カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 海はさらに死に続けている : 拡大が止まらない米国メキシコ湾の死の海域「デッドゾーン」が過去最大の面積に。そして原油流出の年に発せられていた専門家たちの警告を思い出す | トップページ | 有栖川宮熾仁親王のご落胤・出口王仁三郎の曾孫は、「ドナルド・トランプが火力文明を終わらせる!」と力説する »

2017年9月27日 (水)

ホワイトハウス上空を飛んだロシア軍機

ホワイトハウス上空を飛んだロシア軍機

ダンフォード
米軍ダンフォード参謀本部議長と中国軍参謀長房峰輝

米国議会はトランプ大統領を「ロシアゲート」疑惑で追い詰め、今月初めにトランプは対露経済制裁の法案に渋々サインさせられた。

またロシアは米国の外交官755人の国外追放を宣言し、米露の外交関係は極めて緊張した状態になっているように見える。

ところが、そんな中で8月9日にロシア軍機が監視飛行を行うため米国議事堂およびホワイトハウス上空を飛行したことが明らかとなった。

ロシア軍機による監視飛行は米国との条約および合意に基づき、米空軍の代表者が同乗した形式で行われたが( 記事 )、これは一体どういうことなのか。

実は米軍のダンフォード議長やマイケル・フリン前大統領補佐官たち職業軍人の一部はネオコンと縁を切り、米国内で静かなるクーデターを進行中なのである。

例えばマイケル・フリンは、シリアでISISと戦っているうちに敵の資金源が他ならぬ祖国アメリカであることを発見し、真の敵が米国内部にいることを知った。

彼ら職業軍人は自分たちが無意味な戦闘に駆り出される将棋の駒として使われている事実に気が付き、ネオコンや軍産複合体に反旗を翻したのである。

口だけで血を流さないネオコンと異なり、職業軍人たちは命を懸けて戦い、また同僚の戦死に直面するため、戦争に対する見方は徹底的に現実的である。

トランプ政権のスタッフには軍人が多く含まれているが、彼らは米国内の「ディープ・ステート」へ反抗を試みる米軍内クーデター賛同派を代表しているのだ。

狂犬と呼ばれる国防長官マティスでさえ、シミレーションを何度やっても勝ち目のない北朝鮮の先制攻撃に踏み切るほど愚かではない。

そこで米軍はロシア軍とのオープンスカイ条約を合法的に利用し、議会への圧力と恫喝をかねて露軍機でホワイトハウス上空を旋回して見せたのである。

そして15日には北朝鮮との戦争が偶発的に発生するのを防ぐため、ダンフォード参謀本部議長が中国軍と衝突防止策を話し合っている最中だ。

以上は「文殊菩薩」より
米軍の良識派はロシアや中国と良い関係を保っています。
悪いのは「9.11テロ」や「3.11テロ」などを引き起こした米軍内のネオコン一味です。これは民主党のヒラリーや共和党のマケインなどです。もちろんブッシュ一族も入っています。以上

« 海はさらに死に続けている : 拡大が止まらない米国メキシコ湾の死の海域「デッドゾーン」が過去最大の面積に。そして原油流出の年に発せられていた専門家たちの警告を思い出す | トップページ | 有栖川宮熾仁親王のご落胤・出口王仁三郎の曾孫は、「ドナルド・トランプが火力文明を終わらせる!」と力説する »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトハウス上空を飛んだロシア軍機:

« 海はさらに死に続けている : 拡大が止まらない米国メキシコ湾の死の海域「デッドゾーン」が過去最大の面積に。そして原油流出の年に発せられていた専門家たちの警告を思い出す | トップページ | 有栖川宮熾仁親王のご落胤・出口王仁三郎の曾孫は、「ドナルド・トランプが火力文明を終わらせる!」と力説する »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ