カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 東芝、森友・加計問題…「東大の病」が日本の組織崩壊の元凶だ4/5) | トップページ | 福島原発事故と東電OL殺人事件を結ぶ糸 »

2017年8月18日 (金)

天津航空に乗る

天津航空に乗る

天津航空
天津航空で天津空港へ

今回、初めて天津航空を利用して関西国際空港から天津に飛んだのだが、まずあまりの料金の安さに驚いた。

日にちが限定されるが、うまく買えば大阪ー天津間の片道チケットが燃料代や空港使用料全て込みで一万円以内で手に入る。

今やへたに国内旅行で飛行機や新幹線を利用するより、中国や韓国に行く飛行機代のほうが安くあがる時代なのだ。

春秋航空も特価セールの時に買えば15000円ほどで往復できるので使うことがあるが、春秋は安価な代わりに不便な面もあった。

春秋航空はLCCなので真夜中の不便な時間帯に飛ぶことが多く、荷物の重量制限が厳しくて機内食も有料になってしまうのだ。

その点、今回利用した天津航空は昼出発して夕方には到着するし、機内食もきちんと出るし、荷物の重量制限もさほど厳しくない。

天津航空機で使用されている座席シートもLCCのような薄いベンチタイプではなく、普通のエコノミーの大きさの座席だ。

こんなに安くて採算がとれるのだろうかと心配になるが、中国は国策として海外に中国人を送り出すために格安にしているのだ。

しかし、韓国旅行ボイコットのように、政治問題が起きれば一斉に中国人がいなくなるリスクがつきまとうので油断はできない。
以上は「文殊菩薩」より
時代が変われば、新幹線で中国までも、またその先のヨーロッパまで行くことが可能になります。      以上   

« 東芝、森友・加計問題…「東大の病」が日本の組織崩壊の元凶だ4/5) | トップページ | 福島原発事故と東電OL殺人事件を結ぶ糸 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天津航空に乗る:

« 東芝、森友・加計問題…「東大の病」が日本の組織崩壊の元凶だ4/5) | トップページ | 福島原発事故と東電OL殺人事件を結ぶ糸 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ