カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 惑星X(二ビル)はアヌンナキの巨大宇宙船? | トップページ | 内閣支持率はなぜマスコミ各社によって違うのか(2/5) »

2017年10月29日 (日)

衆議院選挙総括 ~地獄の選択~ (その3/3)

 衆議院選挙総括 ~地獄の選択~ (その3) 
━━━━━━━━━━

さて、安倍晋三の山口4区に体当たりで挑んだ黒川篤彦
は惨敗した。


『長周新聞』(20171014日)に座談会「安倍陣営は
万単位で票減らすか 首相お膝元の選挙区情勢分析」が
載っていた。


「国会先行する翼賛体制、県政の私物化

C
 4区の選挙構図をあるがままに見てみると、ガタガタ
の連合が希望の党に変質し、そこに一定の批判票や連合
票が回収され、同時に日共候補が1万数千票の組織票を
独自候補に回収する。
批判票をしっかり分散させる構造ができている。


あとはしがらみがないという点において一定の新鮮さを
持って乗り込んだ黒川にどれだけの得票が集まるかだろ
う。
ただ、はっきりいってしまうと、そんなに生やさしい選
挙区ではない。
田辺よし子がついているという意味合いについて陣営が
どう考えているのかはわからないが、下関では「安倍派
に情報が筒抜けになるのではないか」と懸念する人だっ
ている。


警戒して寄りつかない人人もいる。
とくに安倍離れしている保守系支持層はわかっている分
警戒する。
それを安倍陣営が笑って眺めている。
「下関市議会で唯一の野党」などと全国に向かって発信
するものだから、議会関係者たちは吹きだしている。


A
 右も左もわからないなかで乗り込んできたのだから
無理もないが、誰かが伝えてやらないといけないことだ。


本来なら田辺がお友達政治を批判した後に「お前がいう
な!」の逆風が黒川陣営に及ぶことまで含めて、選対を
とり仕切って適確に判断できる参謀役が必要だが、とに
かく体当たりで選挙に挑んでいるから仕方がない。


それで結果として県議選レベルに貶めてしまった場合、
4区はどうなっているんだ!」「なぜ選挙に行かない
のか!」の批判にさらされるのが有権者なのだとしたら
本末転倒だ。
私たちは4区の有権者の政治意識が低いなどとはまった
く思わない。


安倍晋三への批判世論は強烈なものがあるが、徹底した
組織戦で810万票を積み上げる現職を他の候補が乗り
こえるほどの存在になり得ているかというと、残念なが
らそのような状況にはない。
選挙は蓋を開けてみなければわからないが、今のところ
風任せでは対抗力にはならないことも事実だ。


SNS
などで全国が注目しているだけに、仮に野党が敗北
したとして「4区は民度が低い」「有権者の意識が低
い」の大合唱になることは目に見えている。
しかし、過剰に期待してバカ呼ばわりするのは違う。
4
区でバカ呼ばわりされるのは安倍晋三とかその界隈だ
けでいい。


われわれとしては、選挙構造からして甘くないが、確実
に地盤崩壊は始まっているという事実を伝えるほかない。


思い通りにならないからといって、4区で難儀している
有権者に矛先を向けるのは違う。
どうしようもない政治構造のなかで、持って行き場がな
いから困っている。
その見る目は相当に厳しいものがあるし、必ず得票に反
映すると思っている。


B
 持って行き場がないなら黒川に票を入れろといわれ
て、4区を代表して国政に送り出したい男であると見な
されるか否かが最大のポイントだろう。
これは黒川陣営の選挙次第ということができる。
黒川を応援しに来た山本太郎の演説には喜んでいる有権
者も多い。
よく勉強していると評判だ。
国会のなかで孤軍奮闘している姿も知っているからこそ、
「もっとやれ!」と思っている人が少なくない。
しかし、その応援があるから勝てるという単純な代物で
もない。


4
区の有権者は25万余りいる。
このなかで810万票の現職を上回ろうと思うと、希望
の党と日共候補が250003万票程度を回収したとして、
投票率が8090%の選挙にならなければ上回ることなど
できない。
つまり浮動票を相当にかき集めることができなければ歯
がたたない。
選挙で勝つとは具体的だ」
http://bit.ly/2yIbrFy

(引用終わり)


野党にとって、現在の日本で、もっとも厳しい選挙区は
山口4区だろう。
それは単に現役総理のお膝元といった条件以上のものが
ある。


国政で安倍晋三がやっている私物化・縁故主義・監視と
報復の恐怖政治のルーツはすべてここであり、良心的な
有権者たちは、蜘蛛の巣のように張り巡らされた圧政に
苦しんでいるのだ。


選挙区のプロの見方は、「あとはしがらみがないという
点において一定の新鮮さを持って乗り込んだ黒川にどれ
だけの得票が集まるか」ということだった。
最初から黒川の勝利など度外視されていた。


「下関では「安倍派に情報が筒抜けになるのではない
か」と懸念する人だっている。
警戒して寄りつかない人人もいる。
とくに安倍離れしている保守系支持層はわかっている分
警戒する。
それを安倍陣営が笑って眺めている」。
これが黒川を取り巻いた現実だった。


わたしも黒川の選挙事務所には安倍陣営のスパイが入り
込んでいて、とりわけ会計帳簿はすべて調べられ、逐一
安倍事務所に報告されているとみていた。


最低でも会計には、選挙に通じたプロを置くべきだと案
じたのだが、実際はどうだったのか。


安倍晋三は世襲議員であり、祖父の代から積み上げてき
た「地盤」「看板」「鞄」の3バンがある。
そこに加計学園事件を突きつけたところで、その程度の
悪は、現地では日常的なことになっている。
「風任せでは対抗力にはならない」のである。


黒川が惨敗したあと、早速、ツイッターでは4区の政治
民度の低さを糾弾するツイートが投稿されていたが、
4区でバカ呼ばわりされるのは安倍晋三とかその界隈
だけでいい」という声は、当然、4区の良識派から跳ね
返ってくるだろう。


ただ、この座談会で傾聴すべきは、「われわれとしては、
選挙構造からして甘くないが、確実に地盤崩壊は始まっ
ているという事実を伝えるほかない」と語られているこ
とだ。
山口4区には「どうしようもない政治構造」がある。
だから「黒川に票を入れろ」とはならないのである。


ここでは、むしろ黒川の応援に入った山本太郎が歓迎さ
れ、評価されていたということだ。
そこは政治家としての実績の違いだろう。
無名の善意の若者が、田布施から岸信介、佐藤栄作と総
理を出した歴史ある土地に単身で乗り込む。
当てにできるのはボランティアの支援だけだ。
それは一言で無謀なのだが、黒川の正義感は抑えようが
なかったのだろう。


4
区の有権者は25万余りいて、安倍晋三の組織票810
票を上回るためには、投票率が8090%の選挙にならな
ければ無理だということだ。


衆目の一致するところ、黒川の真価が問われるのはこれ
からだ。
60
年安保、全共闘運動のなかでは、「もの皆選挙で終わ
る」といわれた。
「もの皆歌で終わる」とも。
加計学園事件がこれで終わるのか。
それとも黒川自身がこれで終わるのか。


いまのところ、黒川から持続する志は消えていない。
さしあたってはそれを喜びたいが、わたしたちも、かれ
をできることで支えていく必要があろう。


何事に関してもプロの悪さ、素人の良さというものがあ
る。
世界の革命というものは、多くピュアな精神の素人によ
って成し遂げられている。


今回は惨敗したが、黒川が多くを学んだことだけは確か
だ。
それが市民運動にきっと活かされるのである。



‥…━━━☆

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

 年々にわが悲しみは深くして
   いよよ華やぐいのちなりけり
           岡本かの子


みんな、あしたこそ、幸せになあれ!

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

あとがき

ご意見、ご感想は、ツイッターのDMでください。

0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0∞∞0

メルマガ『兵頭正俊の知らなきゃ滅ぶニュースの真相』


(
無料・ほぼ週刊)
http://bit.ly/n3i2Oc


ブログ「兵頭に訊こう」
http://m-hyodo.com/


E-Mail
novel@muf.biglobe.ne.jp


発行人 :兵頭正俊

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上は「兵頭に訊こう」より

« 惑星X(二ビル)はアヌンナキの巨大宇宙船? | トップページ | 内閣支持率はなぜマスコミ各社によって違うのか(2/5) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院選挙総括 ~地獄の選択~ (その3/3):

« 惑星X(二ビル)はアヌンナキの巨大宇宙船? | トップページ | 内閣支持率はなぜマスコミ各社によって違うのか(2/5) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ