カテゴリー

  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • マスコミ
  • 健康
  • 医学
  • 地球大異変
  • 地球自然科学
  • 天文学
  • 学問・資格
  • 宇宙文明
  • 宇宙自然科学
  • 宇宙開発
  • 平成の「船中八策」
  • 心と体
  • 思想・哲学_
  • 放射能
  • 放射能汚染対策
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 歴史
  • 物理学_
  • 環境問題
  • 生物学
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 考古学
  • 自然災害
  • 趣味

最近のトラックバック

« 日本を直撃しそうな台風21号が「カナダに季節外れの大雪を降らせる」予報。ジェット気流とテレコネクションのもたらす不思議な結果 | トップページ | 神童→東大法学部→暴言議員という"定番" »

2017年10月24日 (火)

西太后にはイギリス人の愛人がいた?

西太后にはイギリス人の愛人がいた?

バックハウス
バックハウスと西太后

清朝末期に皇帝をしのぐほどの権力を振るった西太后だが、イギリス人の愛人がおり妊娠までしていたという説がある。

この説の元となっているのは、イギリス人の作家であるエドモンド・バックハウスが書き残し大英博物館に収蔵されていた手記による。

バックハウスは北京に住み『西太后治下の中国』という書物を著した中国学者としても知られるが、本当の身分はスパイだったようだ。

当時60歳の西太后は30歳も年下で美男子だったバックハウスと頻繁に密会し、彼は周囲から西太后の愛人と呼ばれていたという。

彼の手記には西太后や当時の満州貴族たちとの情事が詳しく記述されており、故宮内部の詳細な描写は実際と符合しているのだ。

ただし、バックハウスの手記は以前より偽作が疑われており、西太后との色恋話も全くのフィクションであると見なす学者も多い。

私が読んだ感じでは彼の手記は全てが真実ではないものの、清朝貴族たちのベッドに入り込んで情報収集していたことは事実のようだ。

つまり、アヘン戦争以降には中国の宮廷深くまでイギリス人スパイが潜入して、清王朝は早くより彼らに乗っ取られていたということだ。
以上は「文殊菩薩」より
仮令高位の人であろうが同じ人間です。関係があったとしてもなんら驚くことではありません。          以上  

« 日本を直撃しそうな台風21号が「カナダに季節外れの大雪を降らせる」予報。ジェット気流とテレコネクションのもたらす不思議な結果 | トップページ | 神童→東大法学部→暴言議員という"定番" »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西太后にはイギリス人の愛人がいた?:

« 日本を直撃しそうな台風21号が「カナダに季節外れの大雪を降らせる」予報。ジェット気流とテレコネクションのもたらす不思議な結果 | トップページ | 神童→東大法学部→暴言議員という"定番" »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

-天気予報コム-

ウェブページ

無料ブログはココログ