カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« キエフ政権に耐えることが、ロシアにとって一体なぜ危険なのか | トップページ | インターネットに次ぐ大革命「ブロックチェーン」で、私たちの暮らしはどう変わる? »

2017年9月30日 (土)

政府が国会を解散してでも隠したい情報はこれだ!前川喜平氏の会見内容を紹介。(お役立ち情報の杜(もり))

政府が国会を解散してでも隠したい情報はこれだ!前川喜平氏の会見内容を紹介。(お役立ち情報の杜(もり))
http://www.asyura2.com/17/senkyo232/msg/491.html

投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 9 月 18 日 20:25:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU 

 
 
 

政府が国会を解散してでも隠したい情報はこれだ!前川喜平氏の会見内容を紹介。
http://useful-info.com/maekawa-holds-press-conference
2017年9月18日 お役立ち情報の杜(もり)

 加計学園をめぐる問題については、「何が問題なんだか良く分からない」「なんか怪しそうだけど確信が持てない」という人が多いと思います。政府が情報を隠す、質問に答えない、メディアが官邸擁護報道ばかりをする状況では、国民が情報弱者になってしまうのも仕方がないでしょう。

 2017年6月23日、前川喜平さん(前文部科学省事務次官)が、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設問題に関して、再び記者会見を開きました。その様子は、下記のYouTubeで確認することができます。

【ノーカット】前川喜平前文部科学事務次官 記者会見 6月23日


 前川氏の発言内容のうち、一部を抜き出して以下に記します。

引用始め

*********************

私には、何ら政治的な意図はない。また、いかなる政治勢力とのつながりもない。「安倍政権を打倒しよう」などという大それた目的を持っているわけでなく、その点についてはぜひご理解をたまわりたいと思っている。都議選の告示日とたまたま今日は重なってしまいましたが、これは単にスケジュール調整の結果であって、政局であるとか選挙に何らかの影響を与えるというつもりは全くない。

獣医学部新設を巡って、私は行政がゆがめられたという意識を持っており、これにつきましてはやはり国民に知る権利があると思った、ということ。またその事実が隠ぺいされたままでは日本の民主主義は機能しなくなってしまうのではないか、という危機感を持っていたということです。

一部の者のために国の権力が使われるということがもしあるのであれば、それは国民の手によって正されなければならないと、そのためにはその事実を知らなければならないと、そこに私の問題意識がある。

文科省は最初、問題となっている文書について存在が確認できないという調査結果を発表したわけだけれども、その後、追加調査で文書の存在についても認めた。これによって文科省は一定の説明責任を果たしたと思うし、私は出身者として、追加調査を行うことによって隠ぺいのそしりを免れたということはうれしく思う。

文科省が存在を認めたさまざまな文書の中には私が在職中に実際に目にしたもの手に取ったものもあるし、私自身は目にしたことのないものもある。しかし、いずれも私が見る限り、その作成の時点で文科省の職員が実際に聞いたこと、あるいは実際に触れた事実、そういったものを記載しているというふうに考えていて、ほぼ100%、その記載の内容については間違いのないものだと評価している。

こういった文書をそれぞれ、現職の職員も行政のゆがみを告発したいという思いから外部に提供する行為が相次いでいるが、勇気は評価したい。こういった文書が次々と出てくることによって国民の中にも、この問題を巡る疑惑というのはさらに深まっているのではないかなと思う。

文科省が100%の説明責任を果たしたかと言えば、それはまだ100%とは言えないかもしれないが。一定の説明責任は果たしつつあると思う。一方、記載されている事実は多くの場合、内閣府との関係、総理官邸との関係を巡るものだ。これらは官邸、内閣府はさまざまな理由をつけて、認めようとしていないという状況にある。そういった姿勢は私から見れば、不誠実と言わざるをえない。真相の解明から逃げようとしている。

特に文科省の文書の中に出てくる「官邸の最高レベルが言っていること」という文言や「総理のご意向」という文言がある。内閣府が自分の口から発した言葉を、いわば自ら否定しているという状況で、これはありえない話だ。

素直に読めば、「官邸の最高レベルが言っていること」「総理のご意向」であるという発言が何を指すかと言えば、「(愛媛県)今治市における獣医学部の開設時期を平成30年4月にしてほしい」という1点だ。それが加計学園のことというのは関係者の間では、公然の共通理解だったと言える。

こういった状況を踏まえ、官邸あるいは内閣府は、この加計学園に獣医学部新設を認めるに至ったプロセスを、国民に対して説明責任を果たす必要があると思っている。そのために必要があれば、第三者性が高い組織がプロセスを検証してもいいのではないかと思う。

記者会見で総理が「指摘があれば、その都度、真摯(しんし)に説明していく」と話し、「国民から信頼が得られるよう、冷静に一つ一つ、丁寧に説明を積み重ねる努力をしなければならない」とも話した。総理が先頭に立って説明責任を果たしていただきたいと思っている次第です。

この問題は規制改革を進めようとする改革派と、岩盤規制や既得権益に固執する抵抗勢力という「勧善懲悪」の構図で見ようとする方もいる。しかし、これはこの問題の本質を見誤る考え方だ。

規制改革が必要というものはたくさんある。しかし、今回の問題は獣医学部の新設という規制に穴を開けたことよりも、穴の開け方に問題があると思っている。具体的に言えば、「私は行政がゆがめられた」と思っているのは、今治市における加計学園の獣医学部開設を認めるに至るプロセスだ。そこに不明瞭で不公正なものがあった。

具体的に疑問点を言えば、まず「加計ありき」だったのではないかという問題。初めから加計学園に獣医学部を作らせるという結論があって、その結論に持っていくために、さまざまなプロセスを経由していったのではないかと思う。

また、そのために最後の段階で、さまざまな条件が付け加えられた。「広域的に獣医学部が存在しない地域に限る」とか「平成30年4月に開学できるものに限る」といった条件のことだ。さらに最後で「1校に限る」という条件を設けて、最終的に加計学園しか該当しない形に持っていった。強力なライバルだった京都府の京都産業大学を排除した。

これは規制緩和をしたように見えるが、規制緩和にさまざまな規制を乗せることによって、最終的に一つの主体だけが恩恵を被る形になっている。その根拠や手続きがきわめて不透明である。

それから、第2点としてはこの検討を進めるべき、責任を負っていた国家戦略特区諮問会議、および諮問会議のもとに設けられていたワーキンググループが本当にちゃんと検討したのかということもある。本当に専門家や関係者の意見を反映させるような審議をしたのか。この点については非常に問題があるのではないかと思う。

特に国家戦略特区という制度のことを考えてもらうと分かると思うが、国家戦略特区という制度は、特定の場所の特定の主体に特別なチャンスを与える仕組みになっている。その主体にだけ恩恵を与えるという制度だ。それだけに、決定のプロセスにおいては透明性や公平性の要請が高い。それらを十分確保しながら、きちんとした検討を進めることが必要だ。

では、どういった検討が必要だったのか。一つには国家戦略特区の目的である国際競争力の強化や、国際経済拠点の形成というもの。国家戦略特区法の第1条に書いてある。そういうものに資するものを「特別扱い」することになっているので、本当に加計学園の獣医学部がそれらに資するものなのかという検証がされたのか。

また、国家戦略特区は、閣議決定された「日本再興戦略改訂2015」の4条件というものがある。この4条件を満たしているということについて、きちんとした検討がされているのか。

特に、獣医師が新たに対応すべき分野の人材需要とその規模が明らかにされているか。そして明らかにされた前提で、その人材養成は既存の大学では対応できない、もしくは困難という条件が、満たされているか。逆に言うと加計学園の獣医学部でしかできないことをすることになっているか。この検証が必要だ。

また、既存の大学だけでなく、同じく提案が出てきていた京都府の京都産業大との提案と比べて、十分な比較、検討が行われたのか。この点も疑問が残るわけです。さらに人材需要に見通しを立てるということは農水省の実質的な参画は不可欠だが、そうであったか。私としては、実質的な参画はなかったと言わざるをえない。

全く別の問題として認識を新たにしたのは「国家権力とメディア」の関係だ。ここには日本を代表するメディアが集まっている。

一つは私に対する個人攻撃と思われる記事が、5月22日の読売新聞に掲載されました。私としては不愉快な話だったが、その背後に何があったのか。それはきっちりとメディアの中で検証される問題だと思う。私ははっきりと官邸の関与があったと思っている。

また、文書の存在や官邸からの働きかけについて、私に最初にインタビューを行ったのはNHKだった。しかし、その映像はいまだに放送されず、報じられていない。

また、真相を示す内部文書の中でも非常に決定的なものに、9月26日の日付のものがある。「官邸の最高レベルが言っていること」という文言を含むものだ。これは朝日新聞が報じる前夜に、NHKは報じていた。しかし核心の部分は黒塗りされていた。NHKを責めているわけではないが、これはなぜなのだろうか?

また、報道番組のコメンテーターの中には、いかなる状況証拠が出てきても、官邸の擁護しかしない方がいた。その方の名前は差し控えるが、森友学園のときも繰り返しそういうことが行われていた。名前を出すことは控えるが、森友問題で官邸を擁護し続けた中には、ご本人の性犯罪が検察、警察にもみ消されたという疑惑を受けている方もいる。

こういったことを踏まえて考えると、私は今の日本での「国家権力とメディアの関係」に非常に不安を覚える。国家権力と「第4の権力」とまで言われるメディアの関係を国民の視点から問い直す必要性、またメディアの方々の中で自浄作用が生じることを強く期待したい。

まず、私に直接働きかけがあったのは和泉さんから。9月上旬、和泉首相補佐官に官邸の執務室に呼ばれまして、そこでこの特区における獣医学部解禁といった課題について文科省の対応を早くしてほしいというお話があった。その際に、「総理は自分の口から言えないから私が代わって言うんだ」という言葉もあったわけで、「総理に代わっておっしゃってる」ということであれば、これは一番、総理のご意志に近いところからお話が出てるというふうに思う。また、10月21日の萩生田光一副長官のご発言の内容を見ても、萩生田さんは和泉さんと話をした結果、その結果を文科省に伝えている。従って、やはり情報発信源になっているのは和泉さんではないかと思われるので、私は補佐官が一番全体のシナリオを書き、統括もしているという立場にいたんではないかなと思っている。

重要な人物で一切、発言をしていない人としては加計孝太郎さん(加計学園理事長)がいるので、早くつかまえて(取材して)ほしいなと思う。

閉会中審査にせよ、臨時国会にせよ、証人喚問が行われるのなら、もちろん応じる用意はある。

内閣府が進めている、特区における規制改革のプロセスに非常に問題があると思っていたわけで、それは文科省の中ではなく内閣府の中で起こっていたことだった。内閣府に対して文科省は言うべきことは言っていた。「アリバイ」と言われたらそうかもしれないが、「このままでいいのか」「正しい判断をしていないのではないか」という意見は言い続けていた。しかし押し切られて、11月9日の諮問会議の決定になってしまった。

我々は「おかしい」という気持ちは持っていた。しかし最終的な責任は内閣府で、担当は山本幸三・地方創生担当相だが、その一番上の長は総理大臣。その責任で行われたことなので、内閣府に検証の場を設けなければならないと思う。

私は38年間、国家公務員をしていて、やっとその身分から解放されて一私人になっている。仕事をする中で感じたのは「国家公務員が自分を捨てて仕事をしているのではないか」「滅私奉公のようなことをしているのではないか」ということだ。それはいけないのではないか。国家公務員の仕事をしているとはいえ、一人の人間として尊厳を持った存在ということを忘れないようにしなければならない。

自分の信念、思想、信条、良心はきちんと自分自身だけのものとして持っていなければいけない。これが個人の尊厳ということを訴えた理由です。後輩の文科省職員に伝えたい言葉です。

「国民主権」もそうです。国家公務員として、全体の奉仕者として仕事をする一方で、主権者の一人という国民の立場であるわけで、その立場でおかしいと思ったことは、何らかの形でこれはおかしいと言わなければならないのではないか。いきなり内部告発して首を切られても、それで仕方ないとは私は思わない。そこは粘り強く、しなやかに、強靱(きょうじん)にやっていく必要があると思う。一人の個人であること、一人の国民であることを忘れないずに仕事をしてほしい。これは後輩の国家公務員に贈りたい。


写真(記者会見を行う前川喜平氏:左)

*********************

引用終わり

 いかがでしたでしょうか?論点を把握したうえで、自分の言葉でしっかりと話していますね。論理の破綻が無いというのは、聞いていて心地の良いものです。安倍総理や菅官房長官の対応にウンザリしていた国民は、久しくこの感覚を忘れていたのではないでしょうか?ウソ・ゴマカシにまみれた答弁は、聞く者にとってストレスでしかありません。野党の要求にもかかわらず、3か月も臨時国会を開かないで逃げ回っていたのは、加計学園に代表される国家の私物化を追及されたくないからです。

 内容や話し方、態度から判断すれば、誰が正しいかは自明でしょう。

以上

   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

   

   
コメント
 
1.    中川隆[-6376] koaQ7Jey 2017年9月18日 20:37:59 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

安部先生は売国官僚と戦っているんだよ:

官僚側の目的は、官僚の人事権を内閣が握る「内閣人事局」を撤回させる事。
人事が公正に行われたりしたら、官僚は美味い汁を吸えなくなってしまう。

官邸への報復

加戸守行前愛媛県知事の証言

加計学園の獣医学部新設が問題になっているが、メディア主導で変な方向に向かっている。前川という前文科省事務次官が、行政が歪められたと官邸を告発した。しかし実態を調べると、むしろ正反対の話がどんどん出て来る。

最近の産経新聞や日テレニュースだけがその正しいと思われる経緯を少し伝えている。しかし主要な新聞やテレビはこれらのことをどういう理由か伝えない(調べれることは簡単に分ることばかり)。まず今治における獣医学部新設は、加戸守行前愛媛県知事達が10年以上前に立ち上げた四国4県(四国は獣医師不足が深刻)のプロジェクトであった。しかし加戸氏が獣医学部新設で先頭に立って奔走したが、獣医師会や自民党の獣医師議員連盟が猛烈に反対し実現が難しかった。ところが民主党政権が発足し局面が変わった。地元選出の民主党の白石洋一衆議院議員が獣医学部新設に取組み始めたのである。ところで当初から獣医学部新設に積極的だったのは加計学園であり、加計が学部新設するものと想定されていた。民主党・鳩山政権の終盤には構造改革特区で「対応不可」から「実施に向け検討」に格上げされた。

また先週号で述べたように、加計学園の地元である岡山選出の民進党の高井崇志衆院議員や江田五月最高顧問などもこの案件を積極的に押し進めた。このように加計学園の獣医学部新設は、自民党ではなく元々は民主党・民進党の案件であった。ところが新設が実現する寸前になって、今度は民主党の中にこれに反対する獣医師議員連盟ができた。安倍総理と加計学園の理事長の仲を国会で追求した玉木雄一郎民進党幹事長代理などは、この民主党獣医師議員連盟の事務局長であり獣医師会から政治献金を受けていた(父と弟は獣医師)。

日本のメディアは、安倍総理と加計理事長が友人だからの獣医学部新設が実現したというストーリを作っている。そのため安倍総理と加計理事長が一緒に写っている写真は何回となく放送されてる。しかしこのような報道は明らかに印象操作である。要するに安倍総理が友人のために行政を曲げて、獣医学部新設を実現したという事実とは異なる話を作り上げることが目的である。

安倍総理は、国会でこのストーリを何回も否定している。しかし作り上げられた嘘話を否定することは難しい。特に反安倍の報道機関がこぞってこのストーリを毎日流し続けているため、世間の人々はこの嘘話を半分以上信じている。

加戸前愛媛県知事はこの話を即座に否定している。またテロ等準備罪(共謀罪)がなければ、獣医学部新設は話題にもなっていなかったと感想を述べている。つまりテロ等準備罪(共謀罪)の法案成立を阻止したいメディアが、一斉に加計学園問題に飛びついて安倍総理を攻撃したと述べている。筆者も同感である。

加戸氏は文科省の官僚OBで、偶然にも前川前文科省事務次官の上司であった。加戸氏は「前川君は地方の獣医師不足の実状を全く知らないのだろう」と言っている。また驚くことに加戸氏は安倍総理と加計理事長が昔からの友人だったことは全く知らなかったという。

ちなみに加計理事長は安倍総理と昔からの知り合いであるが、一方で獣医学部新設で動いてくれている民進党の高井崇志衆院議員や江田五月最高顧問とも親しい。両者と加計理事長が一緒に写っている写真を筆者はネットで一度見たことがある。どうも加計理事長は自民党だけでなく民進党も強く支援してきたと見られる。

次に考えることは、前川前文科省事務次官が「官邸によって行政が歪められた」「加計ありきでことが進んだ」と告発した目的である。反安倍のメディアは、前川氏の告発を「正義の告発」「硬骨漢の元官僚が官邸に立ち向かっている」という話に仕立てている。これは前川氏の狙い通りであった。また前川氏の思惑通り、加計学園疑惑は連日報道され野党を巻込み大騒ぎになった。

前川氏は森友学園問題が「総理への忖度」ということで大騒ぎになっているのを見て、部下が作った「官邸の意向」という文言のある文章をマスコミに送ったと筆者は考える。朝日新聞や週刊文春は情報元を隠しているが、文章は前川氏が送ったものと一般には見られている。どうも問題の文章をマスコミ各社が受取ったが、新聞の中で取上げのは朝日だけだったようだ。ただし前日夜にNHKもこれを流したが「官邸の意向」という部分は伏せられていたという話である。

天下り斡旋、出会い系バー、新国立競技場

「官邸によって行政が歪められた」という前川氏の言い分はもちろんマスコミ向けであり、真相ではないと筆者は言いたい。どう見ても文科省の天下り問題が発覚し、就任からわずか6ヶ月で事務次官職を辞任するよう官邸に迫られたことへの「報復」と見るのが妥当である。これは永田町・霞ヶ関では常識になっていると思われるが、マスコミは分っていてもほとんどこれに触れない。「正義の告発者」という自分達が勝手に作ったストーリを壊したくないのである。ちなみに「官邸の意向」といった文言は、加戸前愛媛県知事が現役の文科省官僚時代にもよく使ったという。

文科省は組織的に天下りの斡旋を行っていた。昔はこのようなことを他の官庁でも行っていたが、これが禁止されてからは組織的にやっていたのは文科省だけであった。このことは天下り斡旋禁止令を作った張本人である高橋洋一氏がテレビで指摘している。高橋氏は「こんな法律に引っ掛かるなんて文科省は本当にアホだ」と言っていた(他の官庁はもっと巧妙にやっているのであろう)。しかもその中心人物が前川事務次官だったという話も出ている。

「出会い系バー」への出入りも、当然、辞任に関係していると思われる。前川氏は昨年9月頃に杉田副官房長官からこの件で叱責されている。この「出会い系バー」は暴力団関係者が経営しており、常に警察にマークされていた。警察庁出身の杉田官房副長官にこの情報が届いたと見られる。官邸は読売新聞が報道するまでこの話を知らなかったと言っているが、おそらく前から知らされていたと筆者は見ている。

天下りの斡旋の話に戻れば、何かと官邸に反抗していた文科省の局長がある大学に斡旋され天下っていたことを官邸が見つけ腹を立てたという。この違法な天下り斡旋が発覚し、官邸は前川事務次官に斡旋に関わった文科省幹部への処分案を作るよう命じた。前川氏はこれに応じ処分案を作成し官邸に持って行った。ところがこの処分案の中に、なんと前川事務次官自身の名がなかったという(前川氏は斡旋の中心人物と目されているのに)。さすがにこれに官邸は立腹し前川氏にとうとう辞任を迫ったようである。菅官房長官の「前川事務次官は自分の地位に恋々としていた」というセリフはこのような経緯があったからと考える。

「官邸によって行政が歪められた」うんぬんのセリフは明らかにマスコミ向けであり、官邸告発の真相とは関係がないと筆者は考える。そもそも前川氏は獣医学部新設に関心はなかったと筆者は見ている(上司であった加戸守行前愛媛県知事の「前川君は地方の獣医師不足の実状を全く知らないのだろう」発言でも明らか)。実際、月間文芸春秋7月号に前川氏の手記が掲載されているが、そこでも加計学園の獣医学部新設に自分は関わってこなかったと述べている。当然、6ヶ月で事務次官を辞めさせられたことが原因と考える。たまたま「官邸の意向」という告発に都合の良い文章(部下が言い訳のために作った嘘と本当が混じった)が手元にあったと見るのが自然であろう。

辞任を迫られた前川氏は「天下りの斡旋は他の省庁でもやっている」と反論したという話がある。ところが最近の2回目の記者会見では「天下り斡旋が禁止されていることを知らなかった」と言い方を変えていると高橋洋一氏が指摘している。しかし前川氏を持上げているマスコミは、このような点を全く追求しない。

前川氏が深く関わっていたのは新国立競技場の建設であった。しかし旧競技場の解体費用が異常に増えたり、設計に無理があり期限までに完成するか不安視されていた。政府は建築の素人である文科省に任せておく訳には行かないと判断し、急遽、競技場建設の主体を国交省に変更し設計のコンペをやり直した。この時動いたのが国交省出身の和泉首相補佐官と言われている。前川氏の口からよく和泉首相補佐官の話が出るのは、このことが影響していると筆者は見ている。

国民の7割が加計学園問題の真相が分らず何かを政府が隠していると思っていると言う。しかしそれは大々的に問題を取上げている大手メディア(一部を除く)が、本誌の先週・今週号で述べたような本当と思われることに全く触れないからである。本誌の先週号と今週号の内容は、新聞・テレビで見聞きしネットで調べたことに筆者の若干の憶測を加えたものである。しかし個人的な特別ルートで得たような情報は一切含まれていない。要するにちょっと調べれば全て分ることばかりである。
http://www.adpweb.com/eco/

前川前次官が騒いでいる本当の理由は、「自分の方が総理大臣より身分が上だ」という事です。

総理より地位が高い事務次官

加計学園をめぐる「忖度」騒動は前川喜平・前文部科学事務次官の告発から騒動が広まった。

なぜ前川氏はこのように安倍首相を憎み、敵愾心を露にして噛み付くのか、事務次官という身分階級を知らないとわかり難い。

各省庁の事務次官は「次官」なので文字を読んだだけでは「2番目の事務員」かなと思うが、実際には省庁の大統領のような地位にある。

 

事務次官は表向きの法律では大臣を補佐する役割だが、実際には大臣を上回る最高権威です。

大臣と事務次官の関係については、2001年に小泉内閣で外務大臣を(9ヶ月だけ)勤めた田中眞紀子議員が良く喋っていた。(喋りすぎた)

その前に田中眞紀子が外務大臣に選ばれた理由を説明すると、2001年4月の自民党総裁選で小泉純一郎を当選させた功労者だった。

超不人気だった森首相が退陣し、次の首相は橋本龍太郎で決まりと言われていて、国民は「またあのバカ総理か」と失望していた。

小泉純一郎は出馬しても負けそうなので立候補するつもりはなかったが、当時人気絶頂だった田中眞紀子が「あんた出なさいよ」とけしかけたと言われている。

人気者の眞紀子に後押しされて小泉旋風が吹き、めでたく総理大臣になり田中眞紀子は論功行賞で外務大臣になった。

欧米メディアは「次の総理は田中眞紀子」「初の女性総理誕生へ」と報道し、小泉自身より人気が高かったほどだった。

その大功労者が些細なことで外務官僚と対立して、クビになったのは田中眞紀子大臣の方だった。

日本政府の方針と異なる発言を、外相として勝手に発言したり、外相会談のドタキャンなど様々な出来事があった。

官僚を激怒させた安倍首相の行為

だが一番の対立点は「外務大臣と事務次官のどちらに人事権があるか」という事で、眞紀子大臣は自分に逆らう事務次官の更迭を小泉首相に要求した。

結果は書いたとおり、クビになったのは大臣のほうだったので、大臣の人事権は事務次官が握っているが、逆はありえない。

法律はどうであれ大臣より事務次官のほうが地位が上なのが日本の制度であり、主要な省の事務次官となると総理大臣より地位が上である。

ロッキード事件で田中角栄元首相が逮捕されたが、事務次官は決して逮捕されず、責任を取らされたりもしない。

思い出して欲しいがあらゆる政治スキャンダルで責任を取るのは大臣と総理だけで、事務次官や官僚はマスコミから責任の追求すらされない。

もし事務次官が責任を取らされるような事が起きれば、明治以来の大事件であり、絶対に有り得ない筈だった。

朝日新聞は平気で天皇や総理大臣の悪口を書くが、それでいて事務次官の悪口を絶対に書かず、官僚は神聖にして汚すべからずを貫いている。

朝日新聞も日本の最高権力者が怖いのであり、許認可権から逮捕権、裁判権まで握っている官僚たちには逆らいません。(最高裁判官も官僚)

その有り得ないはずの事が森友、加計騒動の根源である文部科学省で起きていて、事務次官がクビになっていました。

「キXXX」の言い分

前川喜平前事務次官は退職した文部官僚が民間機関に天下りする仲介役をしていて、2017年1月20日に辞職した。

2017年3月に懲戒免職になる予定だったが、文部省側は猛反発しして自主退職になったうえ、退職金5000万円以上が支払われた。

軽い処分で済んで助かったように見えるが、官僚目線では「どうして上司である事務次官が部下である総理大臣から追放されるのか」という事になる。

ニュースを見ていると異常な事件で犯人が意味不明な事をしゃべる場合があるが、「キXXX」の言い分は彼らにしか分からない。

前川喜平と官僚たちには「総理大臣風情がでかい面しやがって」「今に見ておれ小僧」という恨みだけが残ったようです。

そして文部科学省は自分のスキャンダルである森友、加計を暴露する事で安倍首相を糾弾するという捨て身の戦法に出た。

過去の政治スキャンダルで責任を問われたのは政治家だけで、官僚が罪に問われた事は無いので、こうした戦法は実は良く行われている。

大阪地検や東京地検は森友加計を捜査しているが、検察官僚の身内である文部官僚は決して捜査対象にならない。

うまく行けば前川喜平前事務次官は高給で天下りできるだろうし、それどころか政治家として権力を握る事もできる。

突き詰めると官僚と総理のどちらが上か、どちらが日本の権力者かという対立です。
http://www.thutmosev.com/archives/71597964.html

本当の戦いは官僚の人事権

安倍政権は2014年)5月30日に内閣人事局を設置し、それまで各省庁がやっていた官僚人事を、官邸で行う事とした。

つまり今まで官僚の人事は官僚自身が決めていて、総理大臣や国会といえども絶対に口を出す事は出来なかった。

それを今日から総理大臣が官僚人事を決めるとなったので、官僚側は猛反対し財務省を中心に反安倍闘争を展開した。

2015年ごろに安保法制が異様な盛り上がりを見せ、日本中のマスコミが左翼化したかのように(左翼だが)反自衛隊、反米軍キャンペーンを始めた。

日本の全マスコミに対して一斉に指示を出せるのは官僚だけで、反安保闘争を操っていたのは財務省だったと見られる。

財務省はすべての省庁の財政を握っており、クビを横に振れば簡単に干す事ができるからです。

財務省の強大な権限は官僚自身が人事権を握っているからで、人事権が総理に移れば権力も総理に移ってしまいます。

安倍首相が消費増税に反対しているのもあって財務省は安倍政権を潰したくてしょうがなく、加計問題は渡りに船でした。

今冶の山奥の獣医学校は本当はどうでも良く、官僚特に財務官僚と安倍首相との、官僚人事権を巡る闘争なのでした。

そこに乗っかって安倍首相を退陣に追い込んで自分が総理になろうとしているのが、石破・麻生・二階・岸田・菅らの自民党幹部たちで、必ずしも安倍首相の味方ではない。

石破氏ははっきりと野党に加勢して安倍首相を退陣に追い込む姿勢を見せていて、狙いは次期総理です。

こうした「安倍包囲網」に乗っかっているのが野党や小池勢力で、都議会選挙は小池新党に有利だといわれています。
http://www.thutmosev.com/archives/71561248.html

[32初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数、規定違反多数により全部処理
    
2.  2017年9月18日 20:56:15 : zAHvmTPSpY : EZlpZTss9go[3]

「こんな人たちに負けるわけにはいかないんです!」。秋葉原では飽きたらず、今度は全国の街頭でそう絶叫するつもりだろうか。国の安全保障をほったらかして、安倍総理個人とお友達の保身のためだけの姑息で卑劣な隠蔽解散により「おぞましい国」が完成するかどうかは、正に国民の判断にかかっている。
 

    
3.  2017年9月18日 20:58:39 : HuwQ0hgH7Y : 22klpCGIxAk[139]
前川さんには衆院選の野党共闘のシンボルとして「市民連合」から出てほしい。

加計の認可がいかにおかしいか

理路整然と、多くの国民の前で語ってほしい。

議員になり国会答弁に立ち、ライフワークの夜間中学の設立をしてほしい。

そうして文部大臣、総理になってほしい。

その頭脳を日本のためにぜひ使ってほしい。


    
4.  2017年9月18日 21:11:44 : ngI1NCqzxI : kbXgW9UsDlw[11]
管理人さん

1の中川隆はコメント投稿させないほうがよいと思います


    
5.  2017年9月18日 21:19:38 : zAHvmTPSpY : EZlpZTss9go[5]

>>2の出所
 
 
小沢一郎(事務所)
 

    
6.  2017年9月18日 21:32:59 : MyPdWA8FHg : RtE2FuD3wD8[2]
バカ川のような安倍と同じ輩は、地球にいて欲しくない。

    
7.  2017年9月18日 21:51:19 : fN49t61XCI : FElYK1RoPUo[137]
今回解散は「もし関わっていれば首相も国会議員も辞める」てのを履行してるんでしょ。

    
8.  2017年9月18日 23:13:33 : OdoRCRINSo : uMmR0yQXp7I[1]
青山繁晴 岩盤規制という嘘、印象操作
http://livedoor.blogimg.jp/y_s_p/imgs/f/1/f141cdde.jpg
 
http://www.asyura2.com/17/senkyo228/msg/794.html

http://www.asyura2.com/17/senkyo228/msg/822.html

    
9.  2017年9月18日 23:14:42 : c93j6p3teA : kpD5hIvuk2Y[599]
>02
何処へ行ってもこんな人たちばかりで選挙と言ったら演説はしなければいけないと思うけどどうするんでしょうね。支持率上がったからもう大丈夫と安心しているのでしょうかね。安倍はバカとは知っていますが、本当のおバカさんですね。(笑)

    
10.  2017年9月18日 23:17:15 : OdoRCRINSo : uMmR0yQXp7I[2]
「岩盤規制を壊す」 とは新利権を “アベ友” に与えること
http://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3026



    
11.  2017年9月19日 00:36:03 : hyEQL9xgYu : k5UBbXQ5ICI[173]
読解力の乏しい人間ですが、上の文書(前川喜平氏)はすらすらっと頭なのか、心なのか、染み入るように入ってくる。
なにかが違う、草原に真っすぐ立っているような文章で気持ちが良い。

    
12.  2017年9月19日 02:22:23 : y3oIY13ctk : BAUSxbGcKCk[2]
安倍信者による
卑劣な言論弾圧の実態。
http://twitter.com/kzc_tommy/status/909807696852934657/

安倍信者は
大抵、手口が産経、DHCテレビ系の詐欺本作家と同じ。
          

    
13.  2017年9月19日 06:55:37 : ngI1NCqzxI : kbXgW9UsDlw[13]
海老蔵の妻の死去でかき消えたこの前川氏の記者会見

非常に重要だ この国の歴史に残るものだろう

一人でも多くの国民がこの動画を見て感じてほしい


    
14.    ボケ老人[2115] g3uDUJhWkGw 2017年9月19日 08:19:32 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[565]
>1.中川隆:安部先生は売国官僚と戦っているんだよ

もし本当にそうなら
北方領土交渉をぶち壊した外務官僚と真っ先に戦うべきでだろう。

文部官僚なら押え付けてお友達に便宜を図ることが可能
外務官僚の後ろには米国が控えているから尻尾を巻いて退散ということか

己の身の保身が第一ということなんだ
40年以上前のロッキード田中角栄のトラウマが染みついているのだナ

中川隆様は売国官僚という意味をご存じなんだろうか???

     


    
15.    スポンのポン[7995] g1iDfIOTgsyDfIOT 2017年9月19日 10:14:38 : foJ9QG2jUs : GmOaeOasm_I[69]
  
  
>>1. 中川隆

>安部先生

■どこの安部先生ですか。
 
 まさか「云々」が読めない無知無能総理のことじゃないですよね。
  
 


    
16.  2017年9月19日 11:04:06 : TMRZ8Fyxf2 : HgiQLpe0NcA[57]
西松水谷陸山会事件のとき、官僚は何をやっているのか、と思った。
強姦事件もみ消しを含む、安倍友事件でも、官僚は何をやっているのか、と思う。
世の中をまともにするような仕組みをどうしても作りたくない人がいるのだろうな。
 


    
17.  2017年9月19日 14:55:42 : riwgxq1iJ6 : Bd5Q3wVbe7A[1530]
帰れコールに辞めろコール。選挙になれば現場は荒れるだろう。アキバの再現が各地で起こる。国民を舐めとったらえらい目に合うぜ。楽しみだ。

    
18.  2017年9月19日 15:32:12 : Z0LaAKC6JA : al@Ndw@9NG4[272]
前川氏は真に優れた人物で、ご自身なんの得にもならないのに危機に瀕した民主主義のために命がけで発言されている。

前川氏の仕事への情熱の歴然たる証明として、現場への真摯な思いが多くの方の口から語られているが、「出会い系」に足を運ばれたのも氏の教育的関心からであることは自然に納得できることだ。前川氏のような知性に優れた人物は、変な社会的偏見など気にしないし、知的好奇心と現場への関心から自由に行動されるものなのだ。
最低のゲスであるスガは読売と組んでことさら「出会い系」と騒いだ。笑ってしまうほど下品な連中だ。いまだにそれをそのまま投稿に使う知性ゼロの「1.クソ川隆」はいかに卑しい存在か……その品性において、論理において、はたまたその腐った性根において、もはやまともな生物とはとても思えない。
小学生以上の判断能力を持つ人たちにとっては地球上で下の下の下の売国奴、夫婦そろって人間のカテゴリーに入るかどうか怪しい二人の一人を「安部先生」と呼ぶ、しかも「安倍」とまともに正しく漢字で表記できないバカ川隆、おまえはアホセンセイと同じく、この阿修羅を愛する人たちからどれだけ軽蔑され呆れられ嘲笑されているか、そろそろ知るがいい。

官邸と読売の下劣きわまる「出会い系」キャンペーンにひるむことなく、国民のために表に出られて堂々と発言された前川氏の勇気は、思い返すたびに偉大なものが感じられ心打たれる。
前川氏は頭脳明晰で理路整然と真実を語られている印象を受ける。人間味あふれる言葉や姿が拝聴していてなんとも爽やかで素晴らしいのだ。


    
19.    ボケ老人[2121] g3uDUJhWkGw 2017年9月19日 16:15:34 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[571]
菅官房長官殿は政府が正式発表してもいない解散を記事にしても起こらないんだ。

望月衣塑子が相手だとカンカンになるけど

   


    
20.  2017年9月19日 16:18:11 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[2244]
       膨大な情報量を整理できるとして「京」なるものを日本政府を挙げて評価しているなら、全ての省庁の業務関連文書を収蔵することなどいとも簡単である。
   メモと業務文書を振り分ける必要などなく、例えば家族との食事の約束などを仕事中に業務文書の中に割り込ませる職員などいないだろうし、もしいれば処分ものであろうから、メモとはいえ、関連業務のためのものであれば全て保管するのは、今の時代であれば簡単なことである。
   これは保存、これは廃棄、などと一々神経を使っていれば、それだけで一日が終ってしまうのであり、労働効率の点から言っても非効率極まりない。
   手書きにしてもパソコン内にしても、一日が終れば全て保管して帰宅するようにすれば何ということは無く、常に本来業務に集中できるのである。
   南スーダンの自衛隊の日誌事件もそうだが、中央政府の命令で戦闘を衝突と書き直さねばならないようなバカらしい事態に翻弄されていれば、命が幾つ有っても足りないだろう。
   行政文書も同様、内閣府や官邸の顔色を視つつ文書を一々振り分ける必要は無く、全て保管、の一点で解決である。
   本来は、まともな内閣であれば、所轄大臣が文書管理し、国民納税者から申告が有ったり議会で説明を求められれば直ちに大臣が関係事務官に事情聴取、保管文書のメモリー片手に、議会にて報告するのが筋である。
   この役割りを全く果たせていないのが安倍内閣であるところ、あろうことか、今や内閣府という小宇宙まで作ってしまい、そこに特定官僚を囲って霞が関の役人と談合状態で血税を引っ張り込んでいるのが現状である。
   前川氏の理想とする、国民主権主義、イコール租税主義の車の両輪である国民代表議会制度を、安倍内閣が意図的にか、完全に形骸化させていることは間違いないだろう。
    

    
21.  2017年9月19日 17:53:39 : WUl0YGksrg : _uJUp2kRNKY[50]
ジャパン・ハンドラーズとその背後のネオコンでありグローバリストであり、

戦争屋マフィアであり金融支配組織であり、原発核兵器利権マフィアであり、

そうした様々な悪党らが日本を好き勝手に操り、軍事侵略や人殺しや金儲け

を行い続けるために米国製「不正集計&マスコミ捏造支持率・当選者発表」

の八百長不正選挙が、安倍政権を作り出している事実を世界中に発信して

いくことが先ず第一、憲法違反・背任・背信・国民遺棄・国家資産詐取犯罪

の主犯安倍自民党が再びマスコミの捏造支持率と不正集計マシンを使った

不正選挙を実行してくるのは間違いないでしょう。


    
22.  2017年9月19日 17:54:19 : deOqGi9AWc : rR@ethhSPe0[33]
官僚はずるいけれど現在の範囲では前川氏は正しいようだ。現職の官僚は絶対ここまで真実を語らないずるさがある。安倍首相がどこまで国民をだまし続けるか、選挙は国民にとって厳しい審判だ。

    
23.  2017年9月19日 19:33:31 : 8q3qeXT2cg : LR5ucA3lcb8[-2565]

前川氏は、不正選挙の売国奴政権と対峙し、日本国憲法と国民主権を守ろうとしてるんだよ。
そして、南スの日報隠蔽問題のゴタゴタの陰で自衛隊員が死んでいるんだよ。

>自民党とは、日本を隷属国家にすべくCIAに作られ、米政府隷従DNAを埋め込まれた日本奴隷化装置http://ameblo.jp/utzsugi-rei/entry-11943422801.html
>「外務省が機密解除に反対」CIAの自民政治家へ資金 米元諮問委員が証言、
・・・・西日本新聞 2016年01月06日 03時00分
http://blog.livedoor.jp/mikagetarou/archives/10911075.html
>主要政党の政策評価2015年10月20日一般社団法人 日本経済団体連合会
http://www.keidanren.or.jp/policy/2015/088.html
>経団連会長企業 東レ6年ぶり再開 4000万円
自民党への大口献金増トヨタ、三菱自 公明党に献金14年政治資金報告
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-11-28/2015112803_01_1.html

>不正選挙、開票不正は「必要悪」である。
http://open.mixi.jp/user/8712738/diary/1943969682
不正選挙、開票不正は「必要悪」である。すべて公正に選挙民の投票に任せることは危険な側面を持つ。早いはなし、「消費税ゼロ、医療費ゼロ、年金倍増」と公約する候補者に簡単に票が集まってしまうだろう。・・・

>異常に早い当確発表 ~ ムサシ(安倍)・アンケート(麻生)・選挙速報(犬HK籾井)
http://blog.goo.ne.jp/fugimi63119/e/53d22eb106acc3f681b43455e1ce68ce
Q,午後8時、投票箱の閉鎖と同時に当確発表!?・・・・えっ、まだ投票箱は移動中なんですが???
A,この8時ちょうどの当確発表は総務省選管と同省内の総務省NHKがやってもない麻生事務所の出口調査で得票数を決めて発表して選管ムサシに事後通達して入力してるのさ。・・・

>腐敗権力の手先犬HK
http://blog.goo.ne.jp/fugimi63119/e/53d22eb106acc3f681b43455e1ce68ce
>大手新聞、テレビを見て信じている国民よ、現実はここまで選管は悪化、腐敗しているということだ
http://blogs.yahoo.co.jp/aruko26/39410488.html
ムサシによる選管委員の買収と接待は異常なほどで、選挙管理委員会もゴールドマンサックスのユダ金の手下となって不正選挙を行っている・・・
>【1214不正選挙】船橋開票所 ○井「まずいっす。」http://sayuflatmound.com/?p=6555
~「開票作業は見せないけど、不正選挙はありませんよ!」「でも、見られたらまずいっす。」

>2つの海外派遣後56人が自殺の真相~その多くが戦死だった可能性!?
https://ameblo.jp/64152966/entry-12206133125.html
実弾の飛び交う戦場に数千名が派兵されて、なぜ死者が皆無で、なぜ自殺者が56名なのか、その意味を理解できないか?もし海外派兵で戦死者が出たなら政権が責任を問われるが、自殺者なら問われないんだよ。

>イラクから帰ってこれなかった隊員たちがいる ・・・35名
http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2007/11/post_687.html
~衆議院議員照屋寛徳君提出イラク帰還自衛隊員の自殺に関する質問に対する答弁書

>イラク・レジスタンス・レポート 2005年7月8日 金曜 
http://www.geocities.jp/uruknewsjapan/0708-2005_Resistance_Report.html
・・・長時間の日本軍基地攻撃はシーア派の敵意増大を反映・・・
 8日午後2時30分、イラク南部の都市サマワにある日本占領軍の基地に対して、イラク・レジスタンス勢力は強力なロケット弾と迫撃砲弾を見舞った。イスラム・メモのサマワ通信員は、レジスタンスの砲撃は1時間15分ほども続き、施設内にサイレンが鳴り響くなかで、濃い煙がたちのぼるとともに、日本占領軍の基地内ではいくつもの二次爆発が発生した。いわゆる「人道支援イラク日本合同司令部」で通訳として働く基地内の情報筋は、イスラム・メモに対して、この砲撃は日本占領兵にも死傷者を出したが、犠牲者のはっきりした数字を示すことができないと語った。
__________________________________________


    
24.  2017年9月19日 19:47:41 : yyfkqEoVqI : i26hydbSaUo[2]
内閣支持率

広告代理店


    
25.  2017年9月19日 19:48:46 : cYUI9c8YnU : k7HSxODb4Wo[73]
>政府が国会を解散してでも隠したい情報はこれだ!前川喜平氏の会見内容を紹介。(お役立ち情報の杜(もり))

政府が隠したい情報が開示された、という事ですね!
そういう見方で見れば、最早政府にとって解散する意味は無くなったという事になりますが、
政府は多分衆院解散を実行すると思います。


    
26.  2017年9月19日 21:54:23 : WGCUH5paxc : DVQH@rKW3e4[1]
東京新聞:<検証「加計」疑惑>
社会(TOKYO Web)

(1) 始まりは15年4月2日:

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017091702000115.html

(2) 人事掌握で官僚萎縮

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017091802000114.html

(3) 個人メモ≠公文書?官邸 強まる隠蔽体質

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017091902000112.html


    
27.    けろりん[3123] gq@C64LogvE 2017年9月20日 01:13:15 : 6jIesZCeA2 : lIoD76othXc[106]

低脳ネトウヨの隆ちゃんは出てくるが、
かの、パヨク雄叫びのちょん統一アベサポの
珍走の道くんは・・・なぜか登場センな?

同じ底辺層民なのに・・それなりに
それぞれのカラーが__あるな?

中川は、かのタマの三ちゃんと
同じ低脳迷惑投稿指定に、なったんだ?
カワイソウに・・・

永久凍土指定だ。

W


    
28.  2017年9月20日 01:29:13 : ngI1NCqzxI : kbXgW9UsDlw[16]

前川さんの思い、沁みるよ~~

「国民主権」

「個人の尊厳」

安倍たちに踏みにじられようとしている。。。。国民よ、目覚めよ!!


    
29.    民主主義者[1] lq@O5Y7li2CO0g 2017年9月20日 05:30:56 : EL7vwcJGvE : 57l4jIj0Vhg[3]
いつ日本人が民主主義者だったんだよ
民主制度があるだけの集団主義者の集まりだろ
民主制ってのは個人主義者の元でだけ意義を発揮する制度であって日本が民主主義国を名乗ってるなんて馬鹿馬鹿しくて聞いてらんないわ
自分の信じる集団にだけ属して他の勢力の言い分は聞かない
しかし秩序には従う、と
別に集団主義が悪いわけじゃない
今まで日本は権力者が政治を実行して民衆が従うというのを一千年以上続けてきたしそれが悪かったわけでもない
少なくとも今まで日本で様々な失敗や失策はありはすれ、日本を滅ぼそうと決意して政権を取った政治家はいないんだから
で、深く民主主義や政策を考えずフィーリングで選挙を行なってきた非民主主義者に国民主権を与えるってどうかと思うね
責任を負わない責任者に権利を与えるのは愚かだろ
基本的人権が守られてたら十分だろ
主権者は主権者たる責任を果たせ
選んだ政治家が悪かったんなら一番悪いのはそいつに投票した投票者だろう
そいつに扇動されたってんなら扇動政治、明らかな衆愚政治だ
民主主義国としては風上にも置けないが政治内容自体は悪いと言うようなもんじゃない

>>23
自民党がCIAに作られたっていう根拠が3s政策って正気かよ
逆に日本大衆が政治に関心があった期間っていつだよ
公民権運動か学生運動の時くらいだろ
何千年権力者に政治を押し付け続けてきたよ、おい
CIAなんかが関与する余地がないくらい戦前から政治への関心がなかっただろうが
日本人が政治に関心を持ってたら明治維新なんて起こらないし大政翼賛会の支持にも従わないし朝日やら読売やらの新聞の扇動を盲目的に信じないしアメリカとの戦争に賛成したりもしねぇよ
というか戦後むしろ学生運動始め安保闘争やら政治への関心が高まってんじゃねーか
馬鹿かお前は


    
30.  2017年9月20日 08:25:36 : a3PIRrBpTc : jhQL90Qfq4A[72]

こういうまともな日本語は、国語の教科書に採用しても良い。
一部分抜粋で、小学3年向け・小学6年向け・中学3年向けと
して、どこかの教科書会社は考えてくれないかなあ。
絶対不採用だろうが、まて、最初に検定するのは文科省だ。

もしかしたら文科省の後輩諸子は、前川氏の檄を受けて、個
人の良心に従って合格としてくれるのではないか?

こういうまともな日本語に比べて、全く聞いていて恥ずかし
いのが、総理大臣の演説だ。壊れたテープレコーダーのよう
に「丁寧に答えていく」としか言えない。

この落差に毎日目がくらむ。  あああ――。

以上は「阿修羅」より

真実は強し、嘘はむなしい。安倍モリ・カケ・レイプ、不正政権はどこまで

行っても嘘の積み重ねです。                   以上

« キエフ政権に耐えることが、ロシアにとって一体なぜ危険なのか | トップページ | インターネットに次ぐ大革命「ブロックチェーン」で、私たちの暮らしはどう変わる? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« キエフ政権に耐えることが、ロシアにとって一体なぜ危険なのか | トップページ | インターネットに次ぐ大革命「ブロックチェーン」で、私たちの暮らしはどう変わる? »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ