差し迫る金融崩壊については多くの専門家が警告していますが・・・
今日もまたアメリカの株価が上昇しました。今のところFRBは株の大量購入を止める気はないようです。
過去の例からも、10月は金融崩壊が起きやすい時期だそうです。
ソフトランディングと願いたいのですが。。。どこまで今の状態を引き延ばせるのでしょうか。中国とロシアは米ドル排除に動いています。
新しい金融システムがロスチャイルドや金融エリートの指揮下で中国、ロシア主導で構築されようとしています。

ところでアメリカの自動車販売台数が複数のハリケーンが発生した9月に急上昇したそうです。これも株価を押し上げている要因なのでしょうね。

http://investmentwatchblog.com/the-biggest-stock-market-crashes-tend-to-happen-in-october/
10月3日付け


歴史的にも、10月が金融市場にとって最も危険な時期だと言うことが分かります。10月に金融大崩壊が起きる傾向があります。過去、20回起きた金融大崩壊のうちの9回が10月に起きました。様々な理由で金融システムが崩壊してきましたか歴史は繰り返されます。これまでも1日だけの空売りで株価が暴落しました。
ですから10月に何かが起きたとしても驚くほどのことではありません。
現在、米ドルの購買力が低下しています。