画像の出典: Author: DavidShankbone & kyouichi-sato

日本で起こっている怒涛の政変劇の真相:世界恒久平和のシナリオで動いているキッシンジャー博士とジャパン・ハンドラー

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー<>

 

 

 

 

竹下雅敏氏からの情報です。

 怒涛の政界再編劇が起こっていますが、新党「希望の党」がリベラル派議員を排除しようとしているのは、反小沢派の排除ではないかとコメントしましたが、今日の板垣英憲情報局によれば、この通りのようです。
 今の動きを理解していない人が多いようですが、民進党解体「希望の党」への吸収、の背後に居るのが小沢一郎氏であるのは、ほぼ明らかです。前原代表、小池百合子両氏がジャパン・ハンドラーの子飼いであるのは、よく知られた事実です。なので、今回の政変劇は、小沢一郎氏とジャパン・ハンドラーが共闘していると言えます。
 だとすると、下の櫻井ジャーナルにある記述の説明が難しいのです。小沢一郎氏の政治生命を断とうとしたキッシンジャー博士とジャパン・ハンドラーが、なぜ今になって、小沢一郎氏を復活させようとするのかの説明が付きません。
 しかし、世界情勢に視点を広げれば、容易に説明がつきます。 2016年2月24日の記事で紹介したように、“2月10日にヘンリー・キッシンジャーがロシアを訪問、ウラジミル・プーチン露大統領と会談”し、その後アメリカとロシアは、シリア停戦に合意します。この会談をきっかけにシリア情勢は好転し、ダーイッシュ(ISIS)は壊滅状態に陥り、今やシリアのアサド政権が倒れる事は考えられなくなりました。
 米大統領選においても、ジャパン・ハンドラーを始め、メディアでの大方の予想は、ヒラリー・クリントンの勝利でした。しかし結果は、トランプ氏が大統領となり、トランプ氏の後ろ盾としてキッシンジャー博士が居たことがわかっています。現在のトランプ政権の外交は、キッシンジャー博士がコントロールしていると考えられます。
 この間、中東では激的な変化が起こりました。あのトルコのエルドアン大統領が今や、完全にプーチン大統領側に組みしています。そして今では、サウジアラビアすらもロシア側に寝返ろうとしています
 こうした経緯を考えると、キッシンジャー博士がプーチン大統領側に寝返ったとしか考えようがないのです。デービッド・ロックフェラーが死亡し、ズビグニュー・ブレジンスキーも死亡(おそらく暗殺)という状況を考えると、キッシンジャー博士が、“俺だけは助けてくれ”という密約をプーチン大統領と交わしたのは、間違いないように思えます。
 この辺りのことは、わずかにコーリー・グッド氏が情報を提供しているばかりで、真相ははっきりとしません。しかし、もし、板垣英憲氏の情報の通り、キッシンジャー博士が世界恒久平和のために動いているとするならば、今述べた事柄が、かなりの程度で正しいだろうと考えられます。
 もしそうなら、今の動きはとても簡単に説明がつきます。トランプ政権の樹立で、いったん首を切られたジャパン・ハンドラーは、親分のキッシンジャー博士の命令で、違うシナリオのために働いているという事なのです。小沢一郎氏は、中国と深いパイプがあり、アジアの平和のためには不可欠の人物なのです。朝鮮半島の統一を図り、世界から戦争の火種を消すために、北朝鮮と米国の平和条約を結ぼうとすれば、小沢一郎氏の力を借りるよりないのです。今、世界の中にある日本は、このような流れの中で動いています。こうした全体の流れを認識しなければ、今、日本で起こっている政変劇の真相がわかりません。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
「希望の党」(小池百合子代表)は、総選挙の公認候補から「リベラル派=反小沢一郎派」を排除、小沢一郎代表を守る
◆〔特別情報1〕

 「民進党リベラル派」とは、「反小沢一郎派」の別名だ。新党「希望の党」(小池百合子代表=東京都知事)は、総選挙の公認候補から「リベラル派」を外す。「リベラル排除の選別」とは、実は、反小沢一郎新党「希望の党」(小池百合子代表)は派排除という意味だった。代表選挙(9月1日)が「保守派VSリベラル派」の戦いといわれたように、保守派の前原誠司候補に対抗した枝野幸男候補を支持した国会議員が「リベラル派」である。枝野幸男元官房長官は、まさに反小沢一郎派の急先鋒であり、代表選挙の推薦人に反小沢一郎派の国会議員が名を連ねていた。つまり、小池百合子代表は、「希望の党」の公認候補から反小沢一郎派を徹底的に排除しようとしているのだ。
 

 

————————————————————————
日本のファシズム化は1982年から米国で始められたプロジェクトの結果で、これまで傍観していた
引用元)
(前略) 

日本のファシズム化はアメリカが震源である。(中略)…好戦派の計画が頓挫しそうになったことがある。2009年9月に内閣総理大臣となった民主党の鳩山由紀夫は東アジアの平和を訴える人物(中略)…鳩山は小沢一郎に近かったが、その小沢に対する攻撃は2006年に始まっている。

(中略) 

週刊現代の6月3日号に「小沢一郎の“隠し資産6億円超”を暴く」という記事が掲載(中略)…マスコミと検察がタッグを組み、小沢を潰しにかかったと言える。

結局、検察が「事実に反する内容の捜査報告書を作成」するなど不適切な取り調べがあったことが判明、この告発は事実上の冤罪だということが明確になったが、小沢のイメージを悪化させることには成功、今でも受けたダメージから回復できていない。

(以下略) 
 

 

————————————————————————
日・英・米の政変劇の行方、小池新党誕生と北朝鮮騒動
世界権力層で生じた激変の波が、ようやく日本にも到達しようとしている。
アジアの結社筋によると、裏では既に 長らく続いた「安倍一強体制」を終わらせることが決まり、小池百合子を日本初の女性総理として担ぎ出す方向で話が進んでいるという。
これから大手マスコミの協力のもと「選挙」というパフォーマンスが繰り広げ
られ、自民党は完敗、小池新党である「希望の党」政権が誕生すると同情報源は話している。
 
【 小池新党 】

情報源が言う通りに「小池政権誕生」が実現するならば、少なくとも「日本が北朝鮮問題を煽る」というパフォーマンスは中止されるだろう。小池政権誕生の機運が高まる背景には「北朝鮮の核・ミサイル劇場」」が落ち着き始めたという裏事情も含まれているからだ。

(以下略) 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~ビックリマーク~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
 
ジャパンハンドラーさんたち   変化してる様子
 
まず
 
1)アジアの平和を進める
 
2”)北朝鮮と米国の平和条約を進める(朝鮮半島統一が不可欠)
 
3)世界から戦争の火種を消すよう働く
 
4)小沢さんの力を借り中国との仲を改善
 
注意:キッシンジャーは「プーチン大統領と密約 約束をした」
 
    命を助ける代わりに 何かをやる必要がある
 
 
   それが、今のアジアの現状に繋がるんだな
 
 
   日本もこの政権の大掃除してくれるのかな
   プーチンさんなら  信頼できると思ってる私です。
   男の中の男だからね
 
   まずは 「良いほうへ進んでいる」
   裏切り者が出ないことを祈る
 
 
                      さふぁいあの感想
以上は「新・サファイヤー」のブログより
キッシンジャー氏もやっと小沢氏の実力を認めたということです。日本では過去の悪いイメージを持っている人が多くいます。この人びとも目覚めるべきです。   以上