カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« ナレンドラ・モディはくら替えしたのか? | トップページ | 突然死した資本主義 »

2017年9月25日 (月)

ここまで狂ったかと国民唖然 大義なき冒頭解散に逆風<上>  安倍自民党 大惨敗の兆し(日刊ゲンダイ)

ここまで狂ったかと国民唖然 大義なき冒頭解散に逆風<上>  安倍自民党 大惨敗の兆し(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo232/msg/530.html

投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 9 月 19 日 18:10:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU 

 
 
   
      

 

 

ここまで狂ったかと国民唖然 大義なき冒頭解散に逆風<上>
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/213845
2017年9月19日 日刊ゲンダイ

  
   北朝鮮危機を政治利用(C)共同通信社

冒頭解散でハッキリわかった「北朝鮮危機」とやらの政治利用

 ついにここまで狂ったかと、多くの国民が唖然としているに違いない。安倍首相が「大義なき」解散に踏み切ることを決めたからだ。28日召集の臨時国会の冒頭で解散し、「10月10日公示―22日投開票」を軸に日程調整が進められている。

 冒頭解散でハッキリ分かったのが、安倍が煽り立ててきた「北朝鮮危機」とやらの正体だ。

 国際社会の警告を無視し、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮は確かにトチ狂っている。しかし、金正恩朝鮮労働党委員長が揺さぶっているのは米国のトランプ大統領だ。

 日本は眼中にない。なのに、安倍は「異次元の圧力をかける」とわめき立て、過去2回のミサイル発射では領海からはるか彼方の太平洋上に落下したにもかかわらず、Jアラートを作動させ、日本国民を恐怖のドン底に陥れてきた。

 しかし、「北朝鮮危機」は切迫したものでもなんでもないことが分かった。もし切迫していたら、1カ月も「政治空白」が続く解散・総選挙などやれないからだ。

 高千穂大教授の五野井郁夫氏(国際政治学)は言う。

「いかに安倍首相が北朝鮮危機を政治利用してきたか、語るに落ちるとはまさにこのことです。解散すれば衆院議員は不在になり、およそ1カ月の政治空白ができる。北朝鮮の暴発、あるいは米朝衝突が現実に迫っているのであれば、選挙どころではないはずです。そもそも、北朝鮮のミサイルが日本上空を通過するのは6回目ですよ。日本の危機は以前と大きく変わっていない。韓国は実に冷静です。国民の目をモリ・カケ疑惑からそらし、内閣支持率を上げるため、安倍首相が北朝鮮問題を利用してきたのは明々白々です」

 散々、北朝鮮危機を煽っておきながら、平然と政治空白をつくる安倍には国際社会も呆れているはずだ。

 国連総会出席などで訪米中の安倍は総会演説で北朝鮮問題をスピーチする予定で、それに合わせて米ニューヨーク・タイムズ電子版に寄稿。そこでも、〈対話は行き詰まるだろう〉〈今こそ最大の圧力を掛ける時だ〉などと呼び掛けている。

 国際社会に危機を訴えた直後、議会を解散して政治空白をつくるなんてあり得ない話だ。

「北朝鮮をめぐる安倍政権の過剰な反応には海外メディアも冷めた目を向けています。その上、解散となれば国際社会で物笑いの種です」(五野井郁夫氏=前出)

 安倍は自己保身のために内政も外交も私物化しているのである。

  
   詐欺容疑の逮捕から2カ月の籠池氏(左)、佐川宣寿氏は虚偽答弁の疑い濃厚/(C)日刊ゲンダイ

臨時国会が始まればモリ・カケ疑惑でオシマイだった安倍政権

 国民から「大義がない」と批判されても安倍首相が冒頭解散を決めたのは、野党に国会審議をさせないためだ。安倍は臨時国会を開くことを極端に嫌がっていたという。

 実際、12月まで国会審議が続いたらモリ・カケ疑惑が再燃し、安倍が火ダルマになるのは間違いなかった。

 政治学者の五十嵐仁氏は言う。

「唐突な解散は、モリ・カケ疑惑隠しであることは歴然です。悲願の憲法改正を実現するための改憲勢力3分の2を失うリスクを負ってでも、総選挙をやって臨時国会を潰さなければ政権維持は危うい。そう判断したのでしょう。事実、通常国会の閉会後も森友、加計両学園をめぐる新事実が次々と明るみに出て、野党は臨時国会で猛攻勢をかけようと手ぐすねを引いていた。内閣支持率は下げ止まり傾向ですが、モリ・カケ疑惑を追及されたら、再び支持率は30%台に下落してもおかしくなかった。臨時国会で袋叩きに遭えば、安倍政権はもたなかったはずです」

 臨時国会の論戦がヤマ場を迎える9月、10月はモリ・カケ疑惑が一気に噴き出すと予想されていた。

 まず、森友学園にタダ同然で払い下げられた国有地売却をめぐっては、会計検査院が月内にも報告書を公表する予定だ。

 加計疑惑の方は、来年4月開学を計画する獣医学部の認可を決定する文科省の大学設置・学校法人審議会(設置審)の結論が10月末にも出るとみられている。疑惑が晴れないまま開学にGOサインが出れば、世論の爆発は必至である。

「安倍政権が続く限り、モリ・カケ疑惑は永遠に終わらない。安倍首相が説明すればするほど、矛盾が広がるだけだからです。誰がどう見ても、森友疑惑に安倍夫妻が関与していたことも、加計ありきだったことも事実ですからね。国税庁長官に栄転した佐川宣寿氏への国民の反発も強い。安倍首相はモリ・カケ疑惑をリセットするには、もう解散しかないと考えたのでしょう」(政治評論家の本澤二郎氏)

 臨時国会が始まれば、安倍内閣は確実にオシマイだった。

ここまで狂ったかと国民唖然 大義なき冒頭解散に逆風<上>
安倍首相はいつも言葉と行動が完全に食い違っていて、その辻褄が合わなくなったのだろう。普通の人間であれば「ごめんなさい」と言うところだが、彼は育ちが違うから誤ることを知らない。https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/213845

 
 
 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 

   

                      
コメント
 
1.    2017年9月19日 18:55:38 : ZyGhaf3hMk : a88skuChnyU[345]
>「北朝鮮危機」は切迫したものでもなんでもないことが分かった。もし切迫していたら、1カ月も「政治空白」が続く解散・総選挙などやれないからだ。

結局、安倍さんにとっては、北朝鮮の危機よりも、野党の解散しろ!という声に
応える方を優先したってことだね。こういう甘い男は政治の世界では苦労する。
野党よ、チャンスだ。


    
2.    2017年9月19日 19:05:35 : i3NOfbUvzc : nUcyw4PDOr4[1]
実に迷惑な安倍内閣、内政も外交も、国会も私物化。
これを批判しない政治家たちの顔ぶれをチェックしておこう。

    
3.    2017年9月19日 19:06:58 : Iw2zSIQ5ew : of5DIVS0IH8[11]
ネトウヨというのはスポンのポンや前原に好意的だな

    
4.    2017年9月19日 19:32:45 : yyfkqEoVqI : i26hydbSaUo[1]
内閣調査室、 マスコミに世論誘導用の資料を配布していた
ネトウヨの画像と全く同じ
http://www.asyura2.com/17/senkyo228/msg/626.html

「内閣調査室」 の所が産経、DHCテレビでも同じこと。


    
5.    2017年9月19日 20:05:49 : 4tBUqYXtDY : Y9AGnmStsRo[39]
安倍は、森友問題で言っていたごとく、素直に辞職して議員をやめ、自民党で新たな内閣を組閣すべきであろう。

    
6.    2017年9月19日 20:26:30 : fdjxKUPXOo : CFL0jiWC0tQ[1]
ゲンダイはこういう記事出す前に、勝つためにどうするかをもっと働きかけるべきでは無いか。そもそも当たった例しがない。

安倍は一刻も早く潰れて欲しい。でも、ガス抜きゲンダイなんぞ、期待を持たせるだけのガス抜き係で、一番安倍を応援してるような事やってるので、信用出来ない。


    
7.       スポンのポン[8001] g1iDfIOTgsyDfIOT 2017年9月19日 20:34:43 : foJ9QG2jUs : GmOaeOasm_I[75]
 
 
■「おれ様解散」
 
 

    
8.    2017年9月19日 21:44:17 : sAykuuF5dA : v0dvxMfUJTc[254]
>臨時国会が始まれば、安倍内閣は確実にオシマイだった。

モリカケ隠し解散。
大儀無き解散を国民がどうとるかだな。

安倍が首相を続けても北朝鮮問題が好転するとはとても思えません。
仕事をしない内閣は退散してほしい。


    
9.    2017年9月19日 21:57:11 : ABPExKQ6Vk : WkKEBT_l450[325]
解散で、ムサシで来るなら 「選挙に行こう」運動で対抗することだ。

いくらマスゴミが煽ろうとも、口コミの広がり弱いようでが強い。

口コミが広がればマスゴミのアオリの内容に疑問がわいてくる。
そうして疑問の目で見られていることがわかれば、スシ友であっても本当のことを言わざるを得ない。  キャスターもTV局も新聞社も自分が一番可愛いからね。
疑問を持たれた番組のスポンサーになる人はいないだろうからね。

「このTV、新聞本当だろうか?」この意識を起こせば大きな潮流になる。


    
10.    2017年9月19日 22:09:45 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[1060]
大惨敗?
楽観視しすぎじゃない?
国民は未だに眠ったままだぜ
自民の圧勝だろ
なんせ自民はマスコミを自由に動かせるんだからさ

    
                     
11.    2017年9月19日 23:39:35 : RKVQGxnM9s : St9V3Uoaq80[16]
モリカケのときもそういっていただろ?
「自民はマスコミを自由に出来るのだから モリカケがニュースになることはない」って

    
12.    2017年9月20日 00:22:14 : Ua0mKg0fnU : EUk9EgZormc[149]
大義はどうでもいい。成果は要らない。日替わりランチのようにめくらましを連発すられ愚民は騙される。東京オリンピックを花道にしたい。それが安倍の滑稽なまでの本音。

河野太郎・野田聖子をとりこんで支持率が回復し、前原民進が共産党と共闘しないと保証してくれた今を安倍が見逃すはずもない。

 


    
13.    2017年9月20日 01:23:59 : 1JbOh4548U : h6IdWu88An0[2]
選挙のタイミングとか
モリカケ問題で攻めるのも良いけど
同時に安倍政策の消費税10%
には絶対反対!
むしろ5%に戻す事によって
税収が上がると言う用な
政策面で安倍打倒を訴える事を
同時にやらないとネガギャン
だけじゃ勝てないと思う!

 


    
14.    2017年9月20日 01:28:56 : PbEFBCkszA : Fu9pBf7@hjo[1]
もともと狂っている、おおいに

    
15.       panbet37[506] gpCCgYKOgoKChYKUglKCVg 2017年9月20日 02:34:48 : RZV19Ia9LM : 1wxaH2aRLsI[10]
    もう一つ極めて重大な論点を一つあげます。それは今や、アメリカが世界一の国では絶対になくなったという冷徹な現実です。トランプの国連演説なんて、負け犬の遠吠え以外のなにものでもない。今、最大、最強の国家は中国です。好き嫌いに関係なくこの現実を認めることで。今なお偉そうにしているアメリカこそ張子の虎。そんな現実の国際地政学の中で、ポチ犬さながら、アメリカ一辺倒の安倍は日本を危機に追い込む亡国の徒としか言いようがない。これ以上、嘘つき安倍に騙されないようにしましょう。 

    
16.       嫌韓[1497] jJmK2A 2017年9月20日 09:39:41 : 4qaVPYkDzQ : wBvWYsD@iqA[13]
>「北朝鮮危機」は切迫したものでもなんでもないことが分かった。
 もし切迫していたら、1カ月も「政治空白」が続く解散・総選挙など
 やれないからだ。

何をぬかす日刊ゲンダイ!!
モリ・カケで半年以上政治空白を作ったのは、ゲンダイやら民進党だろう。
もう政治空白をなくすための選挙だよ。

>臨時国会が始まれば、安倍内閣は確実にオシマイだった。

支持率も上がっている安倍内閣がおしまいだと言う理由を言えよ。
根拠のない煽り、ゲンダイ最低!!

>ここまで狂ったかと国民唖然。

それなら野党連合が楽勝だろう、なぜ火病る、日刊ゲンダイ!!

最近、売れ行き悪いぞ、日刊ゲンダイ。
夕刊フジが売り切れているのに、日刊ゲンダイは随分残っていた。
フェィクニュースばかりでは、こうなるわな!!


    
17.    2017年9月20日 09:57:47 : DFvLmM73GY : WdPWwoZVKXU[1]
 
(社説)10月衆院選へ 大義なき「身勝手解散」
 
  安倍首相による、安倍首相のための、大義なき解散である。

 衆院総選挙が10月10日公示、22日投開票の日程で検討されている。首相は、9月28日に召集予定の臨時国会の冒頭、解散に踏み切る公算が大きい。

 重ねて記す。野党は6月、憲法53条に基づく正当な手続きを踏んで、臨時国会の早期召集を要求した。これを3カ月以上もたなざらしにした揚げ句、やっと迎えるはずだった国会論戦の場を消し去ってしまう。

 まさに国会軽視である。そればかりか、憲法をないがしろにする行為でもある。

 首相は、8月の内閣改造後、「働き方改革」のための法案などを準備したうえで、召集時期を決めたいと語っていた。

 だが解散すれば、肝いりの働き方改革は後回しになる。首相が「仕事人内閣」と強調した閣僚メンバーの多くは、まだほとんど仕事をしていない。目につく動きと言えば、「人生100年時代構想会議」を1度開いたくらいだろう。

 首相は、衆院選で掲げる公約の案を自民党幹部に伝えた。

 2019年秋の消費税率引き上げは予定通り行ったうえで、税収増の大半を国の借金の穴埋めに使う今の計画を変え、教育の無償化など「人づくり革命」の財源とする構想だ。

 しかし、消費増税の使途見直しは与党内の議論を経ていない。民進党の前原誠司代表の主張に近く、争点をつぶす狙いがうかがえる。いま総選挙で有権者に問うにふさわしいテーマとは言えない。

 さらに理解できないのは、北朝鮮情勢が緊張感を増すさなかに、政権与党の力を衆院選に注ぎ込もうとする判断である。

 自民党内では、有事や災害に備えて憲法を改正し、緊急事態条項や衆院議員の任期延長の特例新設を求める声が根強い。その一方で、衆院議員を全員不在にするリスクを生む解散をなぜあえてこの時期に選ぶのか。ご都合主義にもほどがある。

 与党は予算案や法案を通す圧倒的な数をもつ。国民の信を問うべき差し迫った政策的な緊迫があるわけでもない。総選挙が必要な大義は見当たらない。

 なのになぜ、首相は解散を急ぐのか。自身や妻昭恵氏の関与の有無が問われる森友学園や加計学園の問題をめぐる「疑惑隠し」の意図があると断じざるを得ない。

 それでも首相はこの身勝手な解散に打って出るのか。そうだとすれば、保身のために解散権を私物化する、あしき例を歴史に刻むことになる。
 
(2017年9月20日 朝日新聞)
 


    
18.    2017年9月20日 10:10:44 : DFvLmM73GY : WdPWwoZVKXU[4]
 
臨時国会  所信表明直後に解散で調整 異例の質疑なし

 政府・与党は28日召集予定の臨時国会で、安倍晋三首相による所信表明演説を行い、その直後に衆院解散に踏み切る調整に入った。首相は演説で解散の判断を表明した上で、北朝鮮への圧力路線の継続と、消費増税の増収分の使途を見直して幼児教育無償化などに振り向ける考えを示す見通しだ。国会での質問を受け付けない段取りに対し、野党が猛反発するのは必至だ。

 政府・与党は首相演説に先立ち、北朝鮮の核・ミサイル問題を非難する決議を衆参両院の本会議で採択することも検討する。通常は所信表明演説の翌々日から与野党の代表質問が始まるため、演説直後の解散で質疑が省かれるのは異例だ。首相は6月の通常国会閉会後の記者会見で「丁寧に(今後は)説明する」と話していただけに、野党は内閣不信任決議案の提出も検討する。その場合、与党は演説も省略して解散に進む段取りも想定する。

 また首相は25日にも記者会見を開き、事前に解散方針を表明する案も検討している。訪米から帰国後の23日以降に最終判断する。

 首相は消費税率10%への引き上げを2度延期したが、2019年10月の引き上げは、今年8月5日の民放番組で「予定通り行っていく」と表明。その増収分の使途を「国の借金返済」などから変更し、教育無償化などに振り向ける意向だ。選挙戦を通じて「人づくり革命」をアピールする。

 増収分の使途変更に関しては、民進党の前原誠司代表も、先の代表選で幼児教育無償化などに充てる案を示していた。前原氏は19日の党会合で「まるでとんびが油揚げをかっさらうかのような考え方を臆面もなく選挙の争点にする。まさに争点消しだ」と批判した。

 解散方針への野党の反発は19日も続き、前原氏は「北朝鮮が核実験やミサイル発射などを繰り返す状況で、本当に(衆院解散による政治)空白を生んでいいのか」と党会合で述べた。森友学園や加計学園の「疑惑隠し」批判も強く、共産党の小池晃書記局長は会見で「これほど露骨な党利党略はない」と批判した。

(2017年9月20日 毎日新聞)
 


    
19.    2017年9月20日 10:14:05 : DFvLmM73GY : WdPWwoZVKXU[5]
 
社説  首相が「冒頭解散」を検討 国民が見くびられている

 主権者たる国民への畏れなど、みじんも感じられない政治がまかり通ろうとしている。

 安倍晋三首相が28日召集予定の臨時国会冒頭にも衆院を解散する方針を固めた。総選挙は「10月22日投開票」の日程を軸に政府・与党は調整に入っているという。

 北朝鮮情勢の緊迫が続く中での選挙となる可能性が高い。にもかかわらず解散に踏み切るのは、今、選挙をした方が自民党はそんなに議席を減らさないだろうという首相の打算以外に考えられない。

 民進党は前原誠司代表に交代した後ももたついている。小池百合子東京都知事と連携して結成を目指すという新党も、今なら準備が間に合わないだろうというわけだ。

 さらに首相の魂胆が透けて見えるのは、首相の所信表明演説や各党代表質問も行わずに解散する案が検討されていることだ。

 首相自身が渦中にある加計学園や森友学園問題は何も解明されておらず、引き続き国会の焦点だ。首相も先の通常国会終了直後は「今後、真摯(しんし)に説明する」と約束していた。

 ところが、それを避けて解散に持ち込むのは、よほど疑惑を隠しておきたいからだろう。首相がそれでこの問題は忘れ去られると考えているのなら国民はなめられたものだ。

 解散・総選挙によって政治空白が生まれ、「北朝鮮問題への対応は大丈夫なのか」との不安もある。

 自民党からは「北朝鮮問題は長期化するから、いつ解散しても同じ」との声を聞く。ならば、なぜそう判断するのか、そして、この問題をどう解決しようと考えているのか、説明すべきだ。

 確かに内閣支持率は一時と比べて回復している。しかし、それは北朝鮮問題という対外的な危機感が現内閣への期待を生んでいるからに過ぎない。首相の努力の結果ではない。

 首相は先月、改造内閣を「仕事人内閣」と自賛した。成果どころか、仕事の中身さえ国会で示す前に解散するということでもある。

 2014年11月、消費増税先送りを理由に衆院を解散した時以上に大義はないと言うべきである。

 首相は米国から帰国後に最終決断するという。冒頭解散は国民不在の選択である

(2017年9月19日 毎日新聞)
 


    
20.    2017年9月20日 10:32:38 : DFvLmM73GY : WdPWwoZVKXU[6]
 
【社説】 衆院選10月に 「安倍政治」に下す審判

 議員任期を一年以上残しているとはいえ、閉塞(へいそく)感が漂う日本政治を転換する機会でもある。政権側の思惑に惑わされず、五年近くにわたる「安倍政治」に対する審判をしっかりと下したい。

 自民党の二階俊博幹事長が、安倍晋三首相から早期の衆院解散を検討していると伝えられたことを明らかにした。二十八日召集予定の臨時国会の冒頭にも衆院を解散し、十月中旬に公示、下旬に投開票が行われる見通しだという。

 衆院解散は、全国民の代表である国会議員の身分を行政府の長である首相が奪う行為だ。内閣不信任決議案の可決または信任決議案の否決という憲法に定めがある場合や、国民に信を問うべき重要な争点がある場合を除き、首相の「解散権」は、乱用を厳に慎むべきものである。

 首相の今回の解散に、そもそも急ぐべき「大義」はあるのか。

 臨時国会召集は、森友学園への国有地売却、加計学園による獣医学部新設、防衛省・自衛隊の日報隠しなど安倍政権をめぐる疑惑追及のため、野党側が憲法五三条に基づいて要求していたものだ。

 それを三カ月も放置して野党に追及の機会を与えず、召集した途端の冒頭解散なら、憲法軽視、疑惑隠しと批判されて当然だ。

 解散するにしても、せめて首相の所信表明演説と各党代表質問、衆参両院予算委員会での総括的質疑を終えてからにすべきである。

 解散検討の背景には、民進党の低迷のほか、野党共闘をめぐる協議や小池百合子東京都知事と連携する国政新党の準備が進まないうちに解散した方が、自民党に有利との判断もあるのだろう。

 それが政治の現実とはいえ野党の混乱に乗じた解散は、やはり解散権の乱用との誹(そし)りは免れまい。

 とはいえ、私たち有権者は傍観するだけではいけない。むしろ衆院選は、そうした政権の在り方を含めて「安倍政治」全般にわたって審判を下す機会でもある。

 例えば、安全保障や経済政策。安倍政権の下で進められている軍事偏重、成長重視の政治に歯止めをかけるには、選挙で民意を示すしかない。

 政治の主導権を握る安倍自民党に比べ、野党には厳しい選挙情勢であることは間違いないが、大義なき解散と批判するだけでは、有権者の支持は集まるまい。

 短期間だが、各党内で徹底的に議論し、「安倍政治」に代わる政権や政策の選択肢を示す。それが野党に課せられた責務である。

(2017年9月20日 東京新聞)
 


    
                     
21.       やもめーる[-1151] guKC4ILfgVuC6Q 2017年9月20日 12:46:46 : OiYrpQSZ82 : hrfXST@YPao[-79]
>>16嫌韓=親エセユ!!
「夕刊フジが売り切れているのに、日刊ゲンダイは随分残っていた。
フェィクニュースばかりでは、こうなるわな!!」

キムチカルト統一教会のキティガイ信者がおまけとお情けで
買い占めてんだろ?(笑)丸でAKBのアホヲタのように。(笑)
ウジ3Kなんぞまともな一般人は関わらない、買わない、気にしない。これがホントのウジ3Kクオリティー!!(なんちて、笑)こうなるわな!!(笑)

    
22.    2017年9月20日 15:04:52 : Z0LaAKC6JA : al@Ndw@9NG4[275]
ほとほと汚い政権だ。

トランプに倣うと、先軍政治の独裁者アベによるならず者政権だ。
今回のは「脱糞ひり逃げ解散」という感じがする。

アベの、モリとカケを食った後の脱糞の腐った臭いは、すでに多くの国民の鼻に届いて、いまだに強く残っている。
臭いというものは、最も記憶に残るものなのだ。

不正のあとをとどめる〈臭いの記憶〉に訴えて、独裁者一味を国民の手で駆逐するチャンスが来た、という感じがしている。


    
23.       嫌韓[1499] jJmK2A 2017年9月20日 18:01:49 : 4qaVPYkDzQ : wBvWYsD@iqA[15]
しかし、安倍晋三君もえげつないね。
今この時、解散を打てば、野党は全滅だろう。

民進党は離党ドミノの真っ最中、離脱議員に対抗馬も立てられん。
共産党と組めば、民進党の支持者の50%以上の健全保守層が離れる。
共産党と組まないと革マル派・枝野の内ゲバが始まる。
進めば地獄、退いても地獄・・・
前原先生、大変な時期に代表になったね!!

噂では、志桜里が無所属で選挙に立候補するらしい。
相変わらず空気が読めない。
旧帝大の面汚しと学閥からも完全に汚物扱い。
熱心な支持層の主婦たちからも汚物扱い。
立候補??
気が狂ったとしか思えない。
そして、民進党のイメージをより悪くする。
大方、小林などの取り巻きから煽てられたのだろうが・・・
不倫に走る様な女は世話になった党を最後まで苦しめる。


    
24.    2017年9月20日 20:50:08 : Zph6sflkIo : 2wM1MRykR1A[2]
パンツ盗んだ大臣、育休不倫、ハゲに暴言吐き愚弄し暴力までふるった豊田議員、贈収賄数知れず、悪代官甘利はナゼ追求されない?自民党なら何やっても捕まらんしオーケーと思ってやりたい放題の連中ばかりだ。
不倫手つなぎバッチリ写真とられてる今井議員も忘れてた。あ、ドリルで証拠隠滅を図ったドリル優子もいたな、それから、災害現場に長靴無しで行ったおんぶ大臣。
重婚議員もいたし、わわ、ホモ議員もいた。妖怪人間ベラに似たまえに電波停止脅しした議員もいるし、イナダは整形しまくりで網タイツで、大嘘つきで、困ると安倍に泣きつくそうだ。皆知ってる安倍の愛人だそうな。安倍は愛人を防衛大臣にして、イナダはあの狂犬と言われるマチスに顔入りのチロルチョコ送った日本の恥。バカだ。
おかしいなこんな自民党なんか選んだ覚えないって皆思ってるよ。  情報操作で偽の現実を作るのももう限界と思うけど。バーチャルリアリティで存在する内閣。ムサシ止めればタダの馬鹿。

    
25.    2017年9月20日 22:32:10 : v2EfQC0Qjw : @7KPxmj3gOw[1]

【憲法違反解散】

日本国憲法の、どこに「総理大臣の都合で勝手に国会を解散できる」と書いてあるんだ?そんな事、どこにも書いてないだろ!

衆議院の解散は、満期終了意外では「内閣不信任案の可決、または信任案の否決」された時だけだ(69条)。その際、衆議院解散か内閣総辞職を、内閣が選択することになることが明記されている。

テレビや新聞が「首相に衆議院の解散権がある」と言っているのは【全部ウソ】。
憲法の、どこにも書いてなんかいない。

ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソ、ウソばっかり。

 


    
26.    2017年9月20日 22:49:52 : pF5JmGQVNk : i0WUcsLUxIE[2]
>>右翼にすらなれないプヨ工作員のボ嫌韓

おいおい。スグに火病ってギャーギャー喚くのはテメェの得意技じゃねぇか。
くだらねぇ馬鹿コメばっかだと、ますます単価が下がるぞw

 


    
27.    2017年9月20日 23:52:17 : YwB404CeKY : jguL8WUr6wg[22]
シオニスト・カルトの猛毒でお頭がイカレタトランプ
統一教会(=フリーメーソン=イルミナティ)繋がりで
イヴァンカに安倍の言うとおりに動けと命令されて
素直に従うシオニスト・カルトの御用犬と化してから
吠える内容が親安倍・親イスラエル
ハリウッドのシオ二スト悪魔教御用達黒人俳優も発狂状態
ロシアが悪いプーチンはスパイだと忠犬ワンワン
小児性愛がんじがらめでお咎め無しなのは
安倍の忠犬似非ジャーナリストが女性をレイプしながら
逮捕されないのと構図も背景も腐敗したシステムも全部カルトで
繋がっているからでしょう

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-18327.html

2017.09.20 12:00|カテゴリ:政治経済| コメント(56)
トランプ大統領、国連演説で北朝鮮を猛批判!「13歳の少女が拉致された」「北朝鮮を完全破壊」

娘のイヴァンカや旦那のクシュナーに、巧く操縦されているのでしょう。
北朝鮮ミサイル発射に乗じて、安倍政権から8兆円もの商売を獲したトランプ軍事政権。
北朝鮮関連で安倍の背後で指図するジャパンハンドラーズの対中戦略どおり、
日本の軍事国家化推進も着々と進行、
まだまだ北朝鮮(対中国戦略の足がかり)で、日本からカネをむしり取る算段。
この北朝鮮非難と併せて、マスコミが喧伝する北朝鮮の核開発アシスト印象操作
でテロ国家のイメージアップのイランについても、口汚く罵りイスラエルの
ネタニヤフに媚びまくりのトランプ。
そのトランプの発言を誉めそやす横田夫妻は、日本の政権が北朝鮮→韓国経由
のカルト宗教信者らに乗っ取られている事実には耳を塞がれているのでしょうか。
日本も米国も背後では北朝鮮と繋がっていることを、先ずは知るべきではないですか?
[ 2017/09/20 23:37 ] 名無し


    
28.    2017年9月21日 01:54:08 : NoYaqvHSb6 : gXbJ4cf_HEQ[61]
「ナチスの手口解散」
こうやって、議席を増やしたと言う事

踏ん張らなくては


    
29.    2017年9月21日 02:22:38 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[2247]
     言われてみれば、25さんの言うとおりだと思う。
   無論、辞めて欲しいという声は安倍内閣に対してかなり有ると思われるが、法治国家である以上、なら辞めてやるよ、の投げ出しはかなり異常である。
   何事にも法治主義であれば手続きというものがあり、政治家が手続きを踏む事が、国として、人治主義、無法主義では無い証明であり、最高法規である憲法を遵守し、その憲法に準じた範囲での基本法を立法し、その基本法に忠実な歳出処理を事務方に行わせる、租税主義、国民代表議会制度の為の手続きは欠かせない。
   従って、段取りとしては先ず、現内閣が国民納税者に対しての非常に不適切な行政事務の管理監督振り、例えば憲法理念とは合致しない軍産複合体ロビイストが求める立法案を防衛官僚がつくり、それを閣僚に示して賛成多数で本会議に送り、本会議では与党が党議拘束を掛けて審議の経緯も無視した採決を行い、憲法に反して軍国化している場合など、内閣不信任案提出の条件に該当する。
   到底国民納税者の目には、現与党はどのような利権を目的とした法案もノーチェックで閣議も本会議もスルーしてしまい、真に国民が求める立法案とは異なる法律とそれに伴う通達等である場合が殆どであると感じられるからである。
   次々に軍産複合体の求めに応じて憲法理念に反した形で軍備の増強を行う内閣に対しては、内閣不信任案を代議士から出してもらうことになろう。
   要は、国民納税者が代議士を介して公式に不信任案を出した結果国会の信任を得られず、不信任が可決されて初めて、総辞職という流れに至るのである。
   国権の最高機関は内閣では無く、国会であり、その国会に集う有権者を代表する代議士によって、内閣が洗礼を受けるのが第一段階である。
   先ずは、内閣は国会の全代議士による洗礼を受け、次の段階で国民全体の洗礼を受けるという手続きを踏まない場合には、今回の解散のように、今なら有利だとかの党利党略を優先した内閣が、私利私欲で解散を打つということが今後も許されるのである。つまり、日本は、人治主義、イコール無法主義だと内外に宣言したも同様だということだ。
   内閣不信任案の提出を経ていない中での勝手な解散は、今後の日本の国政への、悪しき前例を残すことになるのである。
   
   

    
30.    2017年9月21日 10:51:03 : uMpSxL3Zrg : 0hG990JSTzU[19]
日本では、
憲法●反犯罪者は、
選挙に出られません!
極刑の罰で罪を償うので・・・・
もちろん、グルの官僚や検察や最高裁の皆様も
同様にしてください!

ついでに、
コイツラのせいで失った国民のお金は、
親族の皆様や、グル企業の社員の皆様で
キッチシ、返済してください。

全世界の皆様に、
周知徹底で、
よろしくお願いします。

以上は「阿修羅」より

安倍氏は脳幹にまで癌が転移しており、正常な判断ができなくなっています。余命も後少しです。これもあまりにも国民を馬鹿にした結果への天罰です。神様だけは誤魔化せません。                                     以上


 
 

« ナレンドラ・モディはくら替えしたのか? | トップページ | 突然死した資本主義 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ナレンドラ・モディはくら替えしたのか? | トップページ | 突然死した資本主義 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ