を策動中、小沢一郎代表は、政党連合「オリーブの木」で政権奪取を図る政界「夏の陣」 | トップページ | ヴァン・クライバーン:アメリカで最も偉大な外交官 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/71249892

この記事へのトラックバック一覧です: ”危険な賭け”に出たことで「詰将棋」に陥った安倍首相(郷原信郎が斬る):

« 麻生太郎副総理が、政権簒奪を策動中、小沢一郎代表は、政党連合「オリーブの木」で政権奪取を図る政界「夏の陣」 | トップページ | ヴァン・クライバーン:アメリカで最も偉大な外交官 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ