カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« アメリカは延命資金調達のため、なんでもする:核戦争という脅し:アメリカ決算日が9月、国民の注意を | トップページ | 飛行中の旅客機が「落雷に貫かれた」瞬間 »

2017年9月28日 (木)

小沢一郎代表は、全国各地で候補者を「1人」に絞り、「野党一本化」の選挙協力態勢づくりに密かに奔走している

小沢一郎代表は、全国各地で候補者を「1人」に絞り、
「野党一本化」の選挙協力態勢づくりに密かに奔走している

◆〔特別情報1〕
 誠に皮肉なことに、安倍晋三首相に総選挙を決断させたのは、
民進党の山尾志桜里衆院議員(前政務調査会長=現在離党)の
ダブル不倫スキャンダルだった。野党は、解散・総選挙を望んでいた
ので、山尾志桜里衆院議員は、最大の功労者と言ってよい。だが、
「安倍1強多弱」の勢力分野では、「多弱」の野党が候補者を乱立
させれば、全滅は自明の理。故に候補者を「1人」に絞るしかない。
絞れなければ、安倍晋三首相の長期政権化を許すことになる。
されば、「打倒安倍晋三政権」の1点で心を1つにして、選挙戦に臨む
べきなのである。だが、これまでに野党が小選挙区候補者1人に
絞れたのは、北海道と熊本県の1道1県だけにすぎない。
小沢一郎代表は、全国各地での野党一本化など選挙協力態勢
づくりに密かに奔走している。
以上は「板垣英憲氏」ブログ
ぜひ野党の一本化を成し遂げて、選挙を戦ってほしいものです。
そうすれば確実に政権交代はできます。全面応援します。
安倍モリ・カケ・レイプ、不正政権はもうまっ平です。 以上

« アメリカは延命資金調達のため、なんでもする:核戦争という脅し:アメリカ決算日が9月、国民の注意を | トップページ | 飛行中の旅客機が「落雷に貫かれた」瞬間 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカは延命資金調達のため、なんでもする:核戦争という脅し:アメリカ決算日が9月、国民の注意を | トップページ | 飛行中の旅客機が「落雷に貫かれた」瞬間 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ