ザウルスでござるさんのサイトより
http://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/e3fc9a32ef4e54cdd3e26b0e703449cf
<転載開始>
2017-07-25 19:53:53 | 電磁波

スマホゾンビー増殖中: 今日最重要の “グローバルな問題”

世の中にはいろいろな問題がある。世界にはいろいろな問題がひしめいている。その通りだ!

しかし、“携帯電話・スマホによる電磁波問題” はおそらく最も重要な “グローバルな問題” である!

地球の表面に暮らす人々の毎日の生活に直接かかわる重大な問題である!

なぜならば、

1) 先進国、発展途上国を問わず、ここ30年ほどの間に世界中にみるみる拡がったテクノロジーでありながら、その安全性がまったく証明されていない。

2) あまりにもありふれた道具でありながら、人間の健康と生命に対する、その潜在的危険性がほとんど顧みられていない。

3) むしろ、危険で有害である疑いを裏付ける報告、データ、証言、論文が年々積み上がってきている。

4) 「おそらく世界中でこれほど速く、これほど多くの人に広まったものは前例がない。 ハワード・ラインゴールド(米国のデジタルジャーナリズムの教授) ために、取り返しのつかない 「史上最大の生物実験 レイフ・サルフォード(スウェーデンの脳腫瘍学者) 」 である可能性がある。

 

そもそも携帯電話・スマホの電磁波(マイクロ波)は、もともと兵器として軍事的に開発された技術で、危険極まりないものである。

軍事的な技術が “民生用” に商業化されたのはここ20年ほどであるが、脳腫瘍、白血病、さまざまながん、流産、奇形児・自閉症児出産等々、すでにあまりにも多くの健康被害が世界的に発生している。

先進諸国の携帯電話会社・テレコムは 「携帯電磁波(マイクロ波)は危険だと科学的に証明されたわけではない」 の一本槍で、批判に耳を貸そうとしない。しかし、そもそも 「人体に安全だと科学的に証明されているわけではない」 ことを忘れてはいけない。

携帯電話会社・テレコムは、その証明をこそ最初に示すべきなのである。しかし、その証明が一切なされていないまま、スマホは売られまくり、基地局は地球を覆っているのだ。

ヨーロッパをはじめ、この “行き過ぎ” に対する反省から、こんにち “規制” への動きが徐々に大きな流れとなりつつある。

 

 

 

 

 “無知” も “自己責任” のうちである。

 

 

 

 

 

電波はもちろん基地局アンテナからやってくる。

 

携帯電磁波(マイクロ波)は直進性があり、モバイル端末と基地局とのあいだをさえぎる人体をやすやすと貫通する。

貫通している間にあなたのDNA、体細胞、臓器、精子、卵子、脳細胞、松果体は損傷を受けている。それを証明する論文はすでに無数にある。あなたが知らないだけである。

  人体に有害な高周波のマイクロ波に関しては、スマホなどのモバイル端末と基地局アンテナとが主な発生源である。ちなみに、アマチュア無線の愛好家には脳腫瘍や白血病が多いことはすでに統計的に明らかになっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語ではすでに "smombie  スモンビー" という新語が登場している。

 

 

 

 

“ゾンビー” が 現実世界に こんなふうに出現するとは、誰も予想しなかった。

 

 

 

  これはあなたの姿ではないか?

 

スマホゾンビーとは “スマホ依存症” のことである。

 

“スマホ依存症” とは、スマホなしでは生活できない人間のことである。

 

 




<転載終了>