ロシアは全てを読みとっているかのような行動に出ています。北朝鮮有事になれば、ロシアは東欧侵攻も考えているかのような動きです。ロシアは北朝鮮国境沿い、北方領土、ヨーロッパとの国境沿いで大規模軍事演習を行っています。戦争を最もやりたがっているのはロシアなのでは?
北朝鮮有事を想定してウラジオストクの住民が避難したそうです。
私の推測では、戦争にはならないと思うのですが。。。エリート層はどうしても戦争ゲームをやらないと困るようです。

そして分かりやすい中国。連日、尖閣周辺に武装船を送り込んでいますね。
記事はこちらからhttp://www.sankei.com/west/news/170831/wst1708310040-n1.html
北朝鮮有事があれば中国は必ず尖閣を奪いに来るでしょう。同時に日本国内に潜伏している大量の中国人工作員たち(一般住民として日本に滞在)が国防総動員法により日本で暴れまくります。

http://beforeitsnews.com/war-and-conflict/2017/08/russia-orders-mass-evacuation-over-n-korea-missile-launch-us-informs-un-security-council-we-may-withdraw-from-korean-armistice-2467705.html
(一部)
8月31日付け

北朝鮮が日本上空を超えるミサイル発射を行った後にロシア政府は北朝鮮との国境沿いになるウラジオストクの住民を安全な場所に避難させました。

 

By Hal Turner  /  My Daily Informer

北朝鮮が日本上空を超えてミサイルを飛ばしたことでアジアの緊張が高まりました。早速、ロシア政府は、北朝鮮有事を懸念して民間防衛当局者らに北朝鮮との国境沿いに住む1500人の住民を安全な場所に避難させるよう指示しました。

日本上空を超えた北朝鮮のミサイル発射は国際社会を怒らせました。またトランプは全ての選択肢の用意はできていると威嚇し軍事行動の可能性を示唆しました。

北朝鮮のミサイル発射により、ロシアのウラジオストクでは住民が緊急措置の一環として安全な場所に避難しました。

プーチンは、トランプが炎と怒りを爆発させると威嚇していたことから、北朝鮮が再びミサイルを発射したなら、アメリカは北朝鮮と開戦するのではないかと懸念しています。

ウラジオストクの住民に対する避難指示がロシアの非常事態省の地域管理局から出され、ウラジオストクの市民保護局が住民を避難させました。
ロシアは北朝鮮と24マイル(約38km)の国境を共有しています。

ロシアの外務相報道官は北朝鮮危機が武力衝突に発展し世界を破壊寸前にまで追い込むのではないかと恐れがあると警告しました。

一方、ロシアは北朝鮮と政治・経済面での繋がりを維持しています。先月、ロシアは、北朝鮮との国境から3000kmの距離にあるザバイカルにて、8000人の部隊を動員させ、50機の戦闘機、3000個の軍装備品を使った大規模軍事演習を行いました。

プーチンは今年初めにも北朝鮮との国境沿いに大量の兵士を派遣し北朝鮮有事を想定した軍事演習を行わさせていました。

数週間前にアメリカがロシアに対する追加制裁を発動後、アメリカとロシアの関係も悪化しています。

以下省略

以上は「日本や世界や宇宙の動向」より
日本の安倍政権が敢えて北朝鮮に国際的圧力をかけて、世界戦争に向けさせています。
戦争推進派は早く取り除く必要が有ります。早ければ9月と言われていましたのでもうそろそろかと思いますがいまだにテレビ等にむくみ顔が出ています。        以上