カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 米国イエローストーンの群発地震の発生が2567回を超え、回数と継続期間が「観測史上最大」の規模に | トップページ | ロシアに更に圧力をかけるワシントン »

2017年10月 4日 (水)

安倍晋三首相は、「第2の日本」北朝鮮が朝鮮半島の「緩衝国家」として日本を守ってきた恩義を忘れて敵視する「悪魔」だ

安倍晋三首相は、「第2の日本」北朝鮮が朝鮮半島の
「緩衝国家」として日本を守ってきた恩義を忘れて敵視する「悪魔」だ

◆〔特別情報1〕
 「北東アジア外交で結果を出せない」安倍晋三首相は9月20日午後
(日本時間21日午前3時)、国連総会(ニューヨーク市)で16分31秒、
一般討論演説を行った。「第2の日本」北朝鮮が、米ソ東西冷戦下、
朝鮮半島の「緩衝国家」として日本を守ってきた恩義を忘れて敵視して
いる安倍晋三首相は、「私は、私の討論をただ一点、北朝鮮に関して
集中せざるを得ません」と前置きして、全体の8割14分24秒を北朝鮮
問題に割き、「北朝鮮は不拡散体制の最も確信的な破壊者」などと口を
極めて批判、「対話による問題解決の試みは無に帰した」と断言して
圧力強化を訴えた。しかし、会場は、カラガラで、空席が目立った。この
ため、日朝関係改善を目指して世界に向けて演説したというよりは、
9月28日の臨時国会冒頭、衆院解散・総選挙(10月10日公示、22日
投開票)を控えて、国民有権者に向けて「北朝鮮暴発の危険性」を煽り、
選挙戦を有利に展開しようとする姑息な企みがミエミエだった。北朝鮮は
「悪魔」ではない。安倍晋三首相こそ、「バランスの破壊者、最悪の男」
(キッシンジャー博士の言葉)、つまり「第2次世界大戦」を起こそうとし
ている「悪魔」なのだ。
以上は「板垣英憲氏」ブログ
今の世界で危険な男は、日本の安倍とイスラエルのネタニヤフである。
どちらも頭が変である。頭が癌に侵されているために正常な判断が
できなくなっています。                      以上

« 米国イエローストーンの群発地震の発生が2567回を超え、回数と継続期間が「観測史上最大」の規模に | トップページ | ロシアに更に圧力をかけるワシントン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国イエローストーンの群発地震の発生が2567回を超え、回数と継続期間が「観測史上最大」の規模に | トップページ | ロシアに更に圧力をかけるワシントン »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ