9月17日(日)に、カムチャッカ半島のZhupanovsky山が250年ぶりに噴火したそうです。公開されている以下の映像や画像はこの山の噴火の様子をとらえていますが。。。その背後に謎の球体が見えます。もしこれがCGでなければ、なぜ、このような場所から球体が映ってしまったのでしょうか。不思議にも映像の中で突然球体が消えてしまいます。
以下の記事では、この球体は惑星X(二ビル)ではないかと伝えています。そして惑星Xは実際は惑星ではなくアヌンナキの巨大宇宙船であると言っています。月も巨大宇宙船と言われていますので、(これがCGでなければ)、この球体は惑星Xかもしれませんし。。。ひょっとしたら宇宙船かもしれませんね。球体の表面に丸いくぼみがあるのが分かります。
それと、謎の球体は惑星X以外にも複数存在しているようです。太陽の周辺に複数の惑星(球体)が見えているそうです。

http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2017/09/i-have-been-saying-for-years-thatplanet-x-is-real-its-a-giant-spaceship-anunnaki-ship-2483833.html
(概要)
9月21日付け

何年も前からお伝えしてきた通り、惑星X(二ビル)はアヌンナキの巨大宇宙船です。。
カムチャッカ火山噴火リスポンス・チームによると、2017年9月17日にロシア極東(カムチャッカ半島)の Zhupanovsky 山が250年ぶりに噴火しました。火山灰が海抜上空6km~8kmまで吹き出ています。
         

一定の火山活動が継続しています。水蒸気爆発も起きています。現在のアビエーション・カラー・コードは黄色です。火山活動により国内外の低空飛行の航空機に影響が出る恐れがあります。モニタリングを継続中です。



惑星X(二ビル)らしき物体の画像の後で・・・
(4:15~)2016年2月16日オーストラリアのニューサウスウェールズの小さな町(キングカンバ?)から、自分の望遠鏡(赤いフィルター付き)で北西方向に位置する太陽を眺めています。望遠鏡は西に向いています。時刻は4:32pmです。
(4:35~)こちらの画像は私の望遠鏡がとらえた球体です。丁度、11時の方角に現れています。

(5:23~)望遠鏡からは他の球体(複数)も見えます。
(6:12~)こちらはスロバキアの首都ブラジスラバの住民がiphoneで撮影したものです。撮影日時は2017年1月18日3pmです。上空に2つの太陽が見えています。
(7:52~)スロバキア上空・・・太陽の(向かって)左横にもう1つの太陽が見えています。

(最初の1分間をご覧ください。)
もし惑星X(二ビル)がアヌンナキの宇宙船だとしたなら、彼等は既にNWOに向けて地球を侵略しているのかもしれません。
テキサス州ではHAARPからの攻撃を受けました。テキサス州は気象操作によるハリケーンで被害を受けました。世界中の動物たちの様子が変です(世界中で野生動物や魚が大量に死んでいます。)また、オーストラリアでは政府が子供たちに強制的に予防接種を受けさせています。予防接種を受けない子供たちには子供手当が支給されなくなります。
(2:53~)そして2017年9月17日、ロシア極東の火山が250年ぶりに噴火しました。噴火中の火山の背後に球体が映っています。