やはり。。。外国人が増え続けている日本で、以前から懸念していたことが起きています。
中国では何年も前から梅毒のパンデミックが続いていますが、中国人(労働者、留学生、旅行者)が大量に日本に流入している中で梅毒のパンデミックが日本でも発生するのは当然のことです。中国人の男たちは買春目的で日本にやってきます。これでは梅毒の感染が広まるのは当たり前のこと。
また、性病に感染した韓国人売春婦たちが日本の都市部で商売をしていますから、梅毒やエイズは瞬く間に広がっています。
このように国内に外国人が多く来れば来るほど、性病感染、麻薬、性犯罪、凶悪犯罪、交通事故が増えていきます。
政府は訪日外国人を熱烈歓迎していますが、その結果、日本人の被害者数が急増していることについてどう考えているのでしょうか。梅毒パンデミックを政府はどのように対処するのでしょうね。こんな状況では益々少子化が進みます。
日本でも不特定多数の男性と関係を持ちたがる女性が増えていますが、性病は大抵、売春婦以外は、男性から感染しているのでしょう。
性病の感染防止に関しては、日本人男性は風俗店に行かないことです!また、一度でも怪しい外国人と関係を持った日本人はすぐに検査を!
梅毒はエイズと同様に恐ろしい病気です。

「梅毒症状」の画像検索結果

http://www.sankei.com/smp/life/news/170828/lif1708280004-s1.html

梅毒、20代女性患者が急増中 国内患者数6年間で7倍超

性感染症の梅毒の流行が近年、勢いを増している。とりわけ、20代の女性患者が急増中であることが気がかりだ。
流行の拡大を抑えるためには、社会がこの現状を知ることが必要だ。
医療機関には、分かりやすい情報提供に力を入れてもらいたい。予防知識の普及と併せて、受診と早期治療への流れを形成していくことが急がれる。
梅毒は、細菌のスピロヘータの一種であるトレポネーマ・パリダムによって起きる。
抗生物質・ペニシリンによる治療が始まった1940年代以降、感染者は世界的に減少していたが、今世紀に入って増加傾向が見られるようになっていた。
厚生労働省によると、日本では2011年ごろから増え始め、昨年の国内患者数は4500人に達した。10年には620人だったので、6年間で7倍以上という大幅増である。
そして、拡大ペースの加速ぶりが憂慮される事態となっている。一昨年の患者数は2700人だったので昨年はその1・7倍だ。1年間でほぼ2倍増である。
都道府県別の患者数は、東京が突出して多く、大阪、愛知、神奈川などがそれに続く。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1220729827?__ysp=5qKF5q%2BSIOWujOayuw%3D%3D

Yahoo知恵袋から

梅毒は、初期のうちに完全に治るまでシツコク1年以上も治療すれば
運が良ければ直ります。
しかし、数年が経過して脳や脊髄までが侵される状態にまで進行すると
死ぬまで絶対に治りません。
梅毒のスピロヘータと言う病原体は、非常に感染力が強くて、コンドームを
していても感染してしまうのです。
目の前で、くしゃみをされただけでも感染します。(空気感染では有りません。)
エイズの様な弱い血液感染ではなく、風邪のように飛まつ感染するのです。
本当の風邪ウイルスのように、空気感染まではしませんが、患者の血液や、
膿が付いた物に触っただけで、爪の隙間からでも感染するほど、強い感染力を
持った病気なのです。
放置すれば、ライ病と同じ症状が出てしまい、人体が崩壊してしまう
恐ろしい病気の一種なのです。
生きながら、ゾンビのような状態になり、鼻や耳が腐り落ちてしまい、耳も無くなり
まぶたも無くなり、男性の場合は性器まで腐ってしまいます。
つまり、チンポコが腐って取れてしまうほど、恐ろしい病気なのです。
しかも、抗生物質の乱用で耐性菌が多くなり、治療が難しくなっています。
数ヶ月で治療を止めて良い様な、軽い病気では無いのに、医者も患者も
軽く考え過ぎて居るのです。
男も女も、この病気に掛ったら子供は生めないのですよ。
昔は、結婚する時にも血液検査が必要だったのです。
この病気に掛って、1年も知らずに居たら、確実に子供の出来ない体に
成ってしまう程、恐ろしい病気なのです。
そうなれば、現代医学では絶対に元には戻せません。
何故かは解りませんが、医者の中にも必ず直ると嘘を言うやぶ医者が
多いので困っています。
こうしたヤブ医者の半端な治療が原因で、抗生物質耐性を持った強力な
スピロヘータが増加しており、不治の病に進化する寸前の状態なのです。
エイズでも、パニックを恐れた政府による嘘の宣伝で、死ぬ結果に成った方が
大勢居ます。
エイズや梅毒は、本当は一度感染したら絶対に治せない恐ろしい病気なのです。
但し、梅毒の場合は、感染初期の早い時期なら、運良く抗生物質耐性の無い
スピロヘータで有れば、症状が無い状態を死ぬまで維持出来る可能性が有る
のです。
医者と言うのは、正直に事実を教えてはくれませんよ。
癌で確実に死ぬ人にも、あなたは必ず直りますよと嘘を言ったり、酷い時は
病名さえ教えない嘘つきなのですよ。
医者とは、そう言った嘘を言って社会にパニックを起こさせない様に訓練された
人達なのです。
お気の毒です。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12134800427?__ysp=6Z%2BT5Zu9IOaAp%2BeXhee9ueaCo%2BeOhw%3D%3D

韓国人女性売春部隊が日本で行っているエイズテロについて

先進国の中で唯一、エイズ患者数が毎年どんどん増え続けている理由として、韓国人女性が意図的に日本人内でエイズが蔓延するようにテロを行っているからだと聞きました。
日本に送り込む韓国人女性部隊に、まず、ある程度の日本語教育と、エイズを効率的に感染させるためのセックスの方法などを受けます。
そして、韓国人女性にエイズを感染させます。
そのように下準備をしたら、後は留学生として日本に送り込み、下心丸出しな日本人男性とセックスするだけです。
偏差値50以下の誰でも入れるような国際学部のある大学に潜り込みヤリサーに入ったり、夜は風俗でセックスをしたりします。
狙いはエイズを蔓延させることなので、安い料金だろうが無料だろうが、とにかく一人でも多くの日本人男性売春をしようとします。
このエイズ感染目的の韓国人女性売春部隊は数万人にも及ぶと言われています。
韓国人女性とセックスをした男だけがエイズになるのならば、それは自業自得と片付けられますが、エイズの恐ろしさはそれだけに留まりません。
このような性欲旺盛で韓国人だろうが何だろうが見境なくセックスしたがる男性は、当然、ここは日本なので韓国人女性以上に多くの日本人女性とセックスをします。
そうすることで、その男性とセックスをした女性までエイズに感染します。
そして、またその女性とセックスをした他の男性までエイズに感染します。
このような流れで倍々ゲームのように日本人エイズ感染者が増加していくことこそ、韓国人の真の狙いなのです。
売春や韓国人に全然関係ない人まで、エイズになってしまう危険がそこら中に蔓延しているのです。
大抵の男性は風俗を活用します。
旦那は大丈夫と思っても、実は裏で風俗に行ったり、軽い気持ちで浮気をしてるなんてことも良くあります。
なので、夫としかセックスしないから安心だと思っている主婦なども知らないうちにエイズになっているかもしれません。
韓国人がそこまで日本人をエイズウイルスを日本に蔓延させたい理由は、韓国での徹底した抗日教育によるものなのでしょうか?
韓国にとって日本は絶対悪だから、どのような方法をとってでも、日本を陥れ、衰退させようとしています。
日本人は他の海外に比べ驚くほどエイズに関する知識と危機感が低く、このような事実を知りません。
日本政府はなぜ対策を取らないのでしょうか?

https://seiryoku-kouka.com/bakugai-baidoku/%E3%80%80

風俗嬢が中国人から梅毒をうつされる

梅毒の感染経験がある20代のデリヘル嬢、小田えり子さん(仮名)は「中国人のお客さんにうつされたかも」と語る。

「ウチの店は本番NGなんですけど、ここ数年で中国人の客がすごく増えて、強引にプラス3万円くらい出してヤラせちゃうことも。

検査で陽性が出た後、『治療中はセックスしちゃダメ』って店長に言われたから仕事も休んで、お客さんからの連絡も『体調が悪い』『生理だから』って逃げていました」

都内で風俗店の検査を請け負っている医師も「近年は中国人観光客の影響は大きい」と語る。

「中国では梅毒感染者が’13年の時点で40万人と極めて多く、中国人団体客を受け入れていた店で感染者が増えたという話もあります」

(参照元:日刊SPA


中国人の富裕層は金に物を言わせて風俗嬢の爆買いツアーを行っています。

風俗嬢も金を稼ぐのが目的なので、おいしい条件を提示されれば、話に乗ってしまうのが現実です。

その結果、店に内緒で生セックス、などの行為を許容し性病感染が深刻な問題になっています。

かってのような爆買いの勢いはなくなったように思われますが、最近ではチャイナマネーに味をしめた日本人女性が中国へ出稼ぎにいくというような現象まで起こっています。
>>富豪中国人と売春して荒稼ぎする日本人女性とは!?

梅毒感染者数の推移とデーター分析

ちなみに日本の梅毒感染者は2013年時点では厚生省のHPによると男女合わせて1,228人です。

中国の梅毒感染者は2013年時点で40万人と報告されていることから日本と比較にならないくらい梅毒感染者が多い事がわかります。

ここから厚生労働省が発表している「梅毒感染者数の推移」を見ていきましょう。

 

報告年度 男性感染者 女性感染者 感染者の総数
平成20年度 615人 212人 827人
平成21年度 523人 168人 691人
平成22年度 497人 124人 621人
平成23年度 650人 177人 827人
平成24年度 692人 183人 875人
平成25年度 993人 235人 1,228人
平成26年度 1,284人 377人 1,661人
平成27年度 1,934人 763人 2,697人
平成28年度 3,174人 1,385人 4,559人

(参照元:厚生労働省HP

この一覧表から分かる事は女性の梅毒感染者が特に増加しているという事です。

女性梅毒感染者数は平成26年時点では377人だったのに平成28年には1,385人と約4倍も増加しています。男性感染者も平成26年の1,284人から平成28年には3,174人と約3倍増加しています。

男女全体の梅毒感染者は平成26年の1,661人から平成28年には4,559人とたった2年間でほぼ3倍増加していることがわかります。

梅毒はセックスをしなくてもフェラチオで喉に感染(咽頭梅毒)するため、風俗店で働く女性を中心として梅毒が移されていると推測できます。

実際に梅毒治療でクリニックや病院を訪れる女性の大半が20代前半だそうです。

梅毒に感染するとどのような症状が出るのか気になる方は梅毒症状の写真を参考にして下さい。

梅毒感染者数が過去最速で増加中

 

rocket-148214_960_720

「梅毒」の患者の数が今年(2017年)に入ってからすでに1000人を超え、1999年以降、最も速いペースで感染が広がっていることがわかりました。

「梅毒」は「梅毒トレポネーマ」という細菌に主に性的接触によって感染し、「しこり」や「ただれ」などの症状が出るほか、妊婦の場合、流産や死産のおそれがあります。

国立感染症研究所によりますと、先月26日までに報告された今年はじめからの患者の数は1013人にのぼり、いまの届出方式になった1999年以降で最多だった去年の同じ時期の1.3倍と、過去最も速いペースで患者が増えています。

都道府県別では東京が323人と最も多く、次いで、大阪が147人、神奈川が61人でした。

(引用元:JNN)2017.4.4

過去に類を見ないとてつもないスピードで梅毒感染が広がっています

厚生省が近年の梅毒感染者数の増加に危機感を感じて、有名アニメキャラクター起用した性病啓発キャンペーンを始めた理由も十分理解できます。

このキャンペーンでは人気少女漫画のキャラクターとして有名なセーラームーンをPR活動に起用しています。

セーラームーンの特性ポスター・コンドーム・チラシを配布して性病予防を呼びかけるものです。

中国から運ばれてくる性病は治りにくい

性器もそうですが「喉の性病」の増加が目立っています。のどに感染する性病としては咽頭クラミジア、咽頭淋病、咽頭梅毒があげられます。

中国などではクラミジアや淋病の薬である抗生物質は手軽に薬局で入手できるため、中国や香港マカオなどからやってくる性病の菌は抗生物質に耐性を持っています。

抗生物質による耐性の一例として日本でもスーパ淋病が風俗従業者の喉から発見されました。抗生物質の使い過ぎも逆効果になるケースがあるんです。

中国人客の出入り禁止店が増えている背景

吉原の高級ソープ店には中国人の富裕層が訪れていますが、大衆店や中級店には富裕層ではない中の上くらいの中国人が多く訪れています。

新宿の歌舞伎町では中国人の入店を禁止した風俗店がほとんどになっているそうですが、これは中国人がトラブルを引き起こした結果です。

まず女の子に無理なプレイを強要したり、中国語がしゃべれる風俗従業員が極めて少ないため、店のルール事項をうまく伝えられていない事も原因となっているようです。

話は変わりますが中国人による風俗トラブルは世界各国で起こっています。実際に英語圏の風俗でも中国人だけは利用禁止を明言しているところも多数ありました。

その理由はやはり女性に対する無茶なプレーの強要と彼等の横暴さに原因があるようです。普通ならよく通ってくれる上客を入店禁止にする必要なんてありませんからね。

中国人の立ち入りを禁止するのは、それなりの理由があるからです。

梅毒で他の性病にも感染しやすくなる

graph-163509_960_720

エイズは一番有名な性病として知られていますが、それ自体の感染率は以外と少ないです。

しかし、梅毒が原因でエイズに感染しやすくなります。

よくあるのが梅毒検査した際に、梅毒と同時にHIV感染していたというケースです