カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 自然災害

最近のトラックバック

« 両極の移動方向が急変 | トップページ | 「パニックを起こしているかのような太陽」の過去2年間で最大級の黒点の急増。そして、海外の報道も少しパニックを起こしているような »

2017年9月13日 (水)

断末魔の安倍内閣の正体が遂にU-TUBEで全世界の日本人に配信された

断末魔の安倍内閣の正体が遂にU-TUBEで全世界の日本人に配信された
http://www.asyura2.com/16/hihyo15/msg/350.html

投稿者 紫式部 日時 2017 年 8 月 27 日 17:31:12: Niwshg2a/T6vk joeOrpWU 

 
 
 
 

安倍内閣を支えている日本の独裁的な自公体制が、ナチスと同じ秘密警察によるゲシュタポ体制だという記事を紹介したユーチューブが放映されて、全世界に一瞬のうちに「悪事千里」が走り抜けた。これまで国内の選挙民だけを相手にして、したい放題をして来た公明党と攣るんだ自民党が、ゾンビ政治家が支配する危険な狂気の集団だという事実を前にして、日本で起きているナチス化に対して警戒心を高めるのは疑いない。なぜならば、米国には日本人と日系人が五十万人住んでいるし、中国に出稼ぎに行っている日本人だけでも、四十万人はいると言われている上に、全世界では数百万人の日本語を理解する人がいる。インターネットを活用したユーチューブの威力に対て、日本のメディアはこれまで軽視してきたが、それは世界の動きに取り残されたものである。閉鎖的な記者クラブ制度に埋もれている日本の報道界は、世界から取り残されているが、IT時代と共に国境の枠を乗り越え、世界に直接結びつきを作ることで、安倍が狙うような警察国家体制は、世界から包囲されて叩き潰されるに相違ないのである。

<張り付け>
「断末魔を迎えた安倍ゲシュタポ内閣の悪足掻き」がU-Tubeで放映中
http://www.asyura2.com/17/senkyo231/msg/366.html
投稿者 あおによし 日時 2017 年 8 月 27 日 10:30:53: OmoqeDDYlHsE6 gqCCqILJguaCtQ
   
「阿修羅」の政治欄でトップを記録した、「断末魔を迎えた安倍ゲシュタポ内閣の悪足掻き」という記事は、話題を集めたのは疑いないことだ。
阿修羅  政治 アクセス数ランキング(24時間)
 2017/08/20 19:45更新
…もっと見る
安倍首相が愕然!「断末魔を迎えた安倍ゲシュタポ内閣の悪足掻き」の水爆級の…紫式部(6,321)
麻生太郎副総理が、安倍晋三首相に怒りを爆発、森喜朗元首相と小泉純一郎元首…赤かぶ(6,173)
長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表!「カネにまみれたゾンビ」「歴史に群…赤かぶ(5,190)
番組モーニングショーで玉川さんが「ネトウヨ」と発言!ネット上で話題に!「…赤かぶ(3,423)
だがこの記事が多くの人の関心を集めたのに、この「財界にっぽん」という雑誌は謎で、存在するのかどうかも疑われていた。
やっと八重洲ブックセンターで発見したが、記事の内容は実にショッキングなものであり、新聞も雑誌も取材した記事を書いていない、首相官邸や補佐官たちの実態を掘り下げて追及している。特に興味深かったのは首相官邸のアイヒマンと呼ばれて、メディアに恐れられている北村内閣情報官が、本富士署の署長だった過去から始まり、本富士署にまつわるエピソードまで書いてあった。
以下は部分的引用
・・・・(前略)荻生田の頼りなさを補いながら、内調を謀略機関に変貌させ、多忙な杉田和博の側面支援として、公安畑のベテラン北村滋が、情報官としてサポートしている。多くのメディアが指摘したが、本富士署長だった北村が、情報の責任者になったことは、いかに安倍政権が警察によって、支えられているかの証明である。
北村情報官はアイヒマンと呼ばれ、第一次安倍内閣では首相秘書官で、日本のメディアでは畏怖されるが、ナチスの組織構造によれば、アイヒマンはハイドリッヒの部下だし、その上官にヒムラーが君臨していた。日本ではアイヒマン程度の人間でも、内閣を操縦できるのだから、実に情けない話ではないか。
 現にそのトップとして情報官で、公安のプロの北村滋秘書官は、内調のトップを極めた杉田和博と組み、内調のゲシュタポ化を推進し、謀略工作を行っている。だが、元文部次官の前川喜平に対し、下ネタの謀略を仕掛けた程度で、フロンベルク事件以下であり、ハイドリッヒの手口を真似ても、日本のアイヒマンの頭脳の限界では、物笑いになっただけである。
日本のアイヒマンと言われて、国内の記者には仰がれても、本富士署で幾ら訓練したにしろ、国内で通用する程度の謀略は、世界から見ればお笑い草だ。丸山真男教授の体験談だが、彼が駒場の一高生の頃に、長谷川如是閑の話を聞くために、東大の講演会に出席したら、「おい、そこの一高生」と呼ばれ、本富士署に牽引されて叩かれた。それまで彼は思想的には、ノンポリの学生だったのに、本富士署での思想弾圧で、自由の貴重な価値に目覚め、リベラリストになったというが、公安の勇み足は人を反警察にし、それが反権力人間を育てる。
本富士署は公安の巣窟だが、それで思い出すのはオウム事件で、国松警察庁長官の暗殺未遂の時に、拳銃を撃った本富士署の警官は、なぜ起訴されなかったのだろうか。逮捕された小杉敏行元巡査長が、メディアに対して告白したのに、それを警察庁は認めないで、事件を葬り迷宮入りにしている。
この事件を本にした三一書房は、警察から銀行口座を調査され、資金の動きのチェックを受けて、報道の自由を干渉された。狙撃犯人がなぜ起訴されずに、迷宮入りになったかの理由は、捜査の状況の記述が詳細で、執筆者が複数の新聞記者だと警察は思い、印税の払い込み先を調べて、弾圧するためだったと言われている。
しかも、警視庁の刑事部はクロだと判定したが、公安部はシロだと結論を出し、それ以降の警察は公安により、支配権が確立したのだった。また、自白の信憑性と背後関係につき、警察からの依頼で容疑者に対し、調査した洗脳のプロの苫米地英人博士は、本富士署の小杉巡査長が、公安の二重スパイだと確信しており、それをメディアで発言している。
公安警察が自意識過剰になって、権力を振り回すようになると、警察組織のトップが射撃されても、犯罪をもみ消してしまうが、警察と検察が政府に盲従すれば、社会正義は存在しなくなる。
安倍の御用記者でTBSに勤め、ワシントン支局長の山口敬之は、詩織という名の女性に薬物を盛り、ホテルに連れ込んで強姦し、その証拠や証言も揃っており、逮捕状までが整っていた。ところが、空港での逮捕の手配をしたが、中村格元警視庁刑事部長の意向で、逮捕の執行が中止になっている。
中村は菅官房長官の秘書官を務め、将来の警視総監と言われ、安倍晋三に目をかけられており、その関係で安部の御用記者である、強姦魔の逮捕を妨害したのだが、それで国内では一段落した。だが、「司法の蹂躙」と題した記事で、ジェイク・アンデルステイン記者は、この犯罪の陰に安倍がいると、告発記事を全世界に発信して、日本の無法状態を報道した。(後略)・・・・
こうした記事が書いてある雑誌を紹介し、希望者には抽選で贈呈するという番組が、U-Tubeで放映になっていることは、日本におけるメディアの活動としては、非常に画期的なことだと思われる。
https://www.youtube.com/watch?v=y_1a06d2g3k&t=947s
   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

   

   
コメント
 
1.  2017年8月28日 15:23:10 : xqTasBgdFZ : e0_PIge_CqU[1]
長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表 「カネにまみれたゾンビ」「歴史に群がる裏切り」
http://www.asyura2.com/17/senkyo230/msg/845.html
 
「男たちの大和」 は、民間教育臨調の委員である作家・辺見じゃんが原作
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/7421.html

    
3.    金太マカオに着く[236] i@CRvoN9g0qDSYLJkoWCrQ 2017年8月28日 20:03:23 : 7Mao2VQWW2 : E5G9pNPmu9I[301]
>>2
不正選挙は内乱罪
内乱罪は死刑
不正選挙による政権が決定したものは全て無効

というのは理想であって
天皇の清和会は何をやっても許される


    
4.  2017年8月28日 23:28:11 : F3wzprZRMQ : lZGlqfgdYp0[90]
東京オリンピック、フランス検察は何しているのか  機密費買収やアメリカからの圧力で捜査をやめたのか

    
5.  2017年8月29日 00:32:43 : Ua0mKg0fnU : EUk9EgZormc[130]
自公政権を続かせるとしても安倍はもう使えない。

拉致被害者夏の終わり頃に帰国、北方二島先行返還、第三の矢、放射能汚染アンダーコントロール、などなどキャッチーな宣伝で国民をたぶらかしてきたが全部ウソ。いまは北朝鮮の危機を煽っているが、安倍を信じる国民は減った。

安倍はもう使えない。

もりかけ安倍逮捕で幕引きが良い。


    
6.  2017年8月29日 00:39:56 : 5PTx5PGF3M : NFq_YpcJW9g[45]
公明党は統一教会(日本会議)や清和会と同じCIAの手駒

操作自由の集計マシン導入で不正選挙による不正当選が軌道に乗り

創価学会員の実際的な投票行動に頼る必要が無くなったのは

CIAの手駒清和会に乗っ取られた自民党と同じ

不正選挙の結果の刷り込みにマスコミの世論調査と開票速報と当確速報が

使われており安倍の言葉どおりつまりは「印象操作」が不正選挙敢行には

必要不可欠である

創価学会員が大量に離反しようが女性人権グループが抵抗運動を内部で

繰り広げようが不正選挙で当選者を作り出すシステム下においては

何の意味もない

多くの創価学会信者が公明党を支持しているというイメージを

日本国民に向けて芸能タレントらが総動員で作り上げている

今回の茨城知事選挙も東京都知事選と同様不正選挙が敢行された筈である

「僅差で勝利」というシナリオありきの不正選挙敢行であろう


    
7.  2017年8月29日 04:44:42 : mv4jrijYhw : Q0L4TtSABtw[5]
産経・阿比留氏 「東京新聞は編集局長から ”とにかく安倍を叩け” と指令が出た」
東京・佐藤氏 「そんな指令は聞いたことがない」
http://www.asyura2.com/17/senkyo228/msg/803.html
以上は「阿修羅」より
安倍政権の悪質さは国際的な常識となっています。早急に取り除くべき悪質な癌とされています。安倍自身が真の癌であることも事実です。余命も残り少なくなっています。以上

« 両極の移動方向が急変 | トップページ | 「パニックを起こしているかのような太陽」の過去2年間で最大級の黒点の急増。そして、海外の報道も少しパニックを起こしているような »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277943/71554810

この記事へのトラックバック一覧です: 断末魔の安倍内閣の正体が遂にU-TUBEで全世界の日本人に配信された:

« 両極の移動方向が急変 | トップページ | 「パニックを起こしているかのような太陽」の過去2年間で最大級の黒点の急増。そして、海外の報道も少しパニックを起こしているような »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ